2018/05/08

市民病院卒業、蓄膿も無し

2018年5月8日

昨日、連休が終わったところで市民病院に行ってきました。血液検査、採尿、レントゲンと回って、内科の診察です。肺炎はほぼ収束、ただしまだ少し炎症が残っています。そこで聞かれたのが、「蓄膿症(副鼻腔炎)と言われたことは無いか?」実はあることはあります。もう5年くらい(かもっと前)、RFCA前でワーファリンを飲んでいる頃、耳鼻科で言われたことがあります。ところがその時は先生、いろいろ調べていたものの「薬がありません!」蓄膿症にはセフェム系の薬があるらしいのですが、セフェム系の抗生剤はワーファリンの作用を強くする効果があるんですね。つまり、下手に飲むと脳出血などを起こす。これは循環器内科と連携してその分ワーファリンを減らせばよいのですが、あの頃のTの門の循環器は、外部からの問い合わせには実に冷たい対応でした。僧帽弁が逸脱していて、「歯科治療の時には、抗生剤を飲むように」という指示は出ていたのですが、ではどんな薬が良いのかという歯科からの問い合わせには冷たい対応、歯科の先生、ほとんどけんか腰でした。

話は戻って蓄膿症ですが、「薬がありません」でさじを投げてそのまま放って置かれたのですから、重くはなかったはずです。重かったら、どこかの総合病院に紹介状を書いていたはずですから。岡山に来てからも花粉症でときどき耳鼻科に行っていますが、蓄膿症の話は出ませんでした。

と、市民病院は卒業したのですが、気になったので、耳鼻科に行ってきました。そこで肺炎と市民病院で言われたことを話し、鼻の奥を見てもらいました。結果は、蓄膿症(副鼻腔炎)の正式な検査をするにはCTが必要だが、かなり奥までカメラを入れてみて、その必要は感じない、とのことでした。蓄膿症らしき兆候は見られない、ということです。

これで強力な薬を飲む必要は、当分無し。後は少し残っている炎症がどのくらいで治まるかですが、まああと一週間くらいはおとなしくしていた方が良いでしょう。それから活動再開ですが、HDDの情報が入らないうちは、何となく動く気がしません。ちょうど良いか。

2018/04/27

眼科にも行ってきました

2018年4月27日

昨日市民病院に行ったので今日はおとなしく寝ていた方が良いのですが、数日前から左目の違和感が消えず、角膜潰瘍だと面倒だし(「肺炎」というストレスあり)、連休にも入るので眼科に行ってきました。午前中は熱はあまり高くならないので(なっても37.7℃)、お昼に帰れば何とかなります。なるべく混まない時間帯、午前中の受け付け終了直前を狙います。とは言っても11時半くらいに着いたら、先客1名、これは待たずに済みます。

わりとすぐに、呼ばれました。そうしたら、右はまつげが倒れ込み(よくある)、左は上まぶたの裏にゴミが3つ、食い込んでいました。食い込んでしまうと自力排出はできないので、取ってもらうしかないですね。多分原因は、西大寺バスセンターでの撮影です。取ったあとの傷があるのでごろごろするかもしれないが、3日くらいで治るとのことです。それでも治らなかったらた5月2日ですね(5月1日は臨時休診)。

日常の状況説明で、目下肺炎、絶賛炎上中、「えっ!どうしたの?」原因は不明です。そんなに無理をした記憶は無いんですけどね。「で、通院点滴?」WIKIによると、肺炎(気管支肺炎)の治療は、セフェム系の抗生剤の点滴が第1選択になっています。ワーファリンを飲んでいるとこの第1選択が使えないので、ちょっと面倒なんですけどね。今日調べてみたら、ペニシリン系もマクロライド系もダメでした。昔ワーファリンを飲んでいるときは、マクロライド系の抗生剤が平気で処方されていたなあ。多分風邪の、5日間くらいの服用では、影響は出ない、と判断されていたのでしょう。小生は1回目(2年前)はマクロライド系(ジスロマック)とペニシリン系(オーグメクチン)の2種併用服用でした。

「いえ、飲み薬で、強力なやつ」「ふんふん」。次の患者さんがいないので、先生興味津々。ちなみにこのクリニック、旦那さんが内科、奥さんが眼科です。「オゼックスです」。「あ、オゼックスね」、そんなにたいした肺炎ではないな、という顔。どうやらもっとひどかったら、もっと強力なのを処方されるみたいです。去痰剤のムコソルバンについて聞きました。「ムコソルバンを飲んだら、夜中途中まで咳がひどく」「そうなのよね、これ痰が出てしまうまでものすごく咳き込んで、出てしまうとケロ」こんなこと、誰も教えてくれなかったぞ。この先生、ときどきこういう教科書に書いてない話を教えてくれます。

カミさんも風邪で小生の昼食を作る体力は無いので、途中で買ったコンビニうどんで昼食。一眠りして起きたら37.6℃。ま、もうちょっとの辛抱ですね。ただカミさんが、いつまで持つかなあ。

なお4月26日の記事で2年前にもらったのは「セフェム系」と書きましたが、今日確認したら「マクロライド系」でした。

もう一つ、追記です。
昨日珍しく、東京にいる姉(長姉)から電話がかかってきました。用件の話が済んだあと、「実は今肺炎だ。2年前にもやったが、まただ。」と言ったら驚きもせず、「そんな時期あるわよ。私もそうで、しょっちゅう肺炎になった時期があった。」さすがは小生よりはるかに多い修羅場をくぐってきた長姉。恐れ入りました。

2018/04/26

市民病院に行ってきました

2018年4月26日

行きつけの内科の紹介状を持って、市民病院に行ってきました。前回(2016年)に見てもらった呼吸器科の部長先生の外来担当が月曜日と木曜日なので(燃えるゴミの日だなあ(笑))、合わせたものです。いつもはどこへ行くのも公共交通機関(または、歩く)なのですが、さすがに今日はタクシーを使いました。なお今日は、カミさんも風邪気味で咳き込んでいるので、小生一人です。自宅近くにタクシーの営業所があり、電話するのも面倒なので、そこまで歩きます。ちょうど洗車が終わった車がいて、「これに乗って下さい」と指示されて乗り込みます。車内で咳き込んだので、それをきっかけにいろいろ話していたら、同年代とおぼしき運転手さん、3年前に東京から岡山に越してきて、その時2年くらい放りっぱなしにしているからと大腸の内視鏡検査を受けたら、大腸癌、それも腸閉塞寸前の状態で見つかったそうです。検査したのが○赤病院だったので、同じ病院で手術へ移行です。場所が下行結腸(大腸の直腸側)だったので経過も良く、こうやってタクシーの運転手を続けていらっしゃいます。目出度い!

市民病院は、診察券を持っている人(で、おそらく同じ科)は2年経っても再診扱いですね。ともかく受付をして、今度は内科の受付へ。そこで今度は病状の説明をし(記入用紙が循環器内科主体なので、書くのに苦労しました)、診察室の前で待つように言われましたが、今日は予約が立て込んでおり、かなり待つとのこと。「12時くらいですか?」と聞いたら、「いえ、1時になりそうです」。あとでわかったことですが、来週は月曜日も木曜日も祝日のため、部長先生の診察日が10日間空くんですね。これは混むはずだ。

幸い午前中はまだ熱が低く身体が楽なので(37.1℃でした)、じっくり腰を落ち着けようと文庫本を取り出したら、すぐに「X線を撮ってこい」と指示が出ます。検査室は1回で、エスカレーターまで歩いて検査室番号を頼りに探します。ぼけたら絶対病院には来られないな。単純な正面X線を1枚だけ撮り、また戻ったら思ったより早く、1時間ちょっとで診察室に呼ばれました。やっぱり立派な肺炎。驚いたことに、今度は左肺です。左は結核(50年近く前)、右は肺炎(40歳くらいと2年前の2回)だったのですが、また新しく加わりました。採血、採尿、CT、検痰の指示が出て、採血室へ。熱があるので尿量が少ないのですが、何とか最低値はクリア。採血は3本。それから個室に通され、採痰です。横になった方が痰が出やすい(というより、咳き込みやすい)のでその旨言ったところ、ベッドの準備もあります。しばらく横になっていたら「ゲホゲホ」と始まり、これも所定量採れました。

また1階の検査室のCTへ。受付は最初のX線と同じです。「また来ました」と言いましたが、覚えていたかな?CTはMRIみたい輪っかの中にベッドが動いていくタイプですが、先ほどまで「横になる、咳き込む」を多少強制的に続けていたため、なまじ横になると、横隔膜が痙攣を始めます。最初の1回は「息を吸って、止めて」から「はい。楽にして」の間に動いてしまったみたいですが、OKでした。ちなみに、この機械は請求明細書に載っている検査料がめちゃ高いです。

検査が全部終了し、内科に戻って、さほど待たずに呼ばれました。前回の肺炎の時と、全く同じような症状、ただし右が左に移った、という状態です。検痰培養の結果が出るのはまだ先ですが、2年前にはインフルエンザ菌(紛らわしいですが、病気のインフルエンザとは関係ありません)が検出されたそうです。ということで処方されたのが、トスフロキサントシル酸塩錠、これはニューキロノ系の抗生剤で、抗菌作用が強いです。それに痰を出やすくする薬として、アンブロキソール塩酸塩徐放錠とおなじみのムコダイン。なおムコダインは、今まで飲んでいたジェネリックではなく、正規のムコダインを薬局に頼んで商法してもらいました。それに整腸剤のミヤBM錠です。

前回はペニシリン系とセフェム系の2つの抗生剤が出ましたが、今回は抗生剤はがらっと変わりました。インフルエンザ菌には対ペニシリン性を持ったものの出現が問題になっていますが、その影響もあるのかもしれません。問題は、普通は次の診察日は来週木曜日、何か問題があったら月曜日に駆け込む、ということも出来るのですが、次に部長先生が外来に来るのは5月7日なんですね。薬は10日分もらいましたが、思わぬ副作用が出た、全く改善しない、というときに駆け込む先がありません。5月1日か2日に呼吸器科の他の先生に診てもらうか、あるいはかかりつけの内科に泣きつくか。まあ、何とかなるでしょう。

午後1時に診察開始どころか会計が終わり、昼食を食べようかとも思いましたが、止めてコンビニおにぎりだけ買って帰りました。このところ食べたらすぐトイレ、というのが続いていたからです。ところが自宅に帰って食べても、お腹は大丈夫。ペニシリン系の薬を止めたのが効いたかな。

2018/04/23

肺炎?気管支炎?

2018年4月23日

先日心臓の検診に行った頃から何となく痰が絡んだようになっていて、内科で痰の出を良くする薬はもらってきていたのですが、土曜日の夜に猛烈に喉が痛くなりました。そこは市販の風邪薬で抑えていたのですが、何となくだるいので昨日熱を測ったら37.7℃。本格的な風邪か、ちょっとひどい状態になったようです。

昨日から肺の奥からの咳が出始め、痰が茶色になってきたので、これはまずい!と今日内科に行ってきました。痰が絡んできて「クララ」のコマーシャルが頭をよぎるようになると、ろくなことが無いのですね。かなりの確率で肺炎までに行きます。

肺炎の時は、熱の程度の割に身体がだるいんですね。今回もそうです。ただ前回(2016年)の肺炎の時は東京で具合が悪くなり、昔かかっていた内科で薬をもらって東○インの「掃除無し」のシステムを使って、2日間くらい寝ていたんですね。そして岡山に帰ってきてから医者に行ったので、かなり悪くなっていました。そして「気管支炎」と言われて薬をもらったものの良くならず、3日後に行ったら「肺炎です」と言われて市民病院に回されました。そこでペニシリン系とマクロライド系の2つを処方され、10日くらい薬を飲みました。

今回もペニシリン系の薬(オーグメクチン)を処方されました。これが4日分で、これで良くなればそれで良し。それでも熱が続くようなら、また市民病院でしょう。

症状を見てみると、細菌性の肺炎のようですね。小生は肺炎球菌の予防接種はしていますが、肺炎を起こす細菌は肺炎球菌だけではないので、別の種類の細菌性肺炎の可能性があります。これはペニシリン系の薬が良く効くのですが、耐性菌の出現が問題になっています。さて、どうなるか。

今日は午後は横になっていたら、3時間ほど眠ってしまいました。だるいときは寝るに限る。

2018/01/26

インフルエンザ

2018年1月26日

東京から帰ってきた翌々日(24日)、妙に熱っぽかったので医者に行ってきました。すると、行く前に測った熱は36.8℃だったのが何と37.8℃。最初は体温計が壊れているのかと思いました。インフルエンザの検査は、症状が出たばかりの時は反応しないことが多いというのでパスし、抗生剤と風邪薬をもらって帰りました。

ところが2日経ってもいっこうに熱が下がる気配がないので、今日また行ってきました。そして検査をしたら、A型のインフルエンザでした。予防接種はしていたのですが、かかるときはかかるようですね。潜伏期間から言って、帰りの新幹線の中でもらったみたいです(マスクをしていなかった!)。

インフルエンザにはタミフルですが、これは症状が出て48時間以内に服用しないと効果が少ないと言われています。症状が出て2日後、時間から言うと5時間くらいオーバーしますが、セーフの範囲内と考え、処方してもらいました。

インフルエンザとはっきり診断されたのは、この前がいつなのか、記憶にありません。肺炎になるような重度の風邪は何回かあるのですが、はっきりしたインフルエンザは、高校時代にまで遡るかもしれません。ともかく、しばらくは外出禁止、そして安静です。カミさんにうつさなければ良いけど。

2018/01/05

虫垂に石があった

2018年1月5日

今年の初通院、朝から朝食抜きで、お腹のCTを撮りに行ってきました。昨年暮れに受けた大腸内視鏡検査の時、虫垂の入り口が変に盛り上がっている(場合によっては、腫瘍の可能性あり)というので、精密検査に回されたのです。

行ったのは、CTやMRIなどの画像検査の専門機関です。ここは検査だけで、結果は教えてくれません。検査前に問診がありました。大腸内視鏡を受けたクリニックからの検査依頼に、小生の既往症の中にTB(結核)と書いてあったので、小生の時代はまだリファンピシンが実用化される前なので、どこかに結核菌は生きている、という話をしました。「ちょうどリファンピシンの治験をやっている頃です。」と言ったら、「そんな時代になりますか!」とまるで歴史の生き証人に会ったような感嘆の仕方、まあ今の若いお医者さんにとってはそうでしょうね。

検査自体は、簡単でした。小生の場合は特に造影剤を使うわけでは無いので、ベッドに上がってズボンを少し下げて、機械(輪っか)の中へ勝手に入ります。それもMRIと違って輪っかの幅が狭いので、閉所恐怖症にもなりません。検査結果と言うより検査の画像は、オンラインで依頼したクリニックに届きます。これが電子カルテの本当のメリットですね。終わって会計を済ませ、この建物内では食事禁止なので外に出てゼリー飲料で朝食代わり。そのまま内視鏡検査を受けたクリニックに行きます。

そしてそこで検査結果を聞いたら、何と虫垂に石がありました。石があっても特にどうと言うことはないのですが、炎症、すなわち虫垂炎を起こしやすいそうです。軽い虫垂炎くらいは一度起こって、勝手に治った状態なのかもしれません。下腹が痛かったり、微熱が続いたりしたら、すぐに医者に行け、と言うことです。なお大腸内視鏡検査の時に取ったポリープは、すべて良性でした。

石と言えば、小生は腎臓に石があると2013年に言われ、その後の超音波検査ではいつも指摘されてきました。その話をしたら先生、「腎臓まで写っていますけど、石は見えませんねえ。」意志(石)薄弱なのか、流れてしまったようです。RFCAの時、尿の出が悪いと利尿剤を処方されましたから、ひょっとしたらその時です。その後引っ越して、O大病院では半年に1回肝臓のの超音波検査を受けていますが、その時にも腎臓の石の話は全く出てきていませんね。今度聞いてみます。

ともかく、腫瘍でなくてよかったです。

2017/12/20

大腸の内視鏡検査

2017年12月20日

大腸の内視鏡検査に行ってきました。今年1月の検査でポリープを取ったので、そのアフターフォローも兼ねてです。1月は冷え込むので12月にしたのですが、今年はエルニーニョのせいなのか、やたら寒いです。もう少し早めの方が良いかな。
東京のクリニックと違ってこちらのクリニックは制限が多いというか、指示が細かいです。前日から食事制限どころではなく、専用食です。それでももうこちらで2回目ですから、勝手はわかりました。

朝から1.8リットルの腸洗浄液を飲み(こちらのメーカーのものの方が、溶けやすい)、指定時間にクリニックへ。冬場はこの1.8リットルを飲む間と、エネルギーのない状態でクリニック(東京でもこちらでも、歩いて行きます)に行くときが一番寒いのですが、今日は日差しがあったので助かりました。岡山では気温が低くても、日差しがあると日なたが暖かいのです。そして検査着に着替えて検査室へ。軽麻酔をお願いしていたので、横になって点滴に麻酔剤が入れられると、先生がおしりに潤滑剤を塗っている間に意識がなくなりました。終了のちょっと前、何かおなかでごそごそやっている感覚で目が覚め、すぐに終わりました。それからストレッチャー、ベッドと2回移動し、ベッドで1時間くらい寝かせてくれましたが、また眠っていたみたいです。

検査結果はというと、横行結腸と下行結腸に小さなポリープが計3個、いずれも小さいので、ワイヤーを巻いて焼き切るレベルではなく、組織検査と同じつまみ取りでした。そのため術後の制限も「検査だけ」と「ポリープ切除」の中間で、食事制限も今日明日だけです。ただアルコールは一週間ダメですね。ただ虫垂の入り口が隆起しているそうで、念のため腹部のCTを受けることになりました。これは年明けです。また先週取った胃の組織ですが、炎症程度は軽度、悪性所見はなし、という検査結果が帰ってきました。またついでにやったピロリ菌の検査でも、ピロリ菌はいませんでした。ピロリ菌については、散々山の水や井戸水などを飲んだ世代なので、てっきりいると思っていたのに、意外です。

もう一つあったのが、「痔核を認む」。小生は土地など持っていないのに(マンションの区分所有権はありますが)痔主で、第九の本番で固いところにずっと座っていたため、悪化しました。「出血があったら、すぐに連絡するように。」とクリニックから言われていますが、こっちの出血は黙っていよう。

2017/12/14

第9が終わったら医者通い

2017年12月14日

第九が終わったところで、伸ばし伸ばしにしていた医者通いです。まずは歯医者。前歯が変に痛かったのですが、どうやら歌っていて顎の筋肉の付き方が変わったようで、噛み合わせが変わりました。特に強くあたるようになったところを修正。曰く因縁のある歯で、本格的に修理しようとすると半分近く削らなければいけないそうなので、多分これでOKでしょう。

次は眼科。下まぶたに何か(ものもらい系)ができているそうです。黒目には傷がなかったので、目薬(クラビット)を一週間もさしていれば治るでしょう。

そして今日、胃カメラ(胃の内視鏡検査)に行ってきました。小生は喉の「オエッ」のポイントがかなり深いところにあり、麻酔が効きづらいので、胃の内視鏡は苦手なのです。Tの門の入院中に胃の内視鏡検査をやったときは、やった先生(若い=研修医?)の腕が悪く、喉が少し切れてしまいました。事前にその話をしたら、「では眠くなる薬を使いましょう。」ということになり、検査中は例によって爆睡。マウスピースを咥えたときまでは記憶にありますが、その次は、「南海さ~~ん、ベッド移りま~~す。」の呼びかけでした。ベッドを移ってからも、熟睡。小生は、麻酔が良く効きます(^_^;。

検査結果は、
○下部食道に、逆流性食道炎が治ったあとがある。→これは初めて聞きました。多分3年前の夏、RFCAを受ける前、鉄研の80周年記念パーティの時にすごく具合が悪くなり、吐き気がしてトイレにしばらくこもっていましたが、その時のでしょう。
○小さいポリープあり。これは問題ないので何もせず。
○胃幽門前庭部に小さいびらんあり。→これは多分問題ないそうですが、一応組織を取られました。

大腸のポリープはしょっちゅう取られていますが、胃の組織を取られたのは初めてです。このくらいのことは過去にも多分あったのだろうと思いますが、昔はワーファリンを飲んでいたため、軽いものは翌年再検査でそのままスルーされていました。今は取っても平気なので、(最近の学会通達では、ワーファリンを飲んでいても組織は取りますが)、すぐに生検になります。

結果は来週、今度は大腸内視鏡の検査の時に聞きます。

2017/02/13

組織検査異常なし

2017年2月13日

先日の大腸内視鏡検査の時、大きめ(10mm級)のポリープは組織検査に回っていましたが、その結果が出たので聞きに行ってきました。どちらも腺腫で、管状腺腫というものと、鋸歯状腺腫というものでした。どちらも良性です。ということで、ドクターストップの方には申し訳ないのですが、禁酒解除です(笑)。

この腺腫という代物、今は良性ですが、放っておくと悪性に変わることがあるやつらしいです。早めに、まだ良性のうちに取ってしまうのが一番良いとのことで、来年もまた検査を受けるように言われました。

この大腸内視鏡の検査日ですが、今年は1月末という一番寒いときに受けたのですが、幸い暖かい日でした。これが寒い日だと、食べてない上に冷たい水を2lも飲むのですから、身体が冷えてたまりません。次回は少し暖かい時期にと考え、先生には秋くらいにと言ったのですが、今年第九のオンステを狙っているのでその練習時期と重なります。年が明けてからの方が寒いので、第九の演奏会が終わって年内(と言うことは、クリスマスあたり?)の時期を、早めに押さえておこうかと考えています。まあ、オーディション次第ですが。

2017/01/31

大腸内視鏡検査

2017年1月31日

昨日、大腸内視鏡の検査を受けてきました。大腸内視鏡の検査日は、食事はできない上に腸洗浄剤を2l近く(今回のものは、1.8lでした)飲まされるので、身体が冷えます。そのため冬の検査はつらいのですが、昨日は暖かく、助かりました。

問診票の、ポリープがあったらどうするかは医師の判断、というところに丸を付けてたため、見つかったポリープは全部切除しました。最大のもので10mmで計4個、場所は盲腸、右結腸曲、横行結腸、S字結腸とまんべんなく、ちょっとした手術ですね。そのため、検査後(術後)2時間の安静になりました。

問題が検査後の食事で、ここのクリニックが慎重なのかそれとも切除ヵ所が多かったせいなのか、まる1日分(検査後の夕食から3食分)がポリエクトミールという指定食になりました。その内容たるや、昨日の夕食がコンソメスープ1杯、今日の朝食が三分がゆと味噌汁、昼食が五分がゆとすまし汁、夕食からやっと柔らかめの食事で制限はあるものの普通の食事になります。あーおなか空く。元々痩せ代がないので、体重を量るのが怖いです。それから1~2週間は運動禁止、遠出禁止、重い物を持つこと(腹筋に力を入れること)不可。当然禁酒。制限は長く見て13日までで、計画している北海道旅行は18日からなので、外れました。元々外れることを確認して切除OKと言ったのですが。

今朝異常が無いかどうかクリニックに電話するように指示があり、異常なしと連絡しました。その後ふっと気になったのが、抗生剤です。小生のもののように逸脱している心臓弁は雑菌が付きやすいそうで、歯科治療の時に、特に出血を伴うときには抗生剤を処方してもらうようにという指示がS病院の先生から出ています。今回のはポリープ切除で、出血はもっと多いです。そこでどうなるのか、S病院に確認しました。すると折り返し返事があり、歯科治療ほど危険性はないが、念のために抗生剤を処方してもらうようにとのことでした。そこで再度大腸内視鏡検査をやったクリニックに電話し、フロモックスを5日分処方してもらいました。先生は抗生剤の副作用を気にしていて、フロモックスは飲んだことがあると言ったら、安心されていました。

今日は一日おとなしくしていて、明日からバスに乗って(駅まで歩くのは、禁止されました)でかけます。

より以前の記事一覧

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ