2017/11/15

九州国立博物館

2017年11月15日

九州国立博物館に行ってきました。新・桃山展を見るためです。Dscn2231a

岡山から博多までは、「さくら」の指定席、満席です。多分自由席も混んでいるでしょう。「さくら」用のN700系は同じN700系でも指定席が4列シートになっており、ゆったりできます。「さくら」は外国人、それも欧米人が多く、中国人や韓国人は見かけません。やはりジャパンレイルパスを持っている人たちが、「のぞみ」はジャパンレイルパスでは乗れないため、「さくら」に回るのでしょう。日本で売っているユーレイルパスはこういう制限は無いので、相互主義に反する行為です。観光立国とか言いながら、こういう制限はほったらかしです。Dscn2232a

九州国立博物館は太宰府にあり、博多から太宰府へは地下鉄で一度天神へ出て、それから西鉄が一番速いコースだと思っていました。ところが地下鉄への乗り換えが入るため、JRで二日市まで行ってそこから西鉄二日市まで歩き、そこで西鉄に乗った方が安くて速いんですね。しかも小生はJRだと通しで割引になるし、博多から各停で二日市まで行くことにしました。鹿児島本線の各停は、博多より南でも日中は4連の転換クロスシートです(ラッシュだと7~8連)。これが熊本の近くだと、2連のワンマン運転になります。そしてロングシート。荒尾を境に格差がひどくなります。Dscn2234a


博多から二日市まで、このあたりは散々通ったコースなのですが、各停に乗るのは数十年ぶりです。昔に比べて、駅が増えました。JR二日市から西鉄二日市まで、徒歩約15分です。JR二日市から西鉄二日市経由で太宰府までのバスがありそうですが、ありません。これは太宰府に行ったら、バスは博多直通で、そちらに大勢乗っていることがわかりました。西鉄二日市まで、地図で見た大通りを通ります。これも帰りに見たら、商店街の中を通る車の通らない道があり、帰りはそちらを通りました。

西鉄二日市から太宰府までは、7000型の4連。7000型は4扉です。中を見たら20m車よりちょっと短く、19mでしょうか。これが2編成で二日市と太宰府の間を行ったり来たりしています。西鉄福岡からの直通列車は、一日に数本だけのようです。それも休日だけ?Dscn2239a

太宰府駅から九州国立博物館までは、天満宮の参道を通っていきます。そこの途中を右に折れて博物館へ、要は天満宮の中にあるんですね。この道も動く歩道のある道と普通の道があり、小生は普通の道を行ったところ、最後は階段でした。動く歩道のコースはエスカレーターなので、心臓の悪い方はこの道は通らない方が良いです(お前が言うか(゚゚;)\(--;))。ただこの道、紅葉がすごくきれいでした。

シニア割引の切符を買って(京都国立博物館は、シニア割引はなかった)、中へ。博多祇園山笠の山車が展示されていました。これは写真撮影OKとのことなので、パチリ。大きいです。そして3階の展示室へ。国宝展よりお客さんが(はるかに)少ないので、ゆっくり見て回れました。印象に残ったのは、イタリア製の古地球儀(信長が見たものかもしれません)、織田信長像(神経質そう)、聖フランシスコ・ザビエル像(教科書だ!)、天正少年使節肖像画(これも教科書)、それに目当ての大洪水図屏風、はるばるメキシコから来たものです。海外で製作された屏風はちょうつがいが金属ですが、日本製は紙です。そしてこの大洪水図は布のちょうつがい、そのため、これはマカオで日本人の手によって製作されたと推定されていますね。画面の金の盛り上げなどは実物を見ないとわからず、見に来た甲斐がありました。それとこの時期に日本で製作されたいわゆる南蛮屏風、泰西王侯騎馬図屏風などは、すごい迫力でした。Dscn2241a


企画展の他に通常展があり、そちらも入れましたがすごいボリュームで、途中でくたびれて止めて帰りました。おみやげは博多銘菓鶴の子の松林図屏風パッケージ、買えるのはここだけです。そして帰りはエスカレーターから動く歩道のコースへ。そして天満宮さんにお参りしてきました。今更学業ではありませんが、第9はドイツ語だから学業のうち?

西鉄二日市からJR二日市までは、今度は商店街の中へ。そして喫茶室付きのパン屋さんで一服。博多で缶ビールと駅弁を仕入れ、またゆったりと帰りました。

2017/11/13

年賀葉書

2017年11月13日

年賀状のシーズンになってきました。そろそろ年賀状の枚数も減らそうかと思って今年は少し見直しをしたのですが、10枚程度減っただけでした。70の声を聞いたら、「年賀状終了」の挨拶をして、本格的に減らそうと思っています。

この年賀状用の年賀葉書、官製葉書の料金は62円に上がったのですが、年賀葉書は52円のままでした。そう言えば値上げの時にそんなニュースも見たような気もします。

小生が物心ついたとき、と言うとオーバーですが、自分で年賀状を出し始めた小学校時代、年賀葉書は4円でした。そして官製葉書は5円で、1円の差がありました。そのため、1円の寄付金が付いた「4+1円」の年賀葉書も売られていました。いつまで4円だったのか調べてみたら、昭和26年から41年まででした。51年ぶりに料金の差が付いたわけです。昭和26年から官製葉書が5円だったら、昭和24年生まれの小生はその前を知らないわけだなあ。

年賀葉書を買ったとき、「大昔も普通の葉書と年賀葉書の料金が違っていたなあ。」と独り言を言ったのですが、窓口の方は何の反応も示さなかったですね。51年前のことだから、知っているわけはないですね。しかし我ながら、歳を取ったなあ。

2017/11/07

国宝、閑谷学校

2017年11月7日

旧閑谷学校に行ってきました。栢木がそろそろ見ごろではないかと思い、企てました。Dscn2222a


最寄り駅は、山陽本線の吉永です。ところが山陽本線の岡山から見て姫路側は、一つ手前の和気までは30分おきにあるのですが、そこから先は半分になって、1時間に1本です。吉永からは、その1時間に1本の列車にあわせ、市営バスがあります。そこで岡山駅まで来たら、げ!吉永はICOCAの範囲外。久しぶりに、紙の切符を買いました。この和気は、教科書に出てくる和気清麻呂の出身地です。沿線に和気清麻呂碑があります。Img_3199a

吉永でちらと国鉄色のDE10が見えましたが、今日はパス。レール輸送のようで、JR西のDE10はこのあたりでは珍しいです。吉永のバス乗り場で待っていたら、その市営バスが来ました。市営バスと言っても白ナンバーの3ナンバー。要はワゴンタイプの乗用車です。そのため乗車定員は9名(運転手を含めると10名)で、定員外乗車は認められません。乗れなかったら積み残しで、タクシー(2台しかいない)か、1時間後の便を待つか、歩くかです。ちょうど定員ぎりぎりの9人乗って発車、コミュニティバスなので途中駅がありますが、すべて満員積み残しです。運転手さんの話では、11月3日には全便積み残しが出たそうです。臨時便なんて出ないだろうからなあ。先日「美の巨人たち」で放送されたため、またお客さんが増えたようです。Img_3204a


閑谷学校前について、一応帰りのバスをチェック。ネットで調べてきましたが、田舎はネットの情報が当てにならないことは、先日の牛窓で身にしみています。幸い、ネット通りでした。

さてお目当ての栢木ですが、十分にきれいでした。もっと真っ赤になるようですが、「今年は赤くならない。」と売店の方が言っていたように、年によって赤くなり方が違うようです。

それと、国宝の講堂。建物の外観もすてきですが、黒光りする床。顔が写ります。草が一切生えないという石垣も見事です。Img_3214a


帰りのバスは乗客が6人だったので余裕と思っていたら、2人降りない方がいて(途中乗車の途中下車)、結局8人になりました。まだ1人分空いているとは言うものの、ぎりぎりです。日野のポンチョくらいのバスが欲しいところですが、そうすると運転手には大型免許が必要だし、紅葉シーズン以外は乗客は少ないでしょうから、難しいところですね。ただ積み残されたら、再訪する気は無くなるだろうなあ。

2017/11/06

天空の城

2017年11月6日

備中松山城に行ってきました。ここは天空の城とも言われており、天守閣が現存する城としては、一番標高が高いところにある城です。早朝行けば雲海が見られる(ことがある)時期ですが、さすがにそこまではやりませんでした。ちなみに、豊臣秀吉が水攻めにしたのは、同じ備中でも備中高松城です。Dscn2205a


備中松山城へは麓から徒歩で上るコースもありますが、もう無精してぎりぎりまで交通機関を使いました。まずは伯備線の備中高梁までJRの各停で約1時間。このところ昼食はもっぱら移動中です。このあたりは各停でも転換クロスシートなので、車内で食事ができます。同じ1時間の移動でも、これを田園都市線の車内でやったら、顰蹙ものです。新装なった高梁駅前のバスセンターから、土日しか動いていない路線バスで城見橋公園まで。Dscn2209a
この公園から先は一般車乗り入れ禁止で、マイカーの駐車場も兼ねています。路線バスの利用者は、ほとんどいないですね。そしてシャトルバスでふいご峠まで。バスはセカンドギヤから全くシフトアップしない山登りです。ふいご峠からは歩くしかなく、約20分の山登りです。半分は階段で、結構きつい。ただ心臓は何と言うこともなく、太股が痛くなりました。修復工事の時は、この山道を下から女子高校生が瓦を担いで登ったというのですから、すごいです。Dscn2212a


山道を登っていると、いきなり石垣が出ます。そして塀が現れ、天守閣へ。ちょうど紅葉が始まった頃で、天気が良く、小さな天守ながら青空に建つ天守閣はきれいです。そして振り返れば、高梁の街がきれいに見えます。まさに守り重視の山城、攻めるのは大変だったでしょう。

下りも同じコースで。足が痛いときは上りより下りの方が大変なのですが、歳を取ると筋肉痛が出るのが遅く、戻るときは平気でした。翌日筋肉痛が出るかな。Dscn2208a


高梁について、駅前のコーヒー屋さんで一服。駅ビルの図書館の中にス○バができましたが、小生はこちらの方が好みです。天気が良く、充実した一日でした。

2017/11/01

京都で国宝展

2017年11月1日

昨日、京都まで国宝展を見に行ってきました。岡山から京都に行くには、
1)岡山から京都まで「のぞみ」
2)岡山から京都まで「ひかり」
3)新大阪まで「さくら」、そこから新快速
4)姫路まで「さくら」、そこから新快速
5)姫路まで各停、そこから新快速
と、料金の高い順に並べましたが、いろんなパターンがあります。前回は3を使ったのですが、新大阪からの新快速は座れない確率が高いので、今回は2にしました。所要時間は約1時間半です。比較的空いていました。17103105a


11時57分の京都着ですが、車内で昼食は済ませて一直線にバスターミナルへ。乗り場はD2ですが、隣のD1は長蛇の列です。皆さん、どこへ行くんだろう。バスが来ても行列が動かないので満員かと思っていたら、違う行き先を待つ列だったようで、前の人に続いて行列をパスして乗り込みました。何だ、座れるじゃない。

博物館前でバスを降りて、まず切符売り場へ。表示では30分待ち。ただ建物の外には列はなく、そのまま平成知新館の中へ。切符を切ってもらって入場したら、その中に行列がありました。ところが意外と進みが速く、15分待ちくらいで入場できました。なお金印(漢委奴国王印)も1列目(最前列)だけが更に行列になっており、更に30分待ちとのこと。小生はこの金印は見たことがあるので、行列はパスし、中に入ります。そこにどーんと薬師如来像があったのでそのまま1回の仏像から見ましたが、実はこの展示は3階までエレベーターで上がり、そこから階段を降りながらまわるようになっているようでした。失礼しました。17103106a


全部見て印象に残ったものは、
伝藤原光能像、伝平重盛像、伝源頼朝像、の3部作。大きい!3つ揃って見られるのはなかなかないそうですが、やはり頼朝の眼光が良い。後を継げなかった2代目、平重盛の目が何となく弱々しく見えるのは、思い込みでしょうか。
等伯の松林図屏風、やはりすごい。久蔵の桜図壁貼付は、金箔がくすんでいて思ったほどではありません。カタログなどではもっときれいなので、照明のせいでしょうか。同じ部屋の応挙の雪松図屏風の方がすごかったです。
日本書紀(岩崎本)。写本なのでしょうが、巻物だったのにびっくり。日本書紀と言えば、本になっているイメージがありました。

3回まで上がって、また降りながらつまみ食いで見て、ミュージアムショップは見ただけ。昔だったら出展目録を買っていたところですが、そろそろ人生店じまい期になっているので、買わずに帰りました。

「ひかり」は1時間に1本しかないので、ド○ールでテイクアウトでコーヒーとお菓子を買い、そのまま帰りました。天気に恵まれて、良かったです。これが11月も下旬になると紅葉シーズンと重なるので、ものすごい人出になるでしょう。なお今日は入りませんでしたが、レンガ造りの本館は赤坂離宮を設計した片山東熊の設計になるものです。

2017/10/28

スバルの無資格検査とISO9001

2017年10月28日

まず断っておきますが、小生はスバルとは何の関係も無いどころか、スバルの車を運転したことさえありません。
スバルでも無資格検査の話が新聞に大きく出ていました。この話の細かいところを読んだとき、「30年前からやっていた。」と書いてありましたが、実は「30年前から変えていなかった。」のだと気がつきました。30年前はこのやり方は当たり前で有、違法でも何でもなかったのです。

スバルの場合、検査は無資格とは言え現場で経験を積み、OKと認められた人が検査をやっていました。OKと認めるのはおそらく現場の班長で、それこそ、「俺が認めたのだから良いのだ。」という世界です。昔の日本の製造現場は、皆そうでした。本社より、現場が強かったのです。

これが30年ほど前にISO9001が導入されるようになると、検査をする人は登録された有資格者がやらなければならなくなりました。登録するのは大抵は本社の品質管理部門で、そうなると登録するための条件が何やら出てきて、場合によってはペーパーテストも必要になります。すると、現場ではしっかり教育も受け経験を積んだ実力ある人が、このペーパーテストで落ちたりするんですね。現場から見れば「本社が変な問題作りやがって。」ということになるんですが、本社に言わせると「検査員たるもの、このくらいは常識だ。」ということになるわけです。

昔の日本の製造現場はボトムアップで、大学出の設計者も現場のベテランには頭が上がりませんでした。ところがIS09001の考え方はトップダウン、それも生まれのイギリスの血を引いた身分制度がありそうなトップダウンで、現場の班長よりも大学出の新人設計者の方がえらいのです。ISO901は日本の製造現場を弱体化させるために欧米が押しつけたものではないかなど、一時は言われたりしましたが、ルールをうまく作らないと、本当に製造現場は弱体化します。例えば日本のお得意の「カイゼン」ですが、これも厳密に言えば製造仕様書と違うことをやるので、違法です。これは「カイゼン」の場合の試作の品質保証をやるやり方を別に定めておけば、可能です。この手間を省くと、後で問題になります。

これははっきり言って、手続きや書類上の問題であって、ものの本質には関係ないお役所仕事です。ところがこの30年の間に、世の中(特にマスコミ)がこのお役所仕事を当たり前として、「定められていないことをやった。違法だ!」と騒ぐようになってしまったんですね。まあ国際的にはISO9001のお役所仕事が常識として通りますから、仕方がないところもありますが。

スバルの場合も、品質上の問題ではなく、実力のある人が検査をして、その人が資格を持っていなかっただけなのですから、検査員の認定制度上の問題です。ただ車の場合はお役所中のお役所たる国土交通省の代行検査の部分がありますから、お役所仕事をしっかり守らないといけなかったですね。

2017/10/24

スカイビューバス

2017年10月24日S03img_30751a


10月から、岡電バスの岡山駅-後楽園間の直行バス用として、スカイビューバスというのが走り始めました。その名の通り、天井がガラス(実際はアクリルかポリカーボネイトと思われます)張りになっており、空が見えるバスです。走行区間の桃太郎大通りは歩道橋やオーバーブリッジはおろか電線すらなく、空の眺めは良いはずです。S03img_30911a


改造車で、中型車(9m級)のS03が当てられました。岡電の中型車は、大型車の社内番号を持つもの(506など)と小型車の社内番号を持つもの(S06など)の両方があり、何でこうなっているのかわかりません。S03は元は神奈川中央交通にいた中古車で、板バネ、2ステップという条件の悪さから、S06,S07というエアサス、ノーステップ中型の新車が入ったときにクビになると思われていたのですが、改造によりまた檜舞台に戻ってきました。同僚のS04はすでに売却されています。S03img_31081a


天井の改造と同時に方向幕はフルカラーLEDに取り替えられ(電気食うだろうなあ)、側面方向幕には停車中は後楽園の風景を写しています。なお10月から、今までイコカとピタパだけだった岡電バスが、スイカやパスモも使えるようになりました。

上からの写真を撮りたかったのですが、営業走行区間は歩道橋など全くないため、回送を岡南営業所の手前でとらえました。

2017/10/02

東京から帰ってきました

2017年10月2日

昨日東京から帰ってきました。久しぶりに新幹線に乗って縦横のGを受けたせいか、あるいは人の多いところにいったせいか、多少疲れました。洗濯のために(自分でやるわけではないですが)帰ったみたいなもので、4日にまた東京に行きます。

写真展は会場の初っぱな、会長の挨拶のあとに飾られているせいか、あるいは下の入口のポスターにも同じ写真があるせいか、ともかく目だちます。いろんな方から「どこで撮った?」「どうやって撮った?」「特殊な撮り方?」など質問を受けました。単に海岸で300mmのズームで手持ちで狙っただけ、ISO400、シャッタースピード1/1000で、あとはカメラ任せです。デジタル補正も一切無し、トリミングだけです。タイミングも連写で撮って、その中の良いのを出しただけ、「ここしかない」という絶妙のタイミングですから、「狙った!」と言えれば良いのですが、みんな小生はそこまでの腕がないのはよく知っていますから(^_^;。

懇親会場では、某鉄道雑誌の編集長を紹介されました。有名編集長は定年退職され、そのため「編集長敬白」のブログも終わっていたんですね。

東京にいるときに旅行用のノートパソコンがおかしくなり、具体的にはスタートメニューが立ち上がらなくなり、東京では再起動をかけると直後は立ち上がっていたのですが、とうとうそれも効かなくなりにっちもさっちもいかなくなったので、初期化することにしました。最初は設定を残した初期化のつもりだったのですが、その初期化もエラーで失敗してうまく行かず、全面初期化になりました。東京に行くまでにメールソフトのインストールまでは持って行きたいのですが、間に合うかな。

2017/09/29

東京に出てきました

2017年9月29日
Dscn2176a

今日東京に出て来ました。病み上がりなので体力のことを考え、割引のない「のぞみ」です。

東京に出てきて感じるのは、電車が4ドアロングシートであること。岡山の標準は、3ドア転換クロスです。そして、駅の進入速度が速いこと。運転間隔が詰まっているので、どの電車もブレーキをかけるのをぎりぎり遅らせ、そこからフルブレーキです。せわしないと言えば、せわしないです。

まずは、ビルの中に電車が入っている池袋の藤久ビルへ。渋谷のハチ公のような名所にしたいというのがオーナーの弁ですが、確かにこれは目立ちます。方向幕の行き先は、定期的に変わっているようです。Dscn2180a


それから写真展の会場へ。小生の写真は、入ってすぐの会の挨拶の隣に飾られていました。しかも全紙。入って挨拶したら、「おー。今回の主役登場。」どこでどうやって撮ったのかの質問が多いそうです。単に手持ちの望遠レンズで、海岸で撮っただけなんですけどね。天候待ちで5回くらい通いましたが。下手したら、明日の懇親会でスピーチさせられます。日程を変更して出席にしておいて、良かった。

明日はいろいろ来客が多そうですが、今年から開場時刻が変更になり11時からになったので、バッティングしそう。

2017/09/28

写真展開始

2017年9月28日17092701a


今日から、四ッ谷のポートレートギャラリーで写真展が始まりました。小生は明日東京に向かいます。30日(土)は会場にいます。この写真に写っているポスター(スターのブロマイドではなく、表の看板)、小生の写真なのですが、これ1枚欲しいなあ。余分はないかな。

先週あたりから喉が痛く、一昨日には久しぶりに熱が出て、医者に行って風邪薬と抗生剤をもらってきました。行きつけの、いつもペニシリン系の抗生剤を出す先生です。おかげで熱も下がり、今日も練習です。家での練習も、3日ほど休みました。今日は少し大人しめにしておきます。

より以前の記事一覧

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ