2018/10/22

吉備津彦神社の流鏑馬と備中高松城址

2018年10月22日

昨日、吉備津彦神社の秋の例大祭に行ってきました。ここでは、流鏑馬が奉納されるのです。Img_67151a

流鏑馬に使われる弓は当然和弓ですが、写真を見ると、握り方が違っていました。和弓はアーチェリーの弓と違って握りがまっすぐなので、手首を伸ばした状態だと弓には手のひらは当たりません。そこで人差し指は軽く伸ばし、残りの3本と親指で親指の付け根で支えるような持ち方をします。しかし写真では、人差し指も含めてしっかり握って手首を立てて手のひらを握りに当てて握っていました。右手の構えは肘を水平にして矢の位置も弓道の基本通りだったので、左手の握りだけが流鏑馬独特のやり方なんでしょうね。Img_67061a


さて、珍しくカミさんと一緒に吉備線(桃太郎線)に乗り、吉備津彦神社へ。吉備津彦神社は桃太郎(のモデル)を祭ってありますがこぢんまりとしており、隣の駅の、鬼(のモデル)を祭ってある吉備津神社の方が大きいです。鬼を鎮める方が、大事なのでしょう。吉備津彦神社の狛犬は(岡山市内では「も」と言った方が良いでしょう)備前焼です。Img_67081a


流鏑馬には2頭の馬が出走する予定でしたが、残念ながら1頭の馬は観客に興奮したのか走れる状態ではなく、走ったのは1頭だけでした。それでも4回走ってくれたので、堪能できました。ともかく、速い。目の前を通り過ぎるのは一瞬で、とても握りや構えを確認する時間はありません。そして引き絞るのは一瞬ですね。的の横を通り過ぎる瞬間に、やや後ろ向きに放っていました。Img_67181a


お昼には終わったのでカミさんと別れ、備中高松城址を見に行きました。ここは羽柴秀吉の水攻めで有名なところですが、城の遺構は何も残っていません。秀吉が築かせた締切堤防が、城から離れたところにごくわずか残っています。ただここで培われた締切堤防の土木技術が、その後の児島湾の干拓に生かされています。児島湾の干拓が本格的に始まったのは安土桃山時代で、今の岡山平野はほとんどが干拓地です。Img_67311a


備中高松城址には清水宗治の首塚はありますが、石垣などはありません。水攻めの後で廃城になったかと思っていたのですが、城自体は引き続き江戸時代まで使われ、一国一城令によって廃城にされたみたいですね。城址公園として整備されたときに沼も復元されたのですが、その沼には眠りから覚めた蓮が自生しています。真夏に花が咲くそうです。Img_67291a


2018/10/10

準確定申告

2018年10月10日

予定より1ヶ月早く(「普通だと」と言われた月より、2ヶ月早く)、義兄の準確定申告用の源泉徴収票が年金事務所から送られてきました。そこで早速準確定申告を作成しました。死亡後4ヶ月の提出リミットに、間に合いました。

準確定申告には国税庁の確定申告作成ページ(いわゆる、国税庁マクロ)が使えます。ただそのままではダメで、名前の前に「被相続人」と入れることと、年度を訂正したり、確定申告の前に「準」と書き込んだりする必要があります。ただ基本の計算は、そのままですね。

計算した結果は、納税額も還付額もゼロ。つまり確定申告は不要なのですが、カミさんが不動産を相続したので、申請しておきます。メインは、付票の方ですね。相続税もかからない範囲なのですが、これから登記情報を見ればすぐに詳細がわかるので、余計な詮索をされずにすむはずです。

これで一つ、片付いた。

2018/10/06

東京に来ています

2018年10月6日

東京は町田に来ています。昨日は山形で高校の同期会主催の芋煮会、今日は東京(代々木)で高校の同期会でした。熊本の高校の同期会が山形で芋煮会とはですが、山形の嫁いだ同級生がいて、実現しました。19人も集まったので、写真を地元の新聞(山形新聞)に投稿すれば、必ず載ります。

ASUSのタブレット型ノートパソコンを見に、ヨ○バシの町田店に行ってきました。ところは在庫はあるのですが店頭展示外商品のため、見せてくれませんでした。ネットでも注文できるのですが、一度しっかり見てみようと思ったものです。仕方が無いので、明日は予定より早くホテルを出て、新宿西口の本店に行きます。

2018/10/04

山形に来ています

2018年10月4日

山形に来ています。山形新幹線にこの前乗ったのはまだ会社にいるときでしたから遅くて2014年、4年前ですね。2001年、2002年頃は、月3回乗っていました。

岡山から東京まで、3時間半弱、そして東京から山形まで3時間弱。東京駅での乗り換え時間も含めると、6時間半かかります。ふた昔前(3昔?)の東京大阪間と同じ所要時間ですから、速くなってはいます。ただいい加減くたびれます。

東京駅でE3系に乗り込み、残念ながら1000番代の生き残り(L53編成)でしたが、背ずりと座面が独立して動くシートに間接照明、「東日本だあー」という感じです。シートは、N700系のものより柔らかいですね。

明日は、芋煮会です。多分これが最後になるだろうという思いで、はるばるやってきました。台風が近づいていますが、明日は晴れそうです。

2018/09/24

中古のスマホ、続き

2018年9月24日

先日、ソニーの中古スマホを買ってきてウォークマン代わりに使い始めたという話を書きましたが、今度は写真の閲覧をやってみることにしました。以前は会合の度に最新の写真を2l版にプリントして持って行っていたのですが、これはプリント代がたまりません。パソコンのプリンタでできるとは言っても、写真画質の印刷用紙は、結構高いんですね。Aなぞ最近は普通紙に印刷しています。タブレットでもあればそれに入れて持って行くのですが、最近のタブレットは、これぞというのがありません。Windows10にアップグレードしたら基板が故障してしまって、修理代が高いので捨ててしまったYOGA-Tablet、今考えれば35K払っても修理して置いた方が良かったようですね。B5サイズでキーボード分離型のWindowsタブレットというのは、今は存在していないと思います。

スマホの画面は小さいですが、まあ「こんなのを撮ったよ。」という話題作りにはなります。スマホへの転送をどうやろうかと考えたのですが面倒なので、マイクロSDカードを買ってきてそれにパソコンからコピーし、それをそのままスマホに入れました。Windowsでもアンドロイドでも、JPEGはJPEGと認識してくれるから助かります。ところが、各旅行先毎にホルダー分けしたのに、プリインストールされている「アルバム」アプリはホルダーを全く無視します。やっぱりアプリを探さなければダメのようです。

それで候補になったのがSceneとQuickPicだったのですが、単純に見るだけだったのでQuickPicにしました。QuickPicを作っている(と言うより、買収した)中国の会社はあまり評判が良くなく、スマホの内部データを勝手にあさって中国に通信するという噂もあるので、1回アンインストールして旧版(買収前の最終版Ver.4.5.2)に入れ替えました。機能は申し分なく、思った通りの写真提示ができます。

こういう操作、持っているアンドロイドウォークマンに比べると、実に動きが速いです。ひょっとしたら、アンドロイドウォークマンが悪すぎたのかもしれません。あまりに簡単に連絡先が出てくるので、落としたときの用心のために画面にパスワードロックをかけました。ぼうっとしているとすぐにロックがかかってしまうのでやりにくいですが、安全のためです。

最近スマホの無料アプリの「勝手に課金」が話題になっています。無料だと思っていたら、「ここから先は有料」とお金を取られてしまうんですね。小生はその課金がどういうシステムになっているのかわかりませんが、小生はこの中古スマホにはSIMカードを入れていません。そのため通話もデータ通信もできないわけですが、Wi-Fiだけで用は足りています。こういうものの課金は、どうやるんでしょうね。ただWi-Fiだけでもウイルスは入って来る危険がありますから、ウイルス対策ソフトは入れなければいけません。そろそろ、入れよう。

2018/09/12

東京と岡山

2018年9月12日

東京での仕事(と言って良いのかな)が全部終わり、昨日帰ってきました。7月に急遽警察に呼び出されたときから始まり、小生たちが上京する度になぜか猛暑。葬式も、納骨も、猛暑でした。さすがに9月になったら猛暑はないだろうと思っていたら、仕事の最中の10日は暑かったですね。片付いた11日はずっと涼しくなり、1枚羽織って出かけました。

帰ってきた昨日は岡山は暑かったのですが、今日は気温がぐっと下がって最高24℃。さすがに羽織って出かけたら、結構暑いんです。気温は低いはずなのに、まだまだ熱気が残っている感じで、半袖でちょうど良かったですね。やはり東京より一段暑い感じがしました。

東京から岡山に帰ってきて感じることは、岡山の車は止まらないことです。交差点で待っていても、車が止まってくれることはありません。横断歩道を渡っていても、目の前を突っ切る車がいるくらいです。東京では交差点でなくても、道路を横断する向きに立っていると、車は止まってくれます。東京のつもりで岡山で道路を横断しようとすると、危険ですね。まあ岡山は日本一運転マナーが悪い県と言われていますが、否定する材料は見当たりません。東京の皆様、岡山を訪ねるときは車にご注意下さい。18091101a


その東京で、予定をゆっくり目に組んでいたおかげで11日は時間が余り、旧新橋駅に行ってきました。黒岩保美没後20年展をやっていたからです。黒岩保美氏は旧国鉄の工業デザイナーで、151系「こだま」や20系「あさかぜ」のデザインをされています。昭和30年代から40年代にかけて次々登場した国鉄の新型車両は、構想:星晃、デザイン:黒岩保美のコンビで造られたものが多いですね。機関車に付けるヘッドマークのデザインも多く、「ゆうづる」は秀逸ですね。

汐留の再開発が出来てから初めて行きましたが、上は高層ビルの間を新交通システムが走り、下を見れば地平を歩いていたはずがはるか下にテラスがあったり、「ここはどこ?」状態でした。田舎者になったなあ。東京にいた頃も住んでいたのは町田の外れでしたから、十分田舎者でしたが(笑)。

2018/09/10

何とか片付きました

2018年9月10日

昨日から東京に来ています。最後の片付け、ついでに金融機関回りです。片付けの方は、これですっかり片が付きました。処分の話も付き、一段落です。小生はまだ準確定申告がありますが、これは源泉徴収票が送ってくるまでどうしようもないのでしばらく待ちで、その間に遊びの予定を入れています。

金融機関ですが、金額が少ないので簡略化した方法を取ってくれたのですが、それでも何枚もの書類に名前を書いて判子(実印)を押して。名前を書いたのはカミさんですが。これだけ手間をかけても更に内部審査に時間がかかるので、後日の振込です。そのため、振込手数料が差し引かれます。

その後カミさんと話し合ったのですが、残った金融機関、その中には簡略化した方法ではやらないところもあるし、預金額の残高もごく少額なので、もう一度残高を確認し、ごく少額のところは相続手続きをやらずに放棄することにしました。

ただ放棄と言っても、正式に放棄するとなるとその手続きがまた面倒なので、黙って何もしない状態になります。

2018/09/01

中古のスマホ

2018年9月1日

長いこと使っているアンドロイドウォークマンの電池がへたってきたので、電池交換を考えました。ところが電池交換は修理扱いでメーカー返送で、その時に中のメモリーは全部消去されるんですね。音楽プレイヤーのウォークマンでメモリー全消去というのは買い直しと同じなので、本来は新型に買い換えるところなのですが、すでにアンドロイドウォークマンというもの自体がありません。このアンドロイドウォークマン、ソニーのスマホから電話機能を除いただけで、Wi-Fiはあります。それならソニーのスマホの中古を買ってウォークマン代わりに使うことにしました。

スマホの中古は、ブ○クオフなどに大量に並んでいます。ただしこれが、全部SIMロックがかかっているんですね。Wi-Fiだけでしか使わないのならSIMロックでも問題はないんですが、「ひょっとしたら」でデータ通信くらいはやる可能性があるので、SIMは使えるに越したことはありません。それでいろいろ調べたら、UQモバイルがAUの電話機をそのまま使えることがわかりました。

そして今度はソニーの端末で、どの時代のものがそのままUQモバイルで調べたら、時代を遡っていくと、最近のものはOKで、それからしばらく使えず、また古いものは使えます。アンドロイドの5.0あたりが使えないところに引っかかっているようですね。それでその前の機種、具体的にはXPERIAのSOL26というタイプを17Kで買ってきました。

そしてWi-Fiの設定をして、GOOGLEのIDを放り込んだら、繋がりました。住所録は、そのままでOKです。そしてジョルテをインストールしたら、予定表も見事に反映です。これで少なくとも昔の電子手帳以来使っていた予定表機能は、カバーです。

肝心の音楽プレイヤー機能ですが、同じソニーなのに、ウォークマン用の音楽転送ソフト、古くはXアプリ、最近のはMusic Center for PCどちらも、スマホに使えないんですね。いろいろ調べたら、「USB接続でファイルをそのまま転送しろ」。その通りにしました。ところが、ウォークマンはアルバム単位で音楽ファイルが構成されているのに、全部ばらばらです。再生したら聞けたので、音楽ファイルとしては認識しているようなのですが、アルバムの認識機能がないですね。自分で再編集しなければいけないのか、それとも、別のモードがあるのか、調べます。アンドロイドウォークマンの引退は、まだ先になりそうです。

9/2追記です。
「ウォークマンアプリ」というものがあって、これを使うとウォークマン同様、アルバム対応していることがわかりました。いろいろ見ると、本来はプリインストールのようですが、ありません。結局PLAYSTOREからインストールし、インストールしたらアルバムで選択できるようになりました。一部文字化けがあるのをどうしようかと考えています。

2018/08/30

準確源泉徴収票

2018年8月30日

昨日、年金事務所に行ってきました。着いたら「30分待ち」の表示があったのでのんびり申請書を書いていたら、書き上がる前に呼ばれました。それから先の説明が長いです。こちらは単なる死亡届の提出に来ているので、記載事項と添付書類(除票のコピー)に不備がないか確認してもらうだけで良いのですが、まず未払い(未受け取り)年金の受領資格があるかどうかから始まり、生計同一とはどういうことかの説明まで、いや長かったです。結局「生計同一にあらず」というので死亡届だけだったのですが、何やら全体のシステムが、「同居親族がいて、年金はその親族が受け取る」ことを前提に造られているようです。

そのシステムのあおりを食ったのが準確源泉徴収票で、未受け取り年金の再振り込みでも受け取れないことを待って、その宙ぶらりんになった年金の取り消し手続き、それから総額の集計に入るので、11月に送れるかどうかは微妙なところ、おそらく12月の15日に発送とのことでした。

義兄が死んだのが7月19日でしたから、準確定申告の期限は11月19日です。12月に源泉徴収票が来たらとても間に合わないので、今日税務署に電話し、遅れるとどうなるのか聞いてみました。準確源泉徴収票の発行が12月になるというのには、税務署もびっくりです。「何でそんなにかかるんですか?」小生に言われてもしようがないのですが、一応宙ぶらりんの未受け取り年金の取り消し手続きをしてから集計するので、時間がかかる、と年金事務所の代わりに答えておきました。それで遅れるとどうなるかですが、税金の還付がある場合(払いすぎ)は特に問題なしですが、支払いがある場合(不足)はその分に11月19日から遅れた分追徴金がかかるそうです。元々の年収自体が少ないので、仮に追徴があっても、郵送料の方が高いくらいでしょう。

この準確定申告、元々年金しか収入がないので無理にこんな面倒なことをやらなくてもかまわないんですが(税法上は義務です。良い子は頬被りしないようにしましょう)、ボロ家とは言え一応不動産を相続しているので、これは申告しないといけません。元々相続税の基礎控除額のはるか下の物件なのですが、税務署は人の噂で税務調査に入ることがあり、ボロ家にいつの間にか尾ひれが付いて「億ション」に化けたらたまりませんから(笑)。

しかし生計同一の解釈も、変なシステムですね。説明では、別居していても、「定期的に援助していたり、ものを送ったり、あるいはまめに訪問していたり」と年金受給者を申請者が援助していたという前提で話が進んでいますが、現実は違うこともあり得るんですね。仮に3人兄弟で真ん中が年金受給者だとして、末弟はまめに訪問していて実はたかっていて、死んだ後は後始末や葬式すべて長兄が行ったとした場合、たかっていた末弟は同一生計者と見なされて未受け取り年金をもらえ、お金を払った長兄の方には一銭も来ない、ということなんです。まあ、たかることも同一生計の一つの形だ、と言われればそれまでですが。

2018/08/28

片付けが済んだら、年金の届け出

2018年8月28日

昨日、義兄の家の部屋の片付け、具体的には全家具の運び出し(廃棄処分)は無事終了しました。今回は大物が多いので、2t車2台になりました。作業の皆さん、暑い中お疲れさまでした。なぜか小生たちが上京するときは、東京が猛暑になるのです(;_;)。今回は全部の運び出しのためずっと立ち会う必要は無く、向こうから「埃がひどいので、どこか外で休んでいて下さい。」と言われ、近くのスーパーの中で涼んでいました。おかげで、楽でした。

今日は岡山で、まず企業年金から死亡一時金の請求用紙が送られてきていたので、その問い合わせです。結局わかったのは、死亡一時金も生計同一者でないと払わない、と言うことですね。死亡届だけ出せ、ということなのですが、死亡届は添付書類がコピーで良いので、プリンタでコピーを取って書類を書いて出すだけです。本当はこの手間も、郵送料もかかるのでやりたくはないのですが、準確定申告に必要な源泉徴収票をもらわなければいけないので、仕方無しです。準確源泉徴収票と言うんですね。電話で「じゅんかくげんせんちょうしゅうひょう」と言われても何のことやらわからず、2回聞き直しました。

厚生年金の方も、「源泉徴収票が欲しかったら、死亡届を出せ」ということでした。川崎市は、住民課だけに届け出を出せば、後は所内ネットワークで保険や年金の方にも連絡が行くので出していなかったのですが、やっぱり出せ、それも住民票除票の原本を持って来い、と言うことです。ただしこれは川崎まで行く必要は無く、岡山で良いというので、明日にでも行ってきます。川崎市の年金事務所には、川崎市のネットワークと、年金のネットワークの2本があり、年金のネットワークが優先で、川崎市のネットワークは無視されているようです。

岡山の年金事務所に行ったとき、おそらく「お前は何者だ(死亡した人とどういう関係だ)」という話になるでしょうから、原戸籍や戸籍謄本を持って行きます。取っておいて、良かった。

より以前の記事一覧

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ