« ふとりぎみ | トップページ | JPKI利用者ソフト »

2020/07/02

マイナポイント

2020年7月2日

コロナ騒ぎでバタバタしているうちに、今年も後半に入ってしまいました。今年はイベントが少ないです。
さて、「マイナポイント」なるものがあり、何やらうさんくさくどういう目的なのか様子見をしていたところ、マイナンバーカードの発行が予定より少ないので、マイナンバーカードの所持を促すものだということがわかりました。マイナンバーカード自体が何やら管理強化の臭いはするのですが、すでに持っているので、マイナポイントを利用することにしました。

申し込みはパソコンかスマホです。一応古いICカードリーダーは持っているのですが、昔の住基カード用であり、しかもその時代はWindowsXPでした。まあ使えないだろうと思い、スマホ(もどきですが)を使うことにしました。もどきですが、機種自体は専用アプリの対象機種に入っています。

専用アプリをダウンロード、こういうことはWi-Fi環境がある自宅でやらないと、すぐにパケット量が限界に達します。インストールしてマイナンバーカードをタッチ。マイナンバーカードは接点も持っていますが、NFC機能もあるみたいですね。そう言えばコンビニでの印鑑証明発行の時も、非接触でした。ですが、認識しません。NFCが「非対応」だとか何とか。スマホのオサーフケータイ機能をOFFにしていると読み取れないですが、ちゃんと生きています(ガラケーではOFFにしていますが)。あとは電子証明が無効になっていることですが、これは先日有効期限が切れて再発行してもらいました。

あとは街中の申請スポットに行くだけですが、念のために手持ちのICカードリーダーをパソコンに繋いでみました。何と、Windows10対応です。さっそく専用ソフトをダウンロードしましたが、これもマイナンバーカードを読み取れません。規格が違うのか、証明書なのか。

こうなると申請スポット(岡山でも結構あちこちにあります)に行き、そこでも読み取れなかったら、市役所ですね。面倒なことになりました。暇だから良いですけど。

« ふとりぎみ | トップページ | JPKI利用者ソフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニュースで観ました。TVのニュースだとよくわかりませんでした。ポイントバックが大きいからやらないとですね。しかしこういうの、我々はスマホもPCもあり、できますがクレジットカードとひもつけるとか、そもそもクレジットカードもってないひと、スマホももってないひとって、ざらにいるし、すべて情報はこのアドレスでという感じで、そこからしてそういうことができない高齢者とか、格差がうまれていることを痛感します。入院するときにしても、国公立はへいきですが、民間病院は保証人いないと入院ことわられたり、支持する政党も宗教もないですが、どんどんおかしな方向に舵をとってる感じ、、、弱ってきて最近よくわかります。まだニュースみただけなんで、救済策あるのかな?

ひでほさん、ありがとうございます。

公的な身分証明書が無効になって、一転お尋ね者になってしまうという話しがSFにありましたが、そんな世界になりかねないです。
なお仙台は、賃貸住宅の保証人が保証会社でしたが、調べてみたら入院も保証会社でできるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふとりぎみ | トップページ | JPKI利用者ソフト »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ