« カメラのファームウエアアップデート | トップページ | 大阪でヤマハ吹奏楽団 »

2020/02/14

musescoreとボーカロイド

2020年2月14日

小生は時々musescoreという譜面作成ソフトで譜面を入力し、それを再生して遊んでいますが、この再生に声、すなわちボーカロイドが使えないかと思い、調べてみました。なお本来はヴォーカロイドではないかと思うのですが、検索しても、またATOKもボーカロイドでしか出てこないので、ボーカロイドと書きます。

ボーカロイドは初音ミクが有名ですが、その他でもソフトが販売されています。YAMAHAのものはいろいろできるみたいですね。とりあえずただでできるのはないかと思ったら、名古屋工大が開発しているSinsyというソフト(サイト)がありました。XMLファイルで譜面を入力すれば、WAVファイルで音声を返してくれます。musescoreで作ったXMLファイルでもOKで、単純な楽譜だと、変換時間は10秒くらいですね。

伴奏付きの譜面を入れても歌部分しか変換しないので、伴奏をどうするかを考えました。XP時代に音楽が加工できるソフトを持っていたのですが、大昔です。これも調べたら、SoundEngineというフリーソフトがありました。これでWAVファイルを合成すれば、理論的にはできるはずです。

ということで、まず声の二重唱部分を合成しました。これはOKです。次にピアノ伴奏部分はmusescoreから直接WAVファイルを作り、これに重ね合わせてみました。ところが、合いません。音声合成するときに、速度が遅くなっているんですね。それも一様ではなく、所々が間延びしています。結局ピアノを速度記号で調整し、声は細切れで貼り付けました。何とか合ったものの、微妙にずれています。カラオケで歌ってずれている感じですね。あまり他人には披露できない出来でした。

これはひょっとすると、試した曲のテンポが速過ぎたのかもしれません。今度はゆっくりとした曲でやってみます。

« カメラのファームウエアアップデート | トップページ | 大阪でヤマハ吹奏楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラのファームウエアアップデート | トップページ | 大阪でヤマハ吹奏楽団 »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ