2020/01/20

お年玉付き年賀葉書

2020年1月20日

お年玉付き年賀葉書の当選番号の発表がありました。小生のところは、切手シートが当選確率の端数切り上げの枚数で当たりましたから、上出来です。

今年は、特等としてオリンピックの入場券が当たります。開会式閉会式は共に2枚(ペアチケットだから、2組と言うべきか)。これはオリンピック寄付金付きの年賀葉書に限ります。小生も何枚かこのオリンピック寄付金付き葉書をもらいましたが、当然外れです。いや、切手シートが1枚当たりました(^_^;。

ところがこのほかに、特等第3位として競技観戦ペアチケット+旅行券が当たるのですが、これが面白い(不思議な?)組限定なんですね。今日年賀葉書をじっくり見ていて改めて気がついたのですが、番号に書いてある組、この組み分けがわかりました。まず従来からある寄付金付きの年賀葉書、これがA組です。そしてオリンピック寄付金付きと、何でも無い普通の年賀葉書(インクジェット紙も含む)がB組。さらにディズニーがC組です。そして競技観戦ペアチケットの抽選対象はB組だけでした。こういう話は、年賀葉書を買うときには聞いていなかったですね。

ディズニーが抽選対象外というのは、まあわかります。しかし寄付金付きが抽選対象外というのは、どう考えても変な気がします。まあ小生が買って出したのは普通のインクジェット紙のB組だし、当選確率は1000万本に1本ですから、関係ないことですが。

2020/01/19

バスビジョン

2020年1月19日

 

バスビジョンというソフト/アプリがあります。スマホにインストールしておけば、次のバス/路面電車が何分後に来るか、すぐにわかるというシステムです。車両にGPS端末を積んで、運行ダイヤと運用表をサーバーに入力すれば、所定の時刻とその違いが出るという、運行管理者にも、乗客にも使えるシステムのようです。このアプリがあることは知っていたのですが、実際に使っているところは、時刻表など要らないくらいに頻繁にバスが来るところか、何分遅れだろうが待つしか無いところなので、必要性を感じませんでした。小生のスマホ端末は、SIMカードを入れてないWi-Fi専用機だし。7102img_327341a

 

ところがひょんなことから、このソフトは車両個体の運用まで表示することがわかりました。小生のように、岡電の電車/バスの全車両を撮ろうと構えている人間にとっては、今まで使わなかったのがあほみたいなソフトです。さっそく、「乗降中」表示が付いてからの写真を撮っていなかった7102号が東山線の運用に入っているのを確認し、写真を撮ってきました。駅前の写真ばかりになりますが、「乗降中」が点灯している写真を撮ろうとすると、途中の停留所は通過することがあるので、撮れない可能性があるのです。

 

このソフト、車両の一覧で見ると、今日運用に入っている車両、入っていない車両(車庫で昼寝中)が一目でわかります。気になった車両があったので社番を入力してみたら、「該当車両が存在しません」。これは廃車になったのか、それとも長期入場でシステムから落とされたのか。新車は出てくるのでわかりますが、廃車は情報が入らないので、車齢と組み合わせれば廃車情報になるかもしれません。

 

さあて。JRの運行情報もあるし、スマホにSIMカードを入れることを考えるかなあ。

2020/01/11

ナイキエアフォース1

2020年1月11日

2009年ですからほぼ10年前に、小生は足底腱膜炎になりました。原因は硬い靴で長時間立っていることで、整形外科から勧められた対策は靴には柔らかいインナーソールを入れるというものですが、スニーカーはナイキのエアーになりました。その後エアーの中で合成皮革で真っ黒、ちょっと目には革靴とわからないものを見つけ、それ以来その靴を履いています。なお足底腱膜炎の方は、一番痛かったときは痛み止めの塗り薬なども使ったのですが、後は対症療法、お風呂の中での足底のマッサージとナイキのエアーで再発を防いでいます。

そのナイキの靴、東京にいたときはA○○マートの店頭にあったのですが、岡山に来たら同じA○○マートでも取扱がなく、店頭の端末で通販を申し込む羽目になりました。まあずっと履いている靴ですから、サイズさえ合えば問題はありません。こういうところは、「田舎では手に入らない」というものが未だにありますね。岡山は田舎です。

そろそろ買い換えと思って調べてみたら、在庫がありません。いろいろ調べてみたら、小生が履いていたのはナイキの「エアフォース1」という国際的な人気製品だったということがわかりました。それが製造終了で、一部ではちょっとした騒ぎになっています。中には、並行輸入品の予約を募るサイトもありました。

今回東京に来たので、昔の行きつけだったA○○マートに行って聞いてみました。店員さん(女性)が丁寧に調べてくれて、製造終了か中断かはわからないものの、現在は入荷がないそうです。そしてサイズも合わせて、川崎の店での店頭在庫を見つけてくれました。「川崎に行けますか?」と言う問いには二つ返事でOK。在庫の取り置き手配もやってくれました。

そして昨日(10日)、横浜から川崎に回って、買ってきました。ナイキの315122-001、小生にとっては多分最後の製品ですね。次はどうしようか。ミズノあたりのスニーカーに柔らかいインナーソールでも入れるかなあ。

2020/01/10

浦島太郎

2020年1月10日

横浜まで出かけました。横浜には毎年行っていたと思ったのですが、

○途中の長津田で東急の車庫を見たら、あちこちの2020シリーズだらけで、8500系が全く見えなかった。→ラッシュで出払っていただけだと後でわかる。
○横浜線から東横線への乗り換えが、地下道(と言っても降りるのは地平まで)から跨線橋に変わっていた。元々の高架線の横浜線の上を越すので、ものすごく高い。菊名で下車するときは、どうするのだろう。
○東神奈川にホームドアができ、8両編成が止まるときの停車位置が変わっていた。→横浜線の3本並びの時、頭が揃わなくなった。
○JRの横浜駅からダイヤモンド地下街に出るには、一旦地上に出てまた潜らなければ行けなかったが、直通の通路ができた。なおダイヤモンド地下街という名前はなくなり、ジョイナスになったらしい。元々の(相鉄前の)ジョイナスはそのままなので、ジョイナスがやたら広くなった。

いやあ、ちょっと目を離している間に、変化の速度が速いです。もっとも、岡山も建築ラッシュなので、いろんなものができつつありますが。

おまけ。工事中だったグランベリーモールも、グランベリーパークとしてオープンしているらしいです。
JRの町田駅には4番線だけホームドアが付いていましたが、改修のため一旦撤去するそうです。それも明日(11日)の終電後です。

2020/01/09

東京に来ています

2020年1月9日Dscn2859a

 

東京に来ています。明日から、新年会が2つです。こうやって新年会のために東京に出てくることがいつまで続けられるのか、経済的にも体力的にも心配なのですが、今のところOKなので、OKの間は続けようかと思っています。
「のぞみ」で来たのですが、岡山を発車したとたんに「右手に岡山城がご覧になれます」という観光アナウンス、当然姫路城でもあり、明石海峡大橋まで案内がありました。まあこのあたりは観光に熱心なJR西だからと思っていたら、富士山の案内もちゃんとありました。

 

昨日は風が強く、岡山でも瀬戸大橋を渡る鉄道は運休になっていたのですが、そのせいで今日はくっきりと晴れ上がり、よく見えるんですね。浜名湖越しに富士山が見えるポイントがあり、いつもはなかなか見えないのですが、今日ははっきり見えました。また東京に着く前に行く手に雪をかぶった連山が見えたのですが、あれはどこなのか、不明です。房総の山なのかなあ。

 

写真はおなじみの、富士川鉄橋からの富士山です。

2020/01/06

第104回院展

2020年1月6日

 

院展に行ってきました。東京では「秋の院展」と言われるもので、秋に東京を出発した全国巡回が、岡山ではちょうど新年(1月2日から開催)にあたります。岡山では新年の風物詩になっていますが、最近は小生も毎年行っています。
2020002a 小生は、美術館に行くことはあまりありません。絵が嫌いというわけではないのですが、どうも苦手なんですね。姉が二人とも一時は美大をめざすくらいに絵がうまく、小中学校を通して美術担当の先生から「上二人はうまいのに、お前はなあ。」と言われ続けたせいかもしれません。

 

院展に通い出したのは、すごくリアルな作風のものを見たからです。写真のようで、写真では出せない味わいがある。そんな絵にはまってしまいました。しかし実を言うと、鉄分も多いのです。今回は、小田野尚之「遠ざかる音」、藤原弘文「望郷」、佐々井英祐「時刻」と、3点も鉄道を題材にした絵がありました。佐々井氏の「時刻」、無人駅になった古い駅舎ですが、雰囲気が良いです。藤原氏の「望郷」は宇野線(瀬戸大橋線)の115系、鉄研のH氏が撮りそうな構図です。

 

小田野氏の「遠ざかる音」は、縦2m横4mくらいある大作です。解説と絵から、2001年に廃線になった名鉄谷汲線だということがわかりました。単行の電車は、モ752,755,758,759の中のどれかです。この構図、この大きさだから生きてくるので、写真の全紙にしたら電車が小さくなりすぎるでしょうね。写真にするのだったら左側2/3だな、と思っていたら、その2/3の構図のクリアファイルを売っていました。小田野氏の絵は山の緑がきれいで、この絵の緑もきれいでした。

2020/01/05

保湿マスク

2020年1月5日

土曜日(4日)の朝から、喉が痛くなっていました。正確に言うと、明け方に目を覚ましたとき、喉がすごく痛かったのです。原因はわかっていて、口を開けて寝ていたのです。

小生は大抵、横を向いて寝ています。ほとんどの場合、右が下です。子供の頃読んだ学習雑誌に、「胃の出口は右側にあるから、右を下にして寝た方が胃のためには良い」と書いてあったのを未だに守っているのか、肝生検のあとずっと右を下に寝させられていたのが染みついたのか、理由はわかりませんが、右を下にして寝た方が落ち着きます。

ところが、寝ている間に上を向くと、これまた大抵口を開けます。副鼻腔炎その他で鼻の通りが悪いのだろうと思うのですが、口を開けます。するとまた大抵、喉をやられますね。いびきもかいていると思うのですが、これは自分では聞こえないのでわかりません。口を開けて寝ているとそのうち舌が喉の奥に落ち込んで、息が詰まります。すると苦しくなって目が覚め、これがひどくなると睡眠時無呼吸症になるのですが、小生のはまだ「症」にまでは行っていない、と耳鼻科の先生に言われました。

喉が痛くなってそのまま治らずに全身症状に行くと、風邪です。その時喉の周りに変なウイルスがいると、風邪ではなくインフルエンザになります。のど飴に市販の風邪薬を飲みましたが、治りません。お医者さんは6日ならないと開かないし、まずいなあと思っていました。

そこで、暮れの「第九」の練習皆勤賞の賞品で、「保湿マスク」なるものをもらったのを思い出しました。発熱剤も組み込まれていて、そのマスクをして寝ると保湿に保温効果もあるというものです。使ってみました。何と、翌朝(日曜日)喉の痛いのが治っています。喉の保護のためにはマスクをして寝た方が良いというのは聞いていましたが、ここまで効果があるとは思いませんでした。

ただこのマスク、多分好き嫌いははっきり出るだろうし、人によってはかぶれたりするかもしれませんね。万人向けではないと思います。小生は良かったので、1箱買ってきました。3個入りで450円、1個150円です。わりと良い値段の賞品でした。

2020/01/04

岡山神社の絵馬

2020年1月4日
20010402a 岡山神社に行ってきました。岡山神社は、毎年干支にちなんだ変わった絵馬を飾るところなのですが、今年の絵馬は何と米俵です。それに小さな白ねずみの絵馬を参拝客が一つずつ奉納し、だんだんねずみが増えていく、という仕掛けです。ちなみに、ねずみの奉納金は300円です。

 

明日からは寒くなるそうですが、今日までは穏やかで暖かく、良い散歩日和でした。

2020/01/02

謹賀新年

2020年1月2日

 

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

岡山に来て、5回目のお正月を迎えました。早いものですね。昔のブログを見てみたら、毎年いろんなことが起こっているものの、2017年は個人的に悪いことは起こらず、良い方の出来事だけでした。第九のオーディションを受けて受かって、生まれて初めての「皆勤賞」をもらい、写真展の「表紙」に採用され、写真を熊本で初展示など。冥土の土産がたくさん集まりました(笑)。

 

今年は、良い事件が起こることより、悪い事件が起こらないことを願います。個人的なレベルでの話ですが。
16010506a すでに決まっている今年の予定は、
1月:東京で大学時代の鉄研の新年会に、久しぶりに出席
2月:大学時代の合唱団の同期会、今年は熱海で一泊
3月:ヴォイストレーニングの発表会。男性パートソロ(2人で)があるので、今から練習!
5月:熊本で高校の同期会+芸術祭に写真の展示。どれを出そうか
11月:東京で鉄研の写真展(中止の可能性もあり)。
9月~12月:第九の練習。今年も参加する予定。
これに、泊まりがけの旅行を2つか3つ。

 

こうやってみると、結構ありますね。定年後の男性には「きょういく」と「きょうよう」(今日行くところがある、今日用事がある)が大事だと言いますが、何とかなっている方でしょう。

 

今年が皆様にとって、良い年でありますように。写真は岡山らしく、備前焼の狛犬(宗忠神社)です。

2019/12/31

今頃CDプレイヤー

2019年12月31日

圧縮音源が当たり前になっている今頃、ポータブルCDプレイヤーを買ってしまいました。昔で言えば、ディスクマンというものです。ディスクマンと言いながら、そのソニーはとっくに生産を終了しています。調べてみたら、オーディオで名をはせた会社、パナにビクター、パイオニアと言ったところは、造っていません。あったのは、オーム電機となぜか東芝。ビ○クカメラの店頭で見てみたら、東芝のはオーディオと言うより語学学習用みたいですね。語学学習のCDも出ているのでしょう。オーム電機の、一番シンプルなもの(リモコン機能無し)にしました。

何で今頃CDプレイヤーかというと、手持ちのCDをじっくり聞いてみたくなったのです。今のスマホを初めとする音楽プレイヤー(小生のは、アンドロイドウォークマン)は、クラシックを入れると必ず楽章ごとに切れ目が入ります。これがCDだと切れ目が入っても音には影響しませんが、スマホなどははっきり音が切れます。そうすると、楽章を続けて演奏するような曲は、ぶちこわしになるんですね。特にベートーベンの交響曲5番(運命)。3楽章から4楽章にかかるところ、ppから盛り上がってfになるところでぶつっと切られるので、生だったら「金返せー」というところです。

さてこのシンプルな製品、ACアダプタは4.5V仕様ですが、ACアダプタが付属していません。まあ遊んでいるACアダプタはたくさんあるので、ACアダプタ無しで買ってきました。ところが手持ちのものは、みんな5Vです。これはUSB給電が5Vなので、最近のものはそれに合わせてあるみたいなのです。4.5VのACアダプタがあるかどうか調べてみたら、少数ですがありました。メーカーを見たら、オーム電機(笑)。

内部回路は3.3Vのはずなので、おそらくDC-DCコンバータ(「デデコン」と言うらしい)を内蔵しているはずで、4.5V仕様と言うことは5Vはぎりぎり何とかなる範囲です。実際は±10%だと最高4.95Vなのでアウトですが、日本製の石を使っていたら平気です。しかしこのCDプレイヤーは中国製だし、もし壊れても保証の範囲外になるので、おとなしく4.5VのACアダプタを追加で買いました。

実際に聞いてみると、ヘッドホン(イヤホン)の差がはっきり出ますね。手近にあるものをいろいろ試してみたところ、クリアに聞こえる(高音部まで再現性が良い?)ものほどホワイトノイズが乗ってくるようです。このホワイトノイズ、2K円級のCDプレイヤーだったら、仕方が無いところなのでしょうね。アンドロイドウォークマンに付いていたソニー製のインナーヘッドホンが一番良い音がするのですが、ホワイトノイズも一番大きいです。結局バランスを考え、テレビを聞くのに使っているパイオニア製のヘッドホンを使っています。

さて、今年も残すところあとわずかになりました。小生も、いろんなことがあった一年でした。皆様には、いろいろお世話になりました。どうぞ、良い年をお迎えください。

より以前の記事一覧

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ