« 運転免許証返納却下 | トップページ | ジェットストリームのリフィール »

2020/01/31

確定申告作成終了

2020年1月31日

「国税庁マクロ」を使って、昨年分の確定申告提出書類の作成が終わりました。昨年は手術があったので医療費が多かったのですが、その分医療保険からの入金もあったので、トータルでは例年並みです。書類作成中社会保険料控除のところで、介護保険料は天引きされていてそこはすでに収入のところで入力しているので、改めて社会保険料控除で入力する必要は無いのですが、そのまま終了したら「入力されていません」と警告が出て先へ進めません。いろいろやってみた結果、天引きされている分は「0」を入力しないとダメだということがわかりました。ここは変えた方が良いですね。

確定申告は、医療費の領収証を添付しなくても良くなったように、毎年少しずつ添付書類が減っていますが、今回から源泉徴収票を添付しなくても良くなりました。たいした減るようではないのですが、源泉徴収票の添付がなくなると、添付領収証を貼り付ける紙が1枚で収まります。これは助かりました。身体障害者手帳のコピーも、マイナンバーカードのコピーを添付すれば必要ないようです。

ただ添付領収証がまだまだA41枚分あるようでは、E-TAXにしてもその分は別送になりますから、E-TAXにするメリットはないですね。コピーしてPDF化し電子ファイルで添付すれば別途郵送の必要なないみたいですが、どちらが手間かはわかりません。土日で最終チェックし、月曜日に郵便局に持って行きます。

« 運転免許証返納却下 | トップページ | ジェットストリームのリフィール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんにちは!
あら、もう確定申告書作成終えたのですね、早いですね。私はやっと源泉徴収票も揃ったので、これから開始です。その源泉徴収票は添付しなくてよくなったのですか!? 解説よまなくちゃ(^^ゞ

医療費は、著効後も定期検査費用助成があり、神奈川県は処理が早く、年末に申請して年明け早々に入金が終わったので、医療費計算に間に合い助かります。当県は、申請に診断書費用がかからない方式にしてくれているので有り難い。この助成は収入が少ない(笑)今だから対象になり、ドクターは対象にならないと思って、最初教えてくれませんでした(笑)。今では「大事なことです」と言って直ぐ対応してくれます。

うちは介護保険料は天引きにまだなっていないので、基礎年金貰うようになったらそこから天引きされるので、そのときまで「0」入力を覚えておかなくては!

ところで、運転経歴証明書の写真、背景に少しでも線でも柄でもあるとNGなのは、パスポート写真みたいですね。申請するときの写真の注意書きがすごい。街の機械で撮ったのが通るかしら!?と、今週、更新申請行くときのハラハラです。

miyaさんありがとうございます。

確定申告は毎年2月初めには郵送しているので、今年も同じですね。受付は、1月中でもやってくれているみたいです。
国税庁マクロを使って確定申告を作成していると、添付必要書類も含め、毎年微妙に変わっているように思えます。医療費の明細表は毎年エクセルで作っていますが、数年前の様式を見直していないので、ひょっとしたら今の形は違うのかもしれません、ちゃんと通してもらっていますが。
miyaさんが基礎年金をもらう頃は、また入力方式が変わっているかもですよ(笑)。
免許証の更新、神奈川県は写真持参ですか?東京都は警察署でも否応なしに写真を撮られるので、持って行く必要はありませんでした。なお岡山は「写真は自分で撮る!」が認められていますが、東京都はどうだったのか、記憶がありません。

南海さん、再びこんにちは。
医療費の集計は、私もエクセルで自作したもので通ってます。数年前から国のにならって「治療・投薬」等の区分の列は加えましたが、国のは交通費の列が無いみたいだし、使いにくいので(^^;

ところで、神奈川県での免許更新時の写真持ち込みは、運転免許試験場では、出来ます。横浜市の人は結構試験場へ行く人が多いですが、その場で撮って貰う人が多いような……、ですが。
警察署だと向こうで撮られるのみだったような。

先日書いたのはパスポート更新申請のことでしたが、ちゃんと通りホッ。写真サイズ・顔サイズとも規定通りだと「顔が大きいな(笑)」と思いましたが、「奥さまのは、ほら、サイズマークにピッタリです」と目安のシートを出して言われました。夫のは別の写真ボックスで撮ったのですが、安くて出来上がりがワンパターンだけ。若干顔サイズが小さめだけど、なんとか通りました。
今は週に2日夜までやってますし、同じ季節なのに、10年前に比べて随分空いていました。
10年前(この時も継続更新)は少量IFN中で髪量が少ないショボい写真で嫌でしたが、やっと解放されました。が、やっぱり老けました(笑)。
具体的に近々海外行く予定は全く無いですが、更新の方が書類が楽なので、更新しておきました。世の中が落ち着いたらでかけたいですが、いつになるやら。そして、これが切れる10年後はどうなっているやら(^^ゞ 私の年齢はラッキーなことに厚生年金特別支給だけ貰っていますが、基礎年金貰う日も近いです(笑)。

ちなみに、横浜市は70になったら、敬老パスを貰えるので、所得に応じて年間に一定金額は支払いますが、乗るときは支払い無しで、バス利用者の多くは敬老パス、時によっては私以外全員それということも多いです。市営の電車系も使えるので、バス代の多寡は気にしないお姉さま方も多いです。

岡山は、手帳持ってる方はタクシー券が出るとか、市内交通機関割引とかないのてしょうか? 医療費の負担もそれなりにあるようですし、なかなか厳しいですね。

いやあ、東京も横浜も、試験場まで行く交通が便利なのが良いですね。岡山の試験場、地図で見たら、「何でこんな山の中に?」と愕然とします。警察署でも、車で来ることが前提になっていますから。岡山に移り住むときに、「車がなくても生活できる場所」ということで選び、日常生活では車無しで不便はないのですが、運転免許という「車」に絡むときにはちと面倒ですね。

パスポートの写真は(ずいぶん昔のことになりますが)、パスポートを取ったのが2回とも社命だったので、会社のお金で写真屋さんに行ったような気がします。

岡山では、敬老パスのたぐいはないですね。手帳を持っていたらバスは半額で、それは使っています。タクシーも確か半額のはずでしたが、使い方は手帳と一緒にもらった本を見ないとわかりません(笑)。岡山は介護の方にお金をかけているようで、普通の高齢者や手帳持ちには厳しいのです。

ただ仮に自宅で倒れて救急車を呼んだとき、連れて行かれるところはO大か市民病院か日赤といった信頼できる「大手」ですから、どこに連れて行かれるかわからない東京より安心ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運転免許証返納却下 | トップページ | ジェットストリームのリフィール »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ