2017/04/19

MSオフィスがいきなり

2017年4月19日

今日岡山駅前でバスの写真を撮っていたら、両備の新型ノンステップ車が入ってきました。それも2台。早速資料に書き加えようとしたら、エクセルが開きません。正確に言うと、エクセルは開くのですが「ライセンスされていない製品」との表示が出て、リードオンリーになっているのです。開くときにアカウントを聞いてくるのでマイクロソフトのアカウントを入れ、最後にはプロダクトキーを入れてもダメです。Windows10は数日前に大規模なアップデートがあったのですが、その後しばらくはエクセルは使えましたので、直接アップデートとは関係ないと思えるものの、その頃から毎回アカウントを聞いてくるようになりましたので、その影響かもしれません。しかしどうしようもないので、結局また富士通に電話することになりました。

マイクロソフトでライセンスを確認したら、きちんと登録になっています。原因は不明なので、オフィスを一旦削除し、再インストールすることになりました。ところが「別のバージョンのオフィスがすでにインストールされています」と表示が出ます。実は小生はピクチャーマネージャーをよく使っているのですがオフィス2013にはピクチャーマネージャーが付いていないので、追加でインストールしているのです。ところが小生がインストールしたのは64ビット版で、このパソコンにプリインストールされているオフィスは32ビット版だったんですね。これは揃えた方が良いというので、オフィス2010も削除しました。

現在のオフィスは常に最新版がサポートされているそうで、今度インストールするのはオフィス2016になります。それの32ビット版です。小生はてっきりオフィスも64ビット版だとばかり思っていました。

インストールして再度アカウントを入力したら、今度はOKで2回目からはアカウントを要求するページは立ち上がりません。その後、オフィス2010は富士通サポート外のため、ピクチャーマネージャーを、今度は32ビット版をダウンロード、インストールして現在は両方とも問題なく動いています。

このパソコン、買って以来トラブル続きで、最近やっと録画したビデオが消えなくなったのですが、まだちょこちょこ何か起こりますね。

2017/02/02

ときどきA3のプリンタ

2017年2月2日

エプソンのプリンタに「ときどきA3」というタイプがあり、連続給紙はA4までながら手差しでA3が印刷できる、そのため外形はコンパクト、という特徴があります。価格は25Kくらいなので、そのうちに買おうかな、と思っていました。型式は、EP-978A3です。

昨日歯医者に行く前に時間があったので駅前の家電量販店でプリンタを眺めていたら、「ときどきA3」がありません。カタログをもらって家に帰ってじっくり見たら、新型に変わっていました。型式は、EP-979A3です。新型に変わったときに、「ときどきA3」というキャッチフレーズを止めたみたいですね。

ところが価格を調べてみたら、何と35K前後!新型になったら、1万円も価格がアップしています。たまたま古いカタログもあったので比較して見たら、978A3から自動両面プリントもできるし、機能は全く同一です。何が理由で1万円も値上げしたんでしょう。政府の「デフレ対策」に呼応したとか、まさかね。ひょっとしたら出たばかりなのでこの値段で、しばらくするとまた下がるかもしれません。なおEP-978A3は生産終了で大手の量販店からは姿を消していますが、ネットだと流通在庫が手に入ります。

これがキヤノンだとA3ノビ対応のプリンタが27Kくらいで手に入るのですが、キャノンのプリンタはまだ一つ信頼できません。と言うより、A3のプリンタを買ったところで一体どのくらい印刷するかというところなのですが、ネットプリントでA3ノビで\2Kくらい、自分でプリントすると用紙とインクで1枚1Kくらいかかるので、30枚くらい以上印刷するのなら買った方が得、ということになります。これから先小生かプリンタかどちらかの寿命が尽きるまでにA3を30枚印刷、しないだろうな。やっぱりA3プリンタは買うのは止めます。

2017/01/22

パソコン更新顛末記(10)

2017年1月22日

昨年暮れにテレビソフトが勝手に初期化して撮ったビデオが全部消えてしまい、富士通で対処をしてもらいました。そしてビデオをまた撮って見ようとしたら、今度はソフトが起動しません。テレビソフトは起動し放送を見ることはできるのですが、そこからビデオ視聴に切り替えようとすると、切り替えた瞬間の画面で画面が固まってしまい、どうにもならないのです。その画面を解除するためにはテレビソフトの再起動ではダメで、パソコン全体を再起動しなければなりません。そして再起動すると今度は、ビデオに切り替えると画面が真っ暗になります。それでもテレビソフトを何回かON-OFFしているとみられるようになるので、何とか見ていました。ソフトの再インストールをやってもダメです。

そうこうしているうちに完全に起動しなくなり、富士通にまた電話しました。すると、ディスプレイドライバのバージョンが富士通推奨のものより新しすぎるとのことです。ディスプレイドライバは小生が更新したのではなくパソコンが勝手に更新したのですが、テレビ内蔵機の場合、テレビとの整合性が確認できているバージョンより新しくすると、おかしくなる可能性があるとのことです。それでディスプレイドライバのバージョンを戻しましたが、2階更新されているようで、一つ前までしか戻りませんでした。

すると今度は翌日、テレビソフトがまた初期化してしまいました。再度電話して今度はハードディスク内蔵の、買ったときのディスプレイドライバに戻し、ドライバの自動更新を停止にしました。富士通が新しいドライバに変えるときは、富士通の方から連絡が来るので、その時に変えれば良いとのことです。ちなみにNECのTV付きモデルにインストールされているのはスマートビジョンですが、スマートビジョンもWindows10になったら起動しないなどの不具合が報告されているようです。

この間のビデオをどうしているかというと、まだ処分していなかったWindows7モデルにテレビアンテナの配線を復活し(LANは元々繋いでいます)、Windows10モデルと併行して録画しています。Windows7モデルのテレビソフトはウインドウズメディアプレイヤーで、番組方が見づらく使いにくかったのですが、録画が消えるようなとトラブルは皆無なので(元々ある方がおかしい)、バックアップとして活躍しています。

これが1月8日頃の話で、それからしばらくは何事も起こらず、13日から16日にかけて東京に行ってきました。東京から帰ってきたら、パソコンに「テレビソフトとディスプレイドライバを更新しろ。古いままだとテレビが見られなくなることがある。」とのメッセージが出ていました。そこで各々30分かけてダウンロード、夜にダウンロードしたので回線が混み合っていて、時間がかかります。更新して、録画がちゃんと残っていることを確認しました。これが1月16日のこと。

翌17日に旅行中に撮りだめていた録画を見始めようと思って起動したら、見事に全部消えていました。チャンネル設定から消えた「初期化」です。その日は予備機の録画を見て(バックアップを仕掛けていて、良かった)、翌18日に富士通に電話をしました。さすがに富士通も小手先ではらちがあかないと感じたのか、「詳しい人間から電話をさせますから、電話を切ってお待ち下さい。」とのことで、向こうから電話がかかってきました。パソコンテレビの録画は、チューナーボードと本体のの両方に録画されているが、このアンマッチが原因だろうとのこと。そうすると原因は初期化したとき初期化できたのはWindowsだけでチューナーボードの初期化がされなかった(普通はやりませんし、やり方もわかりません)ことのようです。どうせ見られないからと、今まで残っていた録画は別ファイルへ、それからホルダーの削除も含めて大掃除になり、朝10時前から初めて食事休憩を挟んで(その間はテスト録画)13時前までかかりました。

それが今の状態で、それから何事も起こっていませんが、いくらお人好しの小生でも別の対応を考え、ソニーのnasneを買いました。実は富士通に電話をしたときはすでに発注しており、富士通での点検はTVソフト以外に異常が無いかの確認が主目的だったのです。nasneは外付け外録画(nasne内のHD)で、普通のビデオデッキのようにアンテナ線出力(スルー出力)端子を持っているため、パソコンのTVアンテナ線の前に繋いで両方を使うことができます。形状も外付けHDDの一回り小さい形なので、並べて置くことができます。なおnasneの録画は、小生のアンドロイドウォークマンで見ることもできそうですが、まだ確認はしていません。

これで安定して録画ができることが確認できれば、やっとWindows7のパソコンを処分できます。焦ることはないですが。

2016/12/29

パソコン更新顛末記(9)

2016年12月29日

パソコン更新顛末記(9)
このところパソコンは順調だったのですが、一昨日夕方、昨日撮ったビデオを見ようと思ってパソコンの電源を入れたところ、例によって起動に時間がかかり、またまた例によって画面が切り替わらないのでCtrl+Alt+Deleteを押したところ、画面は切り替わったものの「テレビのチャンネル設定ができいません。」のメッセージ、またテレビが初期化されてしまいました。当然撮ったビデオも、ファイルは残っているのですが他人が撮ったビデオと見なされ、見ることができなくなります。

この状態を確認してもらいたくて、富士通のPCコンシェルジェサービスに電話しました。先日のトラブル以来パソコンの中を点検してもらおうということもあって、有料ですが加入しています。そこで見てもらいましたが結論は、テレビのソフトも最新版で異常なし、見えなくなった録画ファイルを見る方法は無し、トラブルの原因は他のソフトとの干渉が考えられるが、これはほかのソフトを削除してみないとわからない、ということでした。パソコンをメーカーに返却して点検してもらっても、異常なしで送り返されるだろうし、現場に点検に行っても、こういうたまにしか起きない状態ではわからないだろうとのことです。そこで提案されたのが、小生が入れたソフトをウイルス対策ソフトを含めて全部削除して使ってみるということでしたが、その状態で20日間も使うのは何のためにパソコンを買ったのかわからないので拒否しました。最後は、「ビデオデッキを買うなり、こちらで何とかします。」という捨て台詞で終わりました。

捨て台詞は吐いたものの、実際にビデオデッキを置くとなると、デッキは置けてもモニター(テレビ)が置けないんですね。初期設定だけであとは録画予約も番組検索も全部LAN経由でできれば良いのですが、それが出来るかどうかはかなり調べなければいけないようです。小さな録画機能付きテレビを買う手もあるのですが、せっかく23型ワイドの画面があるのに、もったいないです。

翌日、気になったことがあったのでまた富士通に電話をしました。この初期化が起こるのは決まって起動に時間がかかり、画面が切り替わらないのでCtrl+Alt+Deleteを押したときです。その前に時々「システムリカバリーによって録画情報が消去された可能性があります。」というメッセージも出ますが、この時は消えたことはありません。このCtrl+Alt+Deleteの操作が初期化の引き金になっていないかということと、接触不良等でチューナーボードにハードウエアリセットがかかっていないかということです。これに対し、ハードウエアリセットは可能性としてはあり得るが、起こるとすればWindowsを初期化してすぐのときで、1ヶ月近く順調に動いていきなり起こることは考えにくいこと、またCtrl+Alt+Deleteでテレビの初期化に結びつくことは考えられない、とのことでした。それより、Ctrl+Alt+Deleteを押さないと画面が切り替わらないことと、「システムリカバリー」というメッセージが頻繁に出ることの方が問題で、Windowsが正常に動いていない可能性があるとのこと、パソコンの中をまた見てもらった結果、「BIOS(か、その次のレベルのシステム)が古いままなので、これを新しくします。」と言うことでそれをアップデート、そのあとシステムチェックをかけて(これは1時間以上かかるので、走らせ始めた段階でコンシェルジェとの通話終了)終わりました。システムに異常は、ありませんでした。

これで一件落着になるかどうかは、使ってみないとわかりません。ただビデオの信頼性がないことこの上ないので、対策を考えなければいけません。そこで同じ富士通でも今までそんなトラブルは一度も無かったWindows7機をバックアップで使うことにしました。電気屋に行ってテレビのケーブルと分岐器を買ってきて足下にまだ置いてあった7機に配線、LANケーブルは繋いであったのでそのまま、そしてテレビを起動して、10機と同じ録画を入れました。7機が処分できないので足下がすっきりしませんが、1ヶ月くらいこの状態で様子見すればわかるでしょう。

なお10機に入っているテレビソフトはピクセラのものですが、検索したら過去もピクセラのソフトは録画が消えたというトラブルが結構あったようです。ただその頃は復元する手段があったようですが、富士通の人に聞いてみたところ、Windows10になってからライセンス管理が一段と厳しくなり、復元手段がなくなったそうです。テレビソフトを入れ替えることも考えましたが、Windows10対応のテレビソフトって、意外と無いんですね。またWindows10自体も完成度が低いソフトなのに操作の自由度が少なくなっており、富士通の人も苦労しているようです。

2016/12/26

パソコン更新顛末記(8)

2016年12月26日

Windows10のパソコンも何とか動き出しました。ただかなり頻繁にWindowsの更新があるようで、起動させてからしばらくデスクトップ画面が出ないことがあります。その時は画面は真っ青で何も出ません。そして、Ctrl+Alt+Deleteを押さないと通常の画面に戻らないんですね。会社のパソコンがログイン時に同じようにCtrl+Alt+Deleteを押さないといけなかったので慣れてはいるのですが、なにやら家庭用にしてはまごつくパソコンですね。

もっと困ったのがDVDビデオです。先日の鉄研三田会写真展の作品集がDVDになって出品者には送られてきていますので、それを見ようとパソコンに入れました。すると「対応していない形式のファイルです。」VOBという形式のファイルですが、今までは(Windows7までは)問題なく再生ができていました。そこでパソコンに付いている「何でも聞いて下さい」というところに(要は単なる検索ですが)VOBファイルについて聞いてみると、、、曰く「Windows7からWindows10に変えると、できなくなることがいくつかあり、その一つがVOBファイルが読めなくなること。」曰く「Windows7まではWinDVDが付いていたが、Windows10になってサポートされなくなった。」曰く「mpeg等に変換しなければならない。」ということで「無料」の変換ソフトを入手しましたが、無料なのは最初の10分だけ、もっと長いファイルを変換しようとすると有料です。別の無料ソフトを入手しましたが、変換した画像はあまりきれいではありません。

もしやと思ってDVDビデオを入れてみたら、こちらも「対応していない型式のファイルです。」変だと思ってパソコンのカタログを見たら、ちゃんとWinDVDがプリインストールされています。どうやらWindows10付属ではなく富士通準備のソフトで、先に起動しておかないと動かないようです。

自動的に起動しないファイルはほかにもあり、何とPDFファイルがメールの添付ファイルをそのままクリックしても「対応していない型式のファイルです」と表示され、どこかにダウンロードしてクリックすると、ちゃんと見られます。この時は、Edgeが立ち上がりました。

いちいち「名前を付けてファイルに保存」を行うのも面倒なので、アクロバットリーダーをインストールすることにしました。プリインストールではなかったのです。そしてインストールが終わったらWindowsのファイルのひも付け画面が立ち上がりました。そこにDVDビデオなどもあったので、そこでWinDVDを指定しておけば、DVDを入れるだけで立ち上がるはずで、やっとDVDを入れただけで自動的に見られるようになりました。普通は最初にDVDを入れたときにひも付け画面が立ち上がるはずなのですが、不思議です。ちなみに、写真展のVOBファイルもWinDVDでひも付けしておきましたので、変換無しですんなり見られます。これが元々の設定なら、ずいぶん不親切なパソコンです。

2016/12/02

パソコン更新顛末記(7)

2016年12月2日

今日念のために富士通に電話し、今までの経緯を話しました。そして「録画はやっぱり見られない。」と言ったら、「一度やらせてくれ」と係員が言うのでリモート接続でやってもらいました。しかしやることはPIXELAの録画復元機能だったので、やっぱりダメでした。中のファイル(どこだか不明)をいじくれば見えるようになるはずなのですが、今日の係員の方はそれを知らない、昨日話したベテランらしい方は、知ってても教えない(教えると違法行為を勧めることになる)というところでしょう。再放送があるので、録画はそちらです。

パソコンを初期化したので中身は今年の春、あるいは1月頃の状態になっていたはずで、そのため昨日ソフトをインストールしているときに大規模なWindows10のアップデートがかかりました。これが始まると画面は真っ青な何も無い状態になって、5分以上そのままです。そして画面は自動的にはデスクトップに切り替わらず、ハードディスクのアクセスランプが点滅しなくなってからCtrl+Alt+Deleteを押さないとデスクトップ画面が出てきません。変なタイミングでこれをやるとアップデートの強制終了がかかってしまうので、始末が悪いです。このパソコン、初心者が使えるんかいな。富士通の担当者がリモートでやっているときにも再起動後に(おそらく追加の)アップデートがかかり、散々待たせてしまいました。以前の7機は10に勝手にアップデートされるのを防ぐために手動インストールに変えていたんですが、これもそうするかなあ。

パソコンの初期化後岡山市立図書館のホームページがパスワードを受け付けなくなっていたのですが(IEでやると受け付けるので、サイトの問題ではありません)、10のアップデート後はきちんと入れるようになり、おまけにパスワードもいつの間にか記憶し、問題は無くなりました。

このパソコンの初期化は2度目(再処理も入れると、3度目)なのですが、前回はウイルスセキュリティの再インストールがどうしてもできず、ソースネクストにリモートでやってもらいました。今回もやはり同じで、ID、パスワードを入力するところで受け付けてくれません。そこでまた電話相談の予約を入れたのですが、それから登録してあるシリアルを眺めていたら、IDが全部小文字なのに気がつきました。小生のIDは大文字小文字混在で、ソースネクストのマイページにアクセスするときはそれで良かったのですが、ウイルスセキュリティの登録ページでは小文字限定のようです。そこで再度IDを全部小文字にしてインストールしたら、うまくいきました。こちらも、すごく紛らわしいですね。なお電話相談はそれからキャンセルを入れたのは、言うまでもありません。

なにやらトラブル続きで、7機はまだ処分せず、録画もテレビケーブルさえ差し替えればいつでも交代できる状態です。少なくとも年内はこのままにしておかないと、危なそうです。

2016/12/01

パソコン更新顛末記(6)

2016年12月1日

使いにくいと思いながら新しいパソコンでテレビの録画をやっていたら、ある日突然「テレビの設定ができていません。チャンネル設定を行ってください。」という警告が出ました。テレビを立ち上げると、確かに何も設定できておらず、最初に戻ったようです。そこで再度チャンネル設定をやり直し、録画番組を見たら、何も入っていません。しかしエクスプローラからハードディスクを覗くと、ちゃんと録画ファイルがあります。おまけにアプリの一覧に全部「New」の印が付いており、システムを再インストールしたような感じです。さらにこのFMVにインストールされている「デジタルTVBOX」には「録画復元」という機能がありますが、それを操作しても全くダメです。

じたばたしてみましたがどうにもならず、過去に録画したものはあきらめて再度予約録画設定を入れました。そうこうしているうち、気がついたらWindowsのタイルが出なくなりました。

そうこうしているうち、今度はスリープから復帰したところでまた録画が全部消えました。消えたと言ってもハードディスクには残っており、「テレビのチャンネル設定ができていません。」が表示される「初期化」です。
なおこの「デジタルTVBOX」は設定ファイルは保存されるようになっており、バージョンアップのためにアンインストール-再インストールの作業を行っても、テレビのチャンネルなどの設定は残っています。従って、そこではないもう一つ奥と言うか上位のファイルが、勝手に初期化されているようです。おまけに今度は録画保存先からCドライブが消え、増設のFドライブがいくつも出ています。

そこで富士通にメールで問い合わせてみました。すると翌日にメールで返事が来て、「聞いたことのない現象だ。詳しい話を電話で聞かせてくれ。」ということです。そこで早速電話してみました。すると係の方は録画が見えないことよりアプリに全部「New」が出たことと、録画保存先からCドライブが消えたことの方を問題視され、「これはWindowsに問題がある。一度パソコンを初期化した方が良い。」とのことでした。

ただ初期化はそれこそ大変なので、有償のサービスを申し込み、リモートでパソコンの中を覗いてもらうことにしました。そこで覗いてもらったのですが、やっぱりWindowsが変で、初期化した方が良いとのことでした。そこで第一段階として、幸い復元ポイントがあったので、Windowsだけを復元することにしました。

Windowsを復元したら、アプリの「New」は消え、タイルも復活しました。しかし録画は相変わらず見えず、録画保存先にCドライブは出てきません。そこで初期化することにしましたが、初期化には3レベルあり、1)個人用ファイルを残すやり方、2)個人用ファイルも消去するけどドライブのクリーンアップまではやらないやり方、3)ドライブのクリーンアップを行って完全に初期化してしまうやり方、の3つがあります。当然1が一番手間がかからずまた影響も少なく、3になると時間もかなりかかります。マニュアルを見ると3)はパソコンを処分するときだけで、通常は1)か2)で良いようです。そこで1)にするか2)にするか、また富士通に聞いてみました。すると「Windowsの中のファイルなので、1)で良い。」という回答でした。そこで個人用ファイルは残すやり方で初期化しました。このパソコンを買って、2回目です。

約2時間で初期化が終わったのですが、結論から言うと、まだCドライブが出てきません。個人用ファイルの中に設定が記載されているようです。なおこの記載ファイルだけを削除したいので教えてくれと富士通に言ってみたのですが、これはWindowsの奥にあるので手が出せない、という返事でした。

再度富士通に電話して確認したら、「個人用ファイルを消去しないと、残ります。」とのこと。担当者によって回答内容が変わるのは困ります。まあこのデジタルTVBOXは富士通の製品ではないし、富士通でもブラックボックスなんでしょうけど。

個人用ファイルも削除するといろいろ消えるので、バックアップが大変です。幸い外付けハードディスクに余裕があるので、そちらに退避させました。そこで初期化、今度は完全な初期化で、パソコンの名前付けから始まります。そこでいろいろやって、まだソフトをインストールしている最中というのが、今の状態です。今度は録画保存先にCドライブを始め、増設ハードディスクが2つ現れて正常なのですが、肝心の録画は見えません。パソコンにプリインストールされているテレビソフトはライセンス管理が厳しく、録画ファイルを持ち出して他のパソコンに入れても、見ることはできません。おそらくそれが働いて、「初期化」の時に個体識別番号が書き換わったのだと思います。この個体識別ファイルの削除方法など、聞いても教えてくれませんね。さてどうしよう。録画の復元は、あきらめるかな。

2016/11/11

インターネット接続不良

2016年11月11日

1月1日(元旦)から9月9日(重陽の節句)まで、奇数月の月と日が同じ数字になる日は何かの節句ですが、さすがに二桁になると無いですね。

さて、今日朝からインターネットに繋がらなくなりました。最初はEdgeを立ち上げても「サーバーが見当たりません」で、ある特定のホームページにだけはアクセスできたのですが、お昼前には全く接続不可能になり、インターネット接続にイエローフラグが立った状態になりました。ブロードバンドモデムもホームルーターもLEDの点灯は正常状態なので、ケーブルの断線か、あるいはパソコンの不良かと考え、まだ片付けていない7機を立ち上げてみたのですが、こちらもイエローフラグです。マンションの管理人さんに他の部屋からインターネット接続障害の報告が来ていないか聞いてみたのですが、報告はないそうで、小生の家だけのようです。朝から一部だけ繋がったのでこれはどこか途中の機器(一番疑ったのはマンションのルーターです)の異常だと思い、NTTに電話を入れました。すると混み合っているそうで、録音受付になりました。

30分ほどで、NTTから電話がかかってきました。NTT側から見て、ブロードバンドモデムまでは異常が無いそうです。そしてその確認のため、ホームルーターをパスして、ブロードバンドモデムとパソコンを直接繋いで確認するように言われました。(ホームルーターは必ず買っておくようにNTTから言われていたのですが、無くても繋がるんだ。)そして直接繋いだらインターネットに無事接続できたので、原因はホームルーターであることがわかりました。

NTTからはホームルーターの設定がどこかおかしいと言われたのですが、このホームルーター、有線接続の場合は設定するものは何もありません。そこで繋がったばかりのネットで検索してみたら、「インターネットに繋がらない原因の第1位はホームルーター。繋がらなかったらまずホームルーターを再起動すべし。」とありました。直接接続の時には念のためにホームルーターの電源を切っておいたので、ホームルーター経由に繋ぎ直して電源を再投入すると、再起動と同じ事になります。そうしたら、見事に繋がりました。一件落着です。

朝から特定のホームページには繋がったのでてっきり元の方だと思っていたのですが、怪しむべきところはまず足下からでした。(実際ホームルーターは足下に置いてありますが。)今度繋がらなくなったら、まずホームルーターの再起動です。

以前東京で台風のために光ファイバが断線したときは、まだWi-MaxのWi-Fiがあったので、修理までの期間はそれでしのぎました。そしてその頃は、会社支給のi-Phoneがありました。今はどちらもなく、インターネット接続回線は1本だけです。ガラケーの3G回線は遅く、使い物になりません。やはり非常用に何らかの手段を考えた方が良さそうです。

2016/11/06

パソコン更新顛末記(5)

2016年11月6日

今日ホームページビルダー21をインストールし、プログラムも含めてどうやらすべての引越が終了しました。録画データだけは引越不可になってしまうので、これはどうしようもありません。大事なものはDVDに落としてあります。ただDVDは2時間録画にしているので、どうしても画質は落ちますね。

さてパソコンが新しくなって変わったこと、
1)画面が大きくなった。
20in.から23in.に変わったので当たり前のことなのですが、やはりパソコンラックに置いて目の前で画面を広げると、大きいです。テレビ機能を使うと、特にそう感じますね。長く見ていると目が痛くなってくるので、画面の明るさはかなり絞りました。
2)処理が早くなった。
intelのCereron T3300(2GHz)からCore i7-6700T(2.8GHz)に変わった威力は大きく、写真データのRAWをJPEGに変換する速度は、体感で1/3くらいになっています。デスクトップの中級機(値段16Kクラス)ではこれが一番速いと勧めてくれたビ○クカメラの店員さんに感謝です。
3)テレビ録画機能は、使いにくくなった。
前の7機はWindowsMediaPlayerで今度はPIXELAのDigitalTVBoxなのですが、放送時刻優先の予約で、シリーズ録画ができなくなりました。今までは例えばNHKスペシャルの「種の起源」をシリーズ予約しておくと、放送日が変更になっても放送時刻が変更になっても追っかけて録画してくれたのですが、それが出来なくなりました。これからはこういう不定期放送の場合は、事前に放送日と時刻を把握しておく必要があります。
テレビ機能で言うと、7の前のWindows95機(アナログ放送)が一番使いやすく、またいろんなことができましたね。パナソニックのソフトだったのですが、画面キャプチャーはできるし、携帯から録画指示が出せました。テレビに関して言えば、機種が新しくなるごとにできることが減っています。

古いパソコンは、邪魔ですがまだ足下にあります。まだ見ていない録画もあるし、しばらくはこのままです。

2016/11/02

パソコン更新顛末記(4)

2016年11月2日

今までのWindows7のパソコン(4号機)には、外付けのHDDを2台使っています。そのうち、ミラーリングタイプのもの(Gドライブ)はUSB3.0対応だし、Windows10のパソコンに繋がることは確認しているのですが、もう1台(Hドライブ)の方は古く、どうなるかわかりません。そこで予備にしてお蔵入りになっていたHDD(旧Mドライブ)を見てみたら、これもUSB3.0対応でした。するとこれも繋がる可能性があるので繋いでみたら、こちらもWindows10対応OKです。何とメーカーサイトには「非対応」と書いてあったHDDがポータブルも含め3台ともOKでした。

こうなると話は早く、旧MドライブにDドライブのデータをコピーし、そこでパソコンの新旧交代でパソコンラックの正規の位置に新しいパソコン(5号機)を据えます。テレビの受信ポートは1つしかないので混合器を使って地デジとBSを統合して接続、電源を入れたところで後の2つあるUSB3.0ポートに2台のHDDを繋ぎます。新しい割り当ては、ミラーリングのものがDドライブ、お蔵から復帰のものがFドライブになりました。そこで旧DドライブのデータをCドライブに新しく作ったデータホルダにコピーし、一応移行は完了です。

ここまでできたところで、システムのバックアップを取って修復ディスクのなくせいにかかります。バックアップ場所は、新しいFドライブです。これがFAT32だったので、NTFSにフォーマットし直します。結構時間がかかりましたが、きちんと作成できました。

テレビの設定は、住所を入れればあとはお任せです。ただ録画設定で見てみたら、Windows7時代のもの(WindowsMediaPlayer)はシリーズ録画というものがあって時間が変わっても不定期な放送でも追っかけて録画していたのでNHKスペシャルなどは便利だったのですが、今度のものはそれが無くなって普通の「毎週録画」に変わりました。アンテナを張って放送時期を把握しておく必要がありそうです。

プリンタはWindows10に対応しているので、新しいドライバはエプソンのホームページからダウンロードします。ついでに周辺ソフト(CDレーベルのプリントソフトなど)もダウンロードし、使える体制になりました。

準備がまだできていないソフトが、ホームページビルダーです。今までのは14で(最新は21)、さすがにこれはWindows10には対応していないので、新しく買う必要があります。近くの電気店の「500円割引クーポン」を使うのと、ヨ○バシドットコムとどちらが特か、この土曜日から特売期間なのでそこで確認します。

より以前の記事一覧

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ