« ポップスの「お約束」? | トップページ | カフェと喫茶店 »

2020/04/30

ポップスのお約束、つづき

2020年4月30日

ポップスの記譜法から今度はポップスのリズムに興味が出て、昔NHKでやった「ピアノでポップスを」のテキストを引っ張り出しました。日付を見たら昭和63年、1988年です。

1988年と言ったら、ちょうどバブルのど真ん中。日本中がイケイケでしたが、1985年頃3500万で売り出されたマンションに、翌年「5000万で買います」という広告が出て、その異常さにびっくりしたものでした。小生はめちゃくちゃ仕事が忙しい頃で、会社の事務所は「不夜城」とか言われていた頃でした。忙しいにもかかわらず、この「ピアノでポップスを」は初級用を何曲か練習し、弾けるようになりましたね。それから少し体調が悪くなり、C肝ということがわかってIFNになり、ピアノから遠ざかりました。

さてそのテキストですが、服部克久氏のアレンジで、いろいろ面白いものがあります。楽譜入力再生ソフトで楽しめるネタが増えました。県立図書館は完全休館、市立図書館は予約図書だけですから、STAY HOME用の材料は、いろいろ見つけなければいけません。

ポップスのリズムの話ですが、おなじみの「君といつまでも」の中にも、3連符の「タータタータ」のリズムが多用されていました。特に「きーみのーひとみはー」のところは、まさにそうです。昔合宿で付点と3連符の違いをたたき込まれ、無意識に歌うと3連符になる、ということを書きましたが、3連符の方が自然に歌いやすいということなんですね。なおNHKのテキストですから、楽譜はちゃんと3連符で記載されています。

なおピアノ連弾用の編曲も何曲かあり、カミさんはやりたがっていたのですが、男の子二人はなかなか乗ってこず、小生はそこまで腕が上がらず、あまりできませんでした。今再生ソフトで聞いています。カミさんには、聞かせないようにしよう。

« ポップスの「お約束」? | トップページ | カフェと喫茶店 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポップスの「お約束」? | トップページ | カフェと喫茶店 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ