2020/07/17

コンタクトを卒業

2020年7月17日

今日から、コンタクトの使用を止めました。2006年12月から使い始めていますから、ほぼ14年使ったことになります。この間、コンタクト洗浄剤等の消耗品はずいぶん使いましたね。

小生のコンタクトは水晶体の代用をするもので、現在は眼内レンズに取って代わられ、ほとんど使われなくなったものです。そのため中央部がいわゆるレンズ型にふくらんだ、独特の形をしています。最初は東レ製だったのですが、洗浄が煮沸指定で面倒なところにメーカーの対応も悪く、途中でメニコンに変えました。その後東レはこの手のコンタクトレンズの製造を止めましたが、メニコンは現在も(注文で)生産を続けてくれています。

コンタクトを入れ始めた当初は、本当に見えていました。視力の最高は、0.1です。条件が良くてよく見えるときは逆に物が二重になり、困りました。その後目の中に増殖膜が広がってだんだん見えなくなり、右の片隅がやっと見える程度だった物が、そこでも物の形は認識できなくなり、光った物だけが見える感じになりました。

その頃のコンタクトの役目は、右目に「まだ見えている」と認識させるためのものです。右目が見ることをあきらめてしまうと、左目と一緒に動くことを放棄してしまいます。そうなると右目はどんどん外側を向き、いわゆる「ロンドンパリ」になります。

現在は光った物も見えなくなり、光を当ててその逆光の中で動くのがわかるくらいです。こうなるとコンタクトの意味もなくなり、眼科の先生もそろそろ止めどきと言ったこともあって、止めることにしました。今日という日になったのは、ちょうど洗浄剤が空になったからです。

コンタクトを止めると右目のサボりが気になるところですが、右目に「今から右目で見るぞ」と命令を出すと、視線がまっすぐになります。その時は意識が見える左目から外れているので逆にピントはぼやけるのですが、写真に写るときはぼやけててもかまいません。ただ残念ながらコロナ騒ぎで集会のたぐいが一切なくなり、写真に写る機会もなくなっています。

2020/07/13

目は問題なし

2020年7月13日

午前中に歯科、午後に眼科に行ってきました。久しぶりの、医者のはしごです。歯科の方は定期検査とクリーニングで、問題なく終わりました。

午後の眼科の方も、ヘルペスもすっかり治り、問題はありません。いやこのヘルペスが目の中に進出したらどうなるかちょっと心配だったのですが、軟膏だけで、内服薬に行く必要も無く退治できました。退治と言っても、ヘルペスは死滅しただけではなく追っ払っただけですから、またいつ出てくるかわかりません。ストレスが発症の元ですから、変明日とレスがないように死体です。現在の状態では、苦しいですが。

2005年10月にヘルペスが網膜に取り付いたとき、要するに桐沢型ぶどう膜炎にが発症したときは、2004年9月から2005年8月まで3回目のIFN(ペグリバ)を投与中、そこへ持ってきて2004年6月に養母が死んで(喪主小生)2005年6月には小生が一周忌も主催。相続やら実家の後始末やらの問題が噴出。さらに2005年6月には弁膜症で手術を考えた方が良いと初めて言われ、まあ問題山積でしたね。当然仕事は現役です。この当時は、R&Dの課長でした。それを考えれば、今は楽です。まあ問題の火種はどこにでも転がっているので、いつ何時問題が起こるかわかりませんが、当分は安泰でしょう。

2020/07/08

何とか治りかけ

2020年7月8日

本当は金曜日に来いと言われたのですが、なんとも落ち着かないので、眼科に行ってきました。時々ものすごくピントが合いづらいこともあったからです。見てもらった結果、治りかけていました。金曜日まで薬(軟膏)を付ければOKです。やれやれ。

先生小生の目を見ながら、「またきれいに目の中に入れたわねえ。これ、付けるのはまぶたで、目の中に入れる必要は無いのよ。」と言われても、体温で流れてくるんです。「付けすぎ!これじゃよく見えないでしょう。」確かにそうです。気温が高いので、チューブの蓋を取ったとたんに軟膏が飛び出すため、どうしても量が多くなってしまうんですね。ほんのちょっとで良いそうです。最終確認は、来週になりました。

話は変わりますが、九州の雨はひどいですね。お見舞い申し上げます。
小生だけ「一抜けた」になった九州の撮影旅行、結局中止になりました。

2020/07/06

ヘルペス!

2020年7月6日

ひどくはなっていないもののすっきりもしないので、眼科に行って見てもらいました。結果は、やっぱりヘルペスでした。しかも、少し増えています。そこで、抗ウイルス剤の眼軟膏が出ました。一応付けるのはまぶたですが、目の中に入っても良いように、眼軟膏になっています。成分はゾラビックス、いやあ、懐かしい名前です。

2005年に桐沢型ぶどう膜炎で最初に入院したとき、入院した日からゾラビックス500mgを1日3本、点滴が始まりました。その他にステロイド剤(リンデロン)6mgも1本加わりました。ゾラビックスということは、まだずいぶん手前ですが、15年前と同じ道にいますね。

今週は様子見で、広がっているようならすぐ来てくれ、と眼科からいわれています。広がっているようならゾラビックスの内服薬が追加です。それでもダメなら、入院して点滴になるかどうか、ですね。

なお岡山での桐沢型ぶどう膜炎の治療はまずO大病院だと思いますが、(関西の)K大の専門の先生を教授に招いたK医大病院という可能性もあります。

実は今月10日からAとその他総勢4人で九州に写真を撮りに行くつもりだったのですが、こういう事情なので抜けました。ただ南九州があの状態なので、すべてキャンセルになる可能性もあります。

2020/07/05

ヘルペス?

2020年7月5日

一昨日の夜、目にゴミが入ったような違和感があったので、昨日眼科に行ってきました。土曜日は混むので余り行きたくは無かったのですが、妙な違和感だったので月曜日まで待たずに行ってきました。一時期は開業医は空いていたのですが、最近は岡山ではコロナの感染もほぼ治まっているので、医院は日常に戻っています。

見てもらったところゴミや傷はなく、先生まぶたをひっくり返し、「元々こんなところにぶつぶつあった?」と聞きます。まぶたの裏っ側に、ちょっといやなぶつぶつがあるそうです。ちょっといやというのは、ヘルペスで出来たようなものだからです。

ヘルペスと言えば、とうとう右目の視力を奪ってしまった桐沢型ぶどう膜炎、この原因がヘルペスです。ヘルペスはずっと身体に住み続けますから、小生には帯状疱疹ヘルペスが住んでいます。15年も経って今更という感じですが、思いがけないときに出てくるのが病気というものです。

ヘルペスが暴れ出す原因はまずストレスですが、このストレス、汗をかいたというくらいのことでもストレスになるそうです。コロナもまた燃えさかりだしたし、ストレスになることも多いです。とりあえずはこの前もらっていたガチフロを点眼し、土日はおとなしくしておいて(写真撮りになど行かずに)、まだおかしかったら明日(月曜日)、治ったら水曜日、と言われました。さてさて、ちょっと面倒なことになった。

2020/06/19

コンタクトはそろそろ終了

2020年6月19日

眼科に行ってきました。先日虫がぶつかったところのチェックです。傷は治っており、消毒薬(ガチフロ)も終了です。

前回(16日)に行ったときに、「コンタクトは役に立っている?」と聞かれました。小生の答は「気休めです。」「そろそろ止めても良いわよねえ。」そうなんです。このコンタクトは2016年あたりから、いつ止めようかと考えていたところだったのです。

小生の右目が桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)にかかったのが2005年10月で、硝子体手術のために水晶体を取り除いたのが2006年5月。一連の3回の手術が終了してコンタクトを使い始めたのが、2006年11月のことでした。目の状態がもっとよくて(症状が軽くて)、手術後0.1以上の視力が見込まれるのだったら手術時に眼内レンズを入れるのですが、小生のように1回目の手術で網膜の裂け目が発見され、その剥離を防止するための再手術や、オイルを抜くための手術などを繰り返しているようだと、眼内レンズは入れられません。そのための水晶体代用のコンタクトなのです。

最初は、病院指定の東レ製のソフトコンタクトでした。ところがこれが煮沸消毒指定で、出張に行くにも消毒器具を持って行かなければならず、しかも蛋白除去剤などの市場性がなく、指定の販売店に注文しなければいけなかったので、入手に苦労しました。そこで行きつけの眼鏡屋さんに相談したところ、同じものがメニコンでもできることがわかり、しかもメニコンだと市販の(ドラッグストアに並んでいるような)洗浄剤が使えるので、たすかりました。2008年3月からメニコンですが、この時期は視力は0.07あたりで、最高0.1を記録したこともありました。

ところが2012年頃から目の中に増殖膜が広がりだして視野が狭くなり、それに伴って視力も落ちてきました。岡山に引っ越す頃(2015年)にはCの字が視野の中に入らないようになって、視力は数字では測れないようになってきました。

右の目の視力を何とか保ってきたのは、0.1近く見えていた頃は左目に何かあったときの非常用だったのですが、視野が狭くなって数字で測れなくなってからは、廃用性斜視の防止用です。右目が「自分は見えている」と思えば、ものを見るときに左目と一緒になって動き、特に正面を見たときに左目と平行の視線になるのです。本来はさらに内側に向かなければいけないのですが、さすがにそこまでは向きません。

ほとんど見えなくなっても、2016年頃まではまだコンタクトを入れることで、右目に「お前は見えている」と言い聞かせる、言い換えればだますことができました。ところが最近はだましが効かなくなって、いよいよコンタクトの効果もなくなりました。目をきょろきょろさせると右目も一緒に動きますが、正面をじっと見ていると、時々右目はサボって明後日の方向(外側)を向きます。こういう時は、意識して右目で見るようにすると、右目は「いけない!」とばかりに正面を向くんですね。ただこれはあまりやるとめまいがしてくるので(眼科の先生は、「オエッとなる」と言います)、あまり多用はできません。

まあそろそろコンタクトも役に立たなくなってきたので、コンタクトの予備品はもう1個ありますが、毎日のメンテナンスコストもかかることだし、今使っている洗浄剤が切れたあたりで終了にしようか、と思っています。なお余談ですが、最近は眼内レンズが主流になってこういう外装性の水晶体代用品が少なくなり、水晶体代用コンタクトを作っているのはメニコン1社になりました(東レも撤退しました)。

2020/06/16

目に中に虫が飛び込んできた

2020年6月16日

昨日街を歩いているとき、風が強かったこともあって何か目の中に飛び込みました。大きさから言って、ゴミと言うより虫みたいな感じです。こすると危険なので、瞬きを繰り返してやっとでていきました。眼鏡をかけていても、防御には役に立たないものですね。家に帰って目薬はさしたものの、何か傷でも付いたような感じがしたので、今日眼科に行ってきました。

先生に虫が入ったみたいだと言ったところ、「え~~っ。このところそんな人ばっかり!」羽虫か何かの発生時期なのか、目の中に虫が入ったという患者が多いそうです。中には虫の大群の中に自転車で突っ込んだ若い人もいたとか。あまり想像したくありません。

見てもらったところ、やはり角膜に傷が付いていました。「虫が入って、蹴飛ばしたような跡ね。」と言われました。ただこの虫、どこをどううろついたのかわからないので、きちんと消毒しておかないといけないそうです。ということで、目薬のガチフロが出ました。これでOKではなく、3日後に再チェック。よくなっていればそれで良いのですが、虫が変な細菌を持っていたりすると、強力な抗菌薬に変更になります。まあ岡山なので、コロナウイルスは持っていないと思いますが。

たかが羽虫でも、侮れないです。

2020/05/08

廃用性斜視防止には「寄り目」

2020年5月8日

連休が明けたところで、眼科に行ってきました。ずっと具合が悪いのを放って置いたわけではなく、2日ほど前に紙を目にぶつけてしまい、傷が付いたみたいなのです。

行ってみたら、昨日は眼科の定休日で境が初日とあって、結構混んでいます。それでも待合は一人分ずつ間隔を空けて座れるくらいでしたので、1月頃と比べると患者さんは少ないです。受付に、透明ビニール(と言っても、材質はおそらくPE)のカーテンが吊られていました。この手の透明カーテン、バスにも付けられているので、時ならぬ「特需」が発生したのではないでしょうか。

見てもらったところ、やはり角膜に小さな傷が付いていました。とりあえずヒアレイン酸の目薬で、来週月曜日に再診です。ひょいと見たら、診察用顕微鏡の接眼レンズの回りに、ポリカらしい透明度の高いプロテクターが追加されていました。

見てもらったついでに、右目の廃用性斜視の防止法について聞いてみました。右目はほとんど見えなくなったこともあって、最近外へのむき方が少し強くなってきたように思えるのです。対策はやっぱり「寄り目」の練習でした。ただ単に寄り目に動かしても、右目は左目と平行な向きに向きます。そこで右目で見るように、言い換えると、右目に「お前はちゃんと見えているんだよ」と言い聞かせ、見えているように錯覚させて寄り目にするのです。これは一度自分でも気がつき、2,3回やってみたことがありますが、めまいがしたので途中で止めました。

実際に先生が出したボールペンの反対側のピカチュウを、見えない右目で見るようにして寄り目にしたら、途中で先生が「そうそう、それ!」と言ったところを見ると、きちんと寄り目ができていたのでしょう。ただこれはあんまりやると吐き気がしてくるので、ほどほどにするようにとのことでした。小生はめまいがしてくるので、正しい(?)反応です。無理にならないように、寄り目の練習をします。

2020/04/10

血圧が低いと目が見えなくなる

2020年4月10日

眼科に行ってきました。主目的は花粉症用の目薬が切れたことですが、ついでに先日一時的に目が見えなくなったことを報告しました。水曜日(8日)に図書館で座って本を読んでいるときに、目の前が真っ白になりました。ハレーションのような感じで、視界の下半分は完全に真っ白、上の方はいくらか見えますが霞越しといった感じでした。2分くらい経ったら治ったのと、色が白かったのでそのままにしていました。これが黒かったり赤かったりすると、大事です。特に赤いのは眼底出血ですから、救急車です。また、同じように真っ白になって見えなくなったのは、2回目です。

この話をしたら先生、「やだ。止めてよ。」先生は小生の左目はもう換えが無いことを、すごく気にしてくれています。
「血圧はどのくらい?」
「上が103くらい。」
「え~~っ。内科の先生は何と言っているの?」
「はあ、良い血圧だと。」
先生ため息をつきながら、「まあ、内科の先生なら、そう言うでしょうね。でもその血圧なら、起こるわよ。」
要は血圧が低すぎて一時的に網膜に血が回らなくなり、見えなくなるのだそうです。対策としては、水をたっぷり飲むことと、次回の内科の検診の時にしっかり報告することです。先生としては、薬を少し何とかしてくれ、と言いたいところでしょう。飲んでいる薬の中で、バイアスピリンは網膜の血管の血流確保に効果があるそうです。そう言えばぶどう膜炎の時も、バイアスピリンを飲んでいましたね。水分が不足すると血流不足は起きやすくなるので、水分の補給は大事だそうです。

帰りがけに、今日は「お客様感謝デー」をやっているスーパーで、2リットルのミネラルウォーターを買ってきました。外出するときは、ペットボトルの小瓶に小分けしていきます。

2020/03/09

そろそろ見えなくなる

2020年3月9日

眼科に行ってきました。具合が悪いわけではないのですが、花粉症が佳境です。「かゆい」より涙目ですね、特に今年は。鼻水の方が、ずっとひどいですが。傷はなく、花粉症だけ。またアレジオンを2本もらってきました。

今日は先に視力検査があったのですが、右目が一段と見えなくなりました。以前は指が、本数はわからないものの指であることはわかったのですが、それが指として認識できなくなり、この前の記憶では、明るい光をバックにすれば指が動く方向がわかりました。どうもそれも危なくなったみたいです。

家へ帰って確認してみました。かなり明るい光をバックにすれば、指の動く方向はわかりました。何か動いているな、という感じですが。どうやら完全失明になるのも、時間の問題ですね。そうなったらコンタクトもする必要がなくなります(すでに必要ない?)。駅ビルの改装工事にともなうマツ○トキヨシの閉店セールで、コンタクトの洗浄剤を買い込んでしまいました。無駄になるかな。

より以前の記事一覧

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ