« コンタクトはそろそろ終了 | トップページ | あらためて、心電図のお勉強 »

2020/06/24

心房細動ではなく、期外収縮でした

2020年6月24日

 

先月S病院で外科のT先生の診察を受け、弁の異常は全くなかったもののちょっと脈が速いというので、メインテートが2倍になりました。ところがメインテートを増やしたら今度は不整脈が増え、特に明け方不整脈で目が覚めることが多くなりました。心電図を撮ってみたら、「拍動が一定ではありません」に「波形に乱れがあります」まで加わっています。
202006001a 目が覚めるときに気持ちが悪いので、てっきり心房細動かと思っていました。ただ心房細動の時は、もっと気持ちが悪かったです。しかし入院中に心房細動を起こしたときはあまり気持ち悪くはならなかったので、???の感じでした。

 

行きつけの内科の紹介状を書いてもらって、またS病院に行ってきました。今度は循環器内科のB先生、不整脈の専門家です。実はT先生から行きつけの内科への手紙(連絡票)に、「今度は循環器内科に行ってくれ」と書いてあったのです。

 

いつものように受付に書類一式をだし、それから診察室の前へ。大抵は待っていると検査指示が出るのですが、今回はいきなり診察室に呼ばれました。まあ、B先生とは初めて(入院中に1回お見かけしたくらい)ですから、顔合わせです。今までの経過と、最近不整脈がひどい件を話します。内科の先生からの手紙には、小生が心電計で撮った心電図のコピーが付いていたので、「心電図持っていたら見せてください」というので、最近のものも出しました。B先生、全体をずっと眺めていて、「これは期外収縮ですね。」しかも、「これだけしっかり撮ってあったら、うちでの検査は要らないですね。」このあたりが外科とは(T先生とは)違います。T先生だと、小生が撮った簡易心電計の心電図には目もくれず、自分が指示を出して撮った心電図しか見ません。

 

そこで、「どうしたいですか?」と聞かれました。この不整脈は良性なので特に問題はなく、あとは小生がどこまで気分が悪くても平気か、ということになります。何もしないという選択肢もあったのですが、明け方心臓から何か湧き出すような感じで目が覚めるのも不快だし、一応シベノールを出してもらいました。ただ要注意なのは、不整脈の薬というものは飲んだら逆にひどくなることがあるのです。そのあたりは、これから行きつけの内科の先生と一緒に気をつけながら、場合によってはどの薬が良いかを試すことになるかもしれません。

 

なお小生は、入院中に起こったのは心房粗動で、現在も心房粗動が隠れている可能性は捨てていません。期外収縮がなくなれば、心房粗動が表に出てくるかもしれません。

 

不整脈でいけないのは、喫煙、飲酒、肥満、高血圧、だそうですから、「南海さんはすべてに該当しません」と、特に対策指示もありませんでした。なお飲酒に関しては、での位飲んでいるかと聞かれたときに、「アルコール量換算で缶ビール1本を1日おき」と答えたところ、「理想的な飲酒量ですね」と言われました。缶ビール1本でも、毎日飲むのはやはり良くないようです。体重に関してはこのところ増加傾向にありますから、気をつけていないといけません。しかし、まずは一安心(心房細動ではなかった)というところではあります。

« コンタクトはそろそろ終了 | トップページ | あらためて、心電図のお勉強 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

わたしもおんなじ。命の危険はないというやつ。2段とかも一時期でていました。そんときは、くるPです。12誘導ででてるとピンポイントで不整脈の先生は発生源おしえてくれます。心房粗動は一発1日入院、除細動でおちついています。PVCもカテアブでなおせるようです。Jの先生、投薬で治らなかったら来て、、カテアブといわれましたが、地元の車で30分ー1Hの病院は年間600件やっているみたいでそこいざというときはいこうかなと考え中です。3日くらいの入院でも認知両親心配です。

追伸、そんなには苦しくないと小生だったら思う波形。なんかちょい重いかなと計測すると出るレベルで、、執刀医の先生とFBのメッセンジャーでつながっていますが、おくっても既読スルーされるレベルです。2段でも地元循環器でスルーされちゃいました。開業医で元心外の先生のクリニックが近所にできて予約なしで診るというので、いきました。小生の執刀医の先生は一般の心外医師から嫌われ者のせい?、クリニックの先生はアンチA先生?らしく、これは心室性のものだから、ひでほさんそのうち心臓とまっちゃうよと、そしていろいろいじられてこうなったとかふざけたこといいやがって、心外でぜんぜん実績ない先生だと思いました。あとでその波形、ほんとはご法度だけど、カリスマ臨床検査技師のひとに波形メールしたら、ぜんぜん大嘘でした。RonTとかはやばいですが、そういう気配もないですし・・・

ひでほさん、ありがとうございます。

昔(カテアブ前)、朝心房細動が起こると、気持ち悪くて起きられませんでした。この心電図は、もやもやして気持ち悪いですが、ちゃんと起きられます。弁交換後の入院中に、自覚症状はほとんど無いのに「心房細動が起こっています」と言われたのが、不思議でした。心房細動に対する感覚が鈍くなったのかと思ったのですが、違うようですね。
PVCもカテアブで治せるみたいですが、小生の場合はメイズをやっているので、やりたがらない(S病院ではやらない方針?)のようです。QOLがかなり落ちたら、手を考えます。

おっしゃるとおりで、これは自分が苦しいかどうかで、我慢できないかどうかですね。もうカテアブやってもらおうとおもっていたら、ぜんぜんでなくなったりのくりかえしの小生であります。

おっしゃる通りで、小生も前回のT先生の診察の時は、2日くらい前から絶好調になりました。
なお小生のは、PVCではなくPACみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンタクトはそろそろ終了 | トップページ | あらためて、心電図のお勉強 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ