« 東京に行っていました | トップページ | musescoreとボーカロイド »

2020/02/13

カメラのファームウエアアップデート

2020年2月13日

CANONから、カメラのファームウエアのアップデートのメールが来ました。プリンタのファームウエアのアップデートは(EPSONから)来たことがありますが、カメラのファームウエアは初めてですね。対象の障害は画像転送通信関係のようで、小生は直接SDカードから取っているのであまり関係はないのですが、一応アップデートすることにしました。

対象機種はEOS M5だけだったのですが、詳細ページを見ると、8000Dも対象です。8000Dは古い機種(になってしまった)なので、見出しから落とされたな。

やり方はカメラを直接パソコンに繋ぐ方法と、新しいファームウエアをSDカードにコピーし、そのSDカードからアップデートする方法の2種類があります。SDカードの方が簡単そうだったので、SDカード経由にしました。

やり方は簡単でした。SDカードに新しいファームウエアをコピーしてカメラに刺し、メニュー画面からファームウエアのバージョンを表示し、そこをクリックすればアップデートプログラムが立ち上がります。あとは「やるの?、やらないの?」という問いにOKを押せば自動的にやってくれます。所要時間は、数分ですね。

2機種のアップデートをやってみてわかったのですが、アップデート中の画面はM5の方が簡単モードです。英語で、「アップデート中!ボタン触るな!電源切るな!」という表示が出るだけで、ひたすら待ちです。8000Dは横のバーグラフが出てくるので、進行状況がわかります。カメラ雑誌によると、M5と8000Dを比較した場合、M5の方が高級機種との位置づけなのですが、実際に使った感じではM5は8000Dよりピント合わせもラフだし、メニューの画面も少ないですね。オートフォーカスのエンジンが新しいことで「高級機」の評価が出たのだと思いますが、実際は8000DよりM5の方が、コンデジ寄りです。

« 東京に行っていました | トップページ | musescoreとボーカロイド »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京に行っていました | トップページ | musescoreとボーカロイド »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ