2019/12/06

ホロヴイッツ・ピアノの秘密

2019年12月6日

「ホロヴイィッツ・ピアノの秘密 調律師がピアノをプロデュースする」これが正式な書名です。おかげで書名検索しても、なかなか引っかかってくれません。高木裕著、音楽之友社刊です。

この高木裕という人を、小生はうさんくさく思っていました。うさんくさいというか、信用できないというか。「スタインウェイ戦争」を読んでの感想で、実際に会ったことはありませんが。それなのに高木氏の著書をわざわざ借りだしたのは、この本にホロヴイッツのピアノと普通のスタインウェイとの周波数特性の比較が載っている、と言う記事を見たからです。

小生の独断の解釈が多々入っていますが、この本や前作での高木氏の主張は、今のスタインウェイは(かつての)スタインウェイの音がしていない。一方スタインウェイ社の主張は、スタインウェイの純正品以外で修理されたスタインウェイは、もうスタインウェイとは呼べない、と言うものです。どちらも相手陣営を「スタインウェイであってスタインウェイでない」と言っているようなものですね。まあ、高木氏が扱っているヴィンテージ・スタインウェイは、今のスタインウェイとは別会社の製品と言っても良いみたいですが。

そこで論より証拠として出されたのがこの周波数特性比較で、「ホロヴィッツのピアノ」1912年製のCD75と、普通のスタインウェイ1989年製のハンブルグD型との比較です。これで見ると(元のグラフも見てみました)、CD75は高調波成分が多いですね。特に、15KHz以上が顕著です。ハンブルグD型が20KHzあたりが最高なのに対し、48KHz(測定限界)まで伸びています。

音楽家はよく「伸びる音」とか「遠くまで飛ぶ音」という言い方をしますが、千住真理子氏によると、こういう言い方は音響学者からは「そんなものはない」と即否定されるそうですね。しかし「遠くまで飛ぶ音」は確かに存在し、オルゴールを使った実験でも確認できます。この「遠くまで届く音」は、どうやら高調波成分が多い音ほど遠くまで届く、と経験的に言われているようですが、音響工学では否定されているのか、きちんとした理論建てはされていないようです。CD75はppでもホールの奥まで音が届くそうで、高調波成分の多さが関係しているようです。

高木氏には、今度はホールで音の減衰比較試験を是非やってもらいたいものです。

なお余談ですが、ピアノは弦だけではなく楽器全体が鳴っているのに、(おそらく)クラシックに慣れていない録音技術者がマイクをピアノの中に突っ込んで録音するため、自分の出したい音が記録されていないと、泣き出したピアニストがいたそうです。クラシック音楽を扱うテレビ番組で、コンサートホールで収録しているのにマイクをピアノの中に突っ込んでいるものがあり、いつも「あ~あ」と思いながら見ています。

2019/12/05

がん外科医の本音

2019年12月5日

「がん外科医の本音」(中山裕次郎著、SB新書)という本を読みました。本当は前作の「医者の本音」を先に読みたかったのですが、図書館の予約件数(申込者)の関係で、この本が先に来ました。

まあ、本音と言うには「ちょっと周りに遠慮しているな」と思うところもあるのですが、かなりはっきり書いてありますね。その中で「おや?」と思ったところなどをまとめると、
「手術のうまい下手は、外科医同士でないとわからない。」と書いてありますが、これはそんなことはないと思います。まあ、消化器のがんを切除するだけだったらそんなに差は無いかもしれませんが、心臓弁など修復が入って来ると、露骨に差が出ますね。特に複数回手術を受けている方は、すぐにわかると思います。眼科も差が出ます。

BMIと死亡リスクで、グラフでは男性で25から27が最小になっているのにはびっくりしました。女性は21から25が最小で、今まで言われていたBMI=22が最小と言われていたのとは、違う結果ですね。国立がん研究センターの元グラフを見てみると、誤差その他を勘案して、最小は男性女性とも21から27のようです。週刊誌などで言われている俗説「やや小太りの方が長生きする」というのは、正しいようです。

がん検診としての大腸内視鏡検査は、効果はあるがリスクも大きいので、検診としては推奨しない(個人で勝手にやる分はかまわない)とありました。このリスクには経済的リスクも含まれていて、まあ、「効果はあるが、コストには見合わない」というところでしょうね。小生は純粋な検診ではなく、散々ポリープを取ったグレー(イエロー?)レベルですから、一般の検診とは違うと思いますが。

面白いと思ったのは、お見舞い品に使い捨てのお箸やスプーンが好評と書いてあったところです。使い捨てのお箸やスプーンが必要と言うことは、病院の食事にお箸が付いてきてないということで、この先生の所属先を見たら郡山市の病院でした。やはりお箸が付いてくるのは東京近郊だけで、まだ全国には広まっていないですね。ただ岡山でも新しい市民病院はお箸が付いてきますから、徐々に広まっていくでしょう。

2019/12/03

本当はオーケストラに入りたかった

2019年12月3日

前の記事でも少し書きましたが、小生は学生時代にワグネルソサイティーという団体に一応所属していました。「一応」と書いたのは、専門課程になって実験が始まると、授業その他で練習に行けない期間が結構あり、実質1年半くらいしか活動しなかったからです。そしてこのワグネルには、オーケストラ、男声合唱、女声合唱の3部門があり(混声はありません)、小生は男声合唱団に所属していました。その当時は「名門」と言われた合唱団です。

小生は高校時代は弓道部で音楽関係のクラブには全く所属してはおらず、合唱は未経験でした。楽器も子供の頃バイエルを少しやった程度、あとは小学校の鼓笛隊です。高校では本当は吹奏楽をやりたかったのですが、いろんな事情が重なって、中学の同級生から誘われるままに弓道部に入り、そのまま国体の県予選にまで出場しました。結果は予選敗退でしたが。

大学に入って吹奏楽のクラブ事情を見たら、吹奏楽部は応援指導部直轄で、こんなクラブに入った日には、授業など出られません。あとの文化系クラブは、軽音楽かジャズバンドです。そこでワグネルソサイティーオーケストラの管楽器に潜り込むことを考えました。そしてある日ワグネルの部室を訪ねたらオーケストラの人はいなくて、いたのは男声合唱の先輩達。そこでまたものの弾みで男声合唱団に入部してしまいました。我ながら自主性のないことですが、高校にしろ大学にしろ、未経験者という気後れがあったのですね。

実は男声合唱団に入った後、オーケストラの先輩からオーケストラに誘われたことがあります。合同の新入生歓迎会(だったと思います)の帰りにオーケストラのフルート奏者の先輩と電車で一緒になり、管楽器だったら未経験者でも大丈夫、フルートをやりたいのだったら、歓迎する、と言われました。今なら未経験者はまず入部できませんが、その当時はOKでした。そこで思い切って移ることもできたのですが、せっかく合唱団になじみ始めたところでまた新しい環境というのも気後れがして、移動せずにそのまま合唱団に残りました。田舎から東京に出てきて、住環境も新しくなっているという事情もありました。ちなみに、その当時はアパートではなく下宿です。

岡山に来て第九に申し込んだのは、オーケストラ伴奏で歌いたい、というのが一番の理由ですね。ところがオーケストラと一緒にステージに上がってみると、オーケストラが身近です。木管は、目の前で鳴っています。スコアも買って、どこでどの楽器が鳴っているかも見るようになりました。舞台の上で聞くオーケストラはたまらなく、また岡フィルもどんどんレベルが上がっているので、来年も多分オーケストラを舞台上で聞くために第九に申し込むでしょう。

12月1日の第九本番のあと退場するときに、片付けをしているティンパニの安江さんの横を通ったので、「ブラボー!」と声をかけました。すると、「あ、ありがとうございます。」こうやって言葉を交わせるのも、舞台に上がることの特権です。

2019/11/27

銀杏が見ごろ

2019年11月27日19112702a

 

岡大病院、と言うより、岡大医学部前の通りの銀杏が、見事になっています。ちょいと医学部の中を覗くと、こちらもきれいですね。本当は岡大病院からもレンガ造りの建物をバックにしたきれいな銀杏が見られるのですが、今は工事中であちこち覆われています。
19112703a 新聞によると、今年は銀杏の名所の見ごろが、2週間ほど遅いそうですね。こちらとすると、第九まで冷え込まずに行ってくれるとありがたいです。

2019/11/23

3回目の第九合唱練習記(13)

2019年11月22日(金)

 

今日が本番前の、村上先生以外での最後の練習になる。今日まで(次回も?)練習用配置の指定席である。男声の4列目中央あたりは小生も含め175cmクラスが並んでいるので、後のアルトの方には気の毒である。本番もこういう、男声を女声が包むような配置になるのだが、昨年と一昨年のブログを読むと、昨年のひな壇は一昨年に比べて段差が低いと書いている。一昨年並のひな壇してくれれば、後の女性でも指揮者は見えるはずである。

 

今日はアルトのY先生。今年はY先生も気合いが入っている。去年はホリヤンは地元の指導者を先生扱いせず、扱いがひどかったからなあ。ピアニストのTさんものびのび。Y先生、「本番で間違えるかもしれない」と懸念している、Alle Menschen,の2回目、合唱が終わって4重唱に渡るところからさらう。ここは、Poco adagioになってオーケストラと4重唱は遅くなるのに、合唱だけは今までのTempoⅠ(Allegro ma non tanto)で走って終わるところだ。指揮者もオーケストラを振るためにゆっくりの振りになるので、指揮者がゆっくり振っているにもかまわず突っ走る。指揮者につられないように、と今までやったことがない指示が出た。

 

Y先生、所々をピアノを止めて合唱だけにし、ゆっくり歌わせる。高音が続くところでこれをやられるとたまらないのだが、ハーモニーを意識するようになる。Ku¨sseからvor Gottに続くところ(319小節あたり)、Gottの和音はD→A→Fと変わり、特にFに変わるところは♯系から♭系に変わるためか、その変化をよく感じ、「転調した!」とはっきりわかるところだが、その前のsteht vorもいろいろ和音が変化している。先生の指示はそこまではなかったのだが、本当は純正律を目指し、同じGottでも微妙に高くしたり低くしたりしなければいけないのだろうが、とてもそこまでの技術はない。あとでじっくり楽譜を見たら、上のFisは第3音でやや低めになるので、これは助かる。Img_78361a

 

後半は立って通しで歌うが、さすがに3分くらいの休憩時間では回復せず、Fの連続は出ない。本番よりゲネプロで飛ばしすぎないように気をつけなければ。ピアノはいつもより多く、日頃弾かないところまで弾く。最後は合唱後のPrestissimoまで弾いて、大拍手。Tさん、さすが全部さらってある。

 

残り一週間、風邪やインフルエンザをもらわないように、岡山駅前あたりをうろちょろするな、という指示が出る。来週の木曜日に、高畑コンマスの主催する怪しげな弦楽四重奏に行くが、まあマスクをしっかりかけていこう。23日は天気も良くて暖かく、場所も大元駅だから、良いとする。高松へ行く「サロンカーなにわ」。

2019/11/19

納豆復活

2019年11月19日

15日でワーファリンが終了し、今日から納豆が復活しました。以前心房肥大から「乱流が起こる」といわれてワーファリンを7年ほど飲んでいましたが、RFCA後の大腿部内出血のため中止しました。その時も納豆が復活したのですが、今回は2回目の復活です。

これから先、脳梗塞などのため再度(再々度)のワーファリン服用はあり得るのですが、家系的には脳梗塞より脳出血系なので、そちらの心配をした方が良さそうです。なお、バイアスピリンはそのまま飲み続けています。

2019/11/14

FacebookとLINE

2019年11月14日

かつて、もう亡くなってしまった友人からFacebookへの招待が来たことがありました。その時断りのメールを出したらその友人から驚いた様子の、「俺はこんな招待、出していないよ。」という返事が来ました。Facebookが彼のパソコンの中を勝手に漁り、小生のメールアドレスを見つけて招待状を彼の名前で送ったものです。どうもデフォルトが「出して良い」という設定になっているらしく、彼はその後禁止処置を執りました。小生は怖くて、Facebookはやっていません。

LINEも手を出す気は無かったのですが、LINE主体という友人が増え、仕方なくパソコン版を入れました。携帯の番号を入れるようになっているので携帯の番号を登録したら、「あなたにはこれだけの知り合いがいます」と、小生の携帯番号を自分の電話帳に登録している人(で、禁止処置を執っていない人)のリストが送られてきました。電話帳を抜き出すだけでなく、それを使えるようにデータベース化しているわけですから、LINEも怖いです。一旦登録してしまったら、表面上は削除できてもデータベースの中までは削除できませんから、そのままにしてあります。その後「友達は増やさない」という設定にしましたが、それから小生の番号がどう使われているかはわかりません。

LINEは費用がかからないということになっていますが、どこが費用がかからないのか、わかりません。普通の携帯メールやパソコンメールでも、現在は携帯のパケット通信費以外のものがかかることはありません。グループ送信も、何もLINEだけができることではなく、パソコンメールで昔から普通にできます。

逆に、LINEの方が通信費はかかりますね。小生は携帯のLINEはWi-Fiオンリー設定にしているので、外出中は受信できません。そのため先日東京にいたとき、連絡可能なように電話回線使用可にしました。するとバッテリーの消耗が速く、残量70%だったのが一晩で空です。夜中にしきりに通信していたんでしょうね。小生はパケット通信費は従量制にしていますが、たった3日間のLINEの設定で、300円通信費が跳ね上がっていました。無料サービス分を食いつぶしての300円ですから、1ヶ月使っていたら、いくらになるかわかりません。外出先でLINEを使おうと思ったら、パケット無制限コースにしておかないと危険ですね。

まあGOOGLEの連絡先を使っていれば、どうせ個人情報は筒抜けだから同じだろうという意見もありますが、GOOGLEに書いた情報を取られるのと(書いていない情報もたくさんあります)、知り合いや昔の知り合い(小生の携帯番号を登録している人は、昔の知り合いが多いです)に向かって「南海さんがLINEを始めました」と吹聴されるのとでは、気分の悪さが違います。

LINEがソフトバンクとの合弁会社に吸収されるという記事を見ましたが、いくらか変わるでしょうか。まあ、どちらにしろ「LINEでやってください」という企業からの依頼は、断ることにしていますが。

2019/11/08

岡山城と路面電車

2019年11月8日

 

小生は、過去に熊本城と熊本市電、(四国の)松山城と伊予鉄、大洲城と予讃線など、鉄とお城を組み合わせた写真もいろいろ撮っています。岡山に越してきて、岡山城を入れて写真が撮れないかといろいろ探したのですが、岡山城は鉄道線路から遠く、なかなか良い場所がありません。入院中に山陽本線と岡山城の組み合わせが撮れましたが、これは例外で、また「撮りたい」と思ってもそう簡単にいける場所ではありません。7001img_111671a

 

以前小橋の電停あたりで、岡山城と岡山電軌の組み合わせを撮ったことがあります。岡山城までの距離があるので、どうしてもお城が小さくなりますね。またお城を少しアップにしようとすると、電車が半分くらいしか入りません。

 

そこで、以前から気になっていた電車通りに面した櫓を組み合わせてみることにしました。この櫓は西の丸西手櫓と言って、重要文化財です。岡山城の本丸は戦災で焼失したため、外観復元されたコンクリート造りですが、この西手櫓は焼失を免れた本物です。
7001img_324401a 建造物は素晴らしいのですが、電車の写真を撮ろうとすると、場所はよくありません。まず道路側の開けた場所がなく、斜めに撮るスペースがありません。従って真横から撮るしかなく、APS-Cの標準ズームの最広角の18mmでは、電車の1両が入りません。秘密兵器の超広角レンズ(最広角10mm)を引っ張り出すしかないですね。それに、交差点に近すぎるのも難点です。車がいなくて電車と櫓を撮れるタイミングは、かなり偶然に左右されます。

 

ということなのですが、試しに18mmで撮ってみました。たまたま「たま」が来たタイミングで、車が切れました。今度秘密兵器を持って、しばらく粘ってみようかな。

2019/11/01

バスの白色LED方向幕

2019年11月1日

 

岡電バスと両備バスの路線バスの新車は毎年年の初めに入ることが多いのですが、今年は秋にもひとまとまりで新車が入りました。おそらく、消費税が上がる前の駆け込みでしょう。車種は同じ三菱のエアロスターですが、秋に入ったモデルから方向幕が白色LEDになりました。「幕」ではありませんが、「方向幕」が一つの単語なので、方向幕で通します。547img_88371a
565img_323161a 

以前から、後楽園向けのスカイビューバスや黒の助には、フルカラーのLED方向幕が付いていました。今回入ったものは、フルカラーではなく単なる白色LEDのようですね。白色LEDは、照明に使われているものもそうですが、RGB三原色を全部点けて加算混合で白色にするものと、黄色い蛍光体に補色である青色の光を当て、これまた加算混合で白色を出すものがあります。バスの方向幕の場合、フルカラーを使う事業所も多いので、基本フルカラー、簡略版白色のみという、三原色LEDタイプでしょうね。なお照明に使う場合、青黄タイプは透過光がブルーライトなので、小生は目が痛くなります。

 

先日東京に行ったとき路線バスも目にしましたが、都バスは回転が速く、新車が多いですね。新橋、銀座といった中心部で見たせいかもしれませんが。これらの新車は、皆フルカラーのLED方向幕が付いていました。系統番号がカラー表示です。
1916img_322421a1906img_313971a 今回の岡山の新車は、おそらく三菱の標準が白色LEDに変わったため、白色LEDに変更したものだと思われます。両社ともあまり「特注」はやらない会社です。そして今回から、側面方向幕が戸袋窓に付くようになりました。今まで、岡電はドアの後側の下側に、両備は戸袋窓のさらに前の上側に、それぞれ窓を半分つぶして取り付けられていたのですが、表示ユニット込みで方向幕が薄型化し、戸袋窓に取り付けられるようになったのでしょう。

 

なお両備はすべて引戸ですが、岡電で引戸を使っているのはノンステップ車だけで、ワンステップ車は戸袋のない4つ折り戸です。

2019/10/29

自動ドアに激突

2019年10月29日

 

昨日、東京から帰ってきました。まあ無事に帰ってきたわけですが、滞在中はあまり無事でもないことが、、、。

 

26日(土)10:00頃、ホテルのフロントに鍵を預け、出発しようと自動ドアを通り抜けようとしたタイミングで、突然ドアが閉まりました。小生は右目が見えないためよける反応が遅れ、顔の右側に激突しました。すごい音がして、まわりの人は「大丈夫ですか?」と声をかけてきて、ぶつかった目の上を触ったら血が付いたので、とりあえず応急処置をと思い、フロントに戻りました。切れたのは少しで、消毒してバンドエイドを貼ってもらって予備を数枚もらい、写真展に出かけました。右目の目尻側にバンドエイドで目だちますが、どうしようもありません。

 

小生はワーファリンを飲んでいるためか、なかなか血は止まらず、3,4回貼り替えました。一日お客さんお相手をして懇親会にまで出てホテルに帰り、部屋でじっくり見て見ました。右目の目尻の上、まゆげのあたりが2箇所切れていました。ドアが眼鏡のフレームの上からぶつかってきた形で、岡山に帰って医者に診てもらったら、「眼鏡のフレームがあったから、このくらいで済んだ。」と言われました。チタンフレームで弾力性があり、衝撃を逃がしてくれたようです。

 

自動ドアの方ですが、両開きの自動ドアは中央に検知センサ(赤外線式の反射型光電スイッチ)があるので、いつもは中央部を通っています。ところがこの日は人通りが多かったので、右の方を通ったのです。小生の通った位置が検知センサから外れていたため、ドアが閉まってきたのでしょう。なお本来はもう1個安全センサ(透過型の光電スイッチ)が付いており、ドア前に障害物があるときはドアは閉まらないようになっているはずなのですが、死んでいたか殺してあったかだったのでしょう。

 

小生はなぜか自動ドアと相性が悪く、町田の○ックスでは3回くらい挟まれています。どうも行動パターンで、誰かがいると先にその人を通し、それから通ろうとするので、ちょうど閉まるタイミングになるみたいなんですね。町田の○ックスも、開けるのはタッチスイッチで、安全センサは死んでいたみたいです。改装後どうなったかは知りませんが。

 

その夜は出血に備えて予備のタオルをフロントからもらってきたのですが、お風呂に入ってしばらくバンドエイドを貼らずに乾燥させていたら、出血は止まりました。しかし翌27日(日)には、目が少しパンダになってきました。内出血が目のまわりに回ってきたのです。ただ場所がまゆげの下の影になっているところで、しかも眼鏡のフレームの影になり、あまり目だちません。

 

28日(月)にチェックアウトをした後、支配人さんから携帯に電話がかかってきました。「不在で失礼しました。」ということで現在の状態を説明したのですが、「パンダ」の内出血が止まらず岡山で医者に行ったとき、「事故だ」ということで保険適用を拒否されることがたまにあるので、その時は費用をよろしくと言って了解を取っておきました。口約束ですので、実際はどうなるかはわかりませんが。

 

28日夕方岡山に帰り、今日(29日)鏡を見たらパンダの範囲が広がっていたので、内科に行ってきました。本来は外科なのかもしれませんが、外科にかかりつけのところがなく(知っている外科は心臓病のS病院だけです)、また場合によってはワーファリンを一時停止するかもしれないので、ワーファリンの供給元のないかです。先生小児科もやっているので外傷になれており、傷をいろいろ見てもらいましたが、特に問題になるようなことはないのでワーファリンは止める必要なく、しばらく様子見になりました。ただ眼球の動きが悪くなっている可能性があるので、なるべく早く眼科に行くように言われました。

 

実は目の近くを打撲したときは、視力への影響が一番心配されるのです。ところが小生の右目は現在は視力0で、やっと明暗がわかる程度です。明るい光をバックに手を動かせば動いている方向(縦か横)はわかるのですが、実際の視力検査室は暗いので、方向は全くわかりません。そのため幸か不幸か、視力は低下しようがないんですね。ただ眼内出血はあり得ますから、そこは見てもらいます。内科の先生は「目の動きが悪くなっていないかどうか」と言っていましたが、右目はバンドを2重に巻いているため、動きは悪いです。時々、引っかかって急に動くような動きもします。右目が見えないため両目の光軸が揃っておらず、どうしても右側が外側を向くのですが、まだ対処するほどではないですね。

 

まあ、明日にでも眼科に行ってきます。

より以前の記事一覧

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ