« 運転免許証返納無事終了 | トップページ | HIDはまぶしい、つづき »

2020/02/28

コロナ騒ぎの影響

2020年2月28日

チケット○あから、「公演中止のお知らせ」というメールが飛び込んできました。小生がすでにチケットを入手した4月4日のザ・シンフォニーホール、トヨタ・マスタープレイヤーズ・ウィーンの公演が中止になったというのです。このコロナ騒ぎで、4月1日から12日までの日本ツアーすべてがキャンセルになったようですね。チケットはコンビニの発券店での払い戻しだそうです。発券手数料は、どうなるのかな。

と、そうこうしているうちに、今度は3月22日にやる予定だったヴォイトレの発表会が中止になったという連絡が来ました。まだ正式な連絡ではありませんが、カルチャーセンターのホームページを見ると、中止になっています。中国四国にはまだ感染者はいませんが、いよいよコロナ騒ぎの影響が、自分の身にも降りかかってきました。

コロナ騒ぎの影響と言えば、政府の小中高の一斉休校要請、あれはひどいです。あれは「母親は常に家にいる」という、昭和30年代の発想ですね。北海道では休校したら看護婦さんの2割が出勤できなくなったという例があるくらい、社会に対するマイナスの影響の方が大きいです。暇になった子供達は行き先がないのでショッピングモールにたむろするようになり、かえって感染の危険をまします。学校の方が、まだ安全だと思います。地元の小学校はすでにインフルエンザで学級閉鎖になっていますから、こんなことを言えた義理ではないんですが。

マスクは相変わらず品切れですが、今度はどうやら熊本が震源地で、トイレットペーパーの買い占めが起こっているようです。何でトイレットペーパーの買い占めになるのかわかりませんが、市場では消費税値上げの反動で過剰在庫になっているそうで、流通のタイムラグはあっても、そう簡単にはなくならないみたいです。

« 運転免許証返納無事終了 | トップページ | HIDはまぶしい、つづき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは。
南海さんの記事を読むと、やはり、感染が多く出ている地域とそうでない地域との、温度差を感じました。

こちらでも感じ方は個人差があるでしょうが、うちは、仕事で、彼の国の方たちと随分対応していたので、しばらくはビクビクでした。
私の地域は、感染者が掛かった医療機関も判明し、それが知ってる場所だったりすると、やはり、一斉休校の要請ありと思います。
むしろ、こうなる前にやるべきことがもっとあっただろうに!という憤りは感じていました。いろいろ後手後手です。
要請であり、やらない地域や、地域なりのやり方もありなわけですから、あとは地域で決めればいいのです。

私も関係するグループ等の集まりは殆ど中止です。
コンサートなどは残念ですが、仕方ないと思います。

医療関係従事者のお子さんは困りますね。そこは何とか工夫して欲しい。
どうにか出来る業種は、在宅なり休暇なりで何とか子供やひいてはみんなを守って貰いたいです。私も地元の小学生の送迎などもたまに手伝っていましたが、こちらは今やどこで感染の危険があるかもわからない状態ですから、万が一、自分がウイルスの運び屋となる危険があるので迂闊に手を貸せません。お互い様ではありますがね。


miyaさん、ありがとうございます。

おそらく、温度差ほおありだと思います。まず、人口密度がまるで違いますから。西大寺の会陽であれだけ人が集まったのに、それから2週間経ってもなにもおきませんから、いわゆる健康保菌者もまだこのあたりにはいない(いても数が少ない)ようですね。

学校の休校は地域で決めれば良いと言っても、実際の国からの要請を無視すると、そこは国に(安倍首相に?)喧嘩を売ったと見なされますから、よほどの反骨知事でないとやらないでしょうね。来年度の交付税額に影響するかもしれないし。現に岡山と広島の県立高校は、休校になります。

しかし感染がわかっても、症状があっても、その人が人の集まる場所に行くことをと止められない(法的根拠はない)というのですから、わけがわかりません。昔の(今も?)結核予防法には、「命令入所」という強制入院の制度があったのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運転免許証返納無事終了 | トップページ | HIDはまぶしい、つづき »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ