« 確定申告作成終了 | トップページ | HIDはまぶしい »

2020/02/02

ジェットストリームのリフィール

2020年2月2日

今日はスペシャル猫の日なんだろうか(笑)。
小生が手帳用に使っているボールペンは、ボールペンの中でいわゆる「高級品」に分類されるもので、軸色が気に入っているのでずっと使っていますが、計算してみたらもう34年も使っています。当然中身のリフィールは何回か取り替えています。元々は2色ボールペンで、赤は使わないのでその場所をスタイラスにして使っていました。画面の小さい、スタイラスを使わなければいけないようなLCD画面のものもなくなったので、スタイラスも使わなくなりました。

そのボールペンが、時々かすれるようになりました。中を開けてリフィールを見たら、2005年12月製造。かすれも出るはずです。このリフィール、三菱鉛筆製のSE-7というステンレスパイプのものですが、最近は「高級品」のボールペンはあまり流行らないため、店頭に置いてあるかどうかが気になります。実際に店頭を眺めてみたら、イ○ンの文具売り場にはなく、東○ハンズにはありました。2019年5月製造です。

調べているときに気になったというか、わかったのが、最近流行の「書き味なめらか」のジェットストリーム、このリフィールがほとんど同じ寸法であったのです。ステンレスパイプで長さは同じ67mm。違うところはSE-7が直径2mm、ジェットストリームが直径2.3mm。その差は0.3mmです。たかが0.3mmされど0.3mm。がっちりしたはめ合いだとまず入りませんが、リフィールを差し込むところは柔らかいバネ性の金属になっています。ダメ元で買ってきて差し込んだところ、きれいに収まりました。SE-7の代わりにジェットストリームのリフィール(SXR-200-07/05)が使えるということです。

その結果、2色ボールペンの片方が普通の油性の黒、もう片方がジェットストリーム(0.7mm)の黒と、黒が2種類という変な配列になりました。なめらかなジェットストリームだけで良いんではないかと言われるかもしれませんが、ジェットストリームは手油が付いたような紙にはインクが乗らず、手帳にはあまり向いていないんです。それと燃費が悪いと言うか、インクの減りが早いです。手帳には普通の油性、他のところはジェットストリームと、使い分けになります。

« 確定申告作成終了 | トップページ | HIDはまぶしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告作成終了 | トップページ | HIDはまぶしい »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ