« 定点観測 | トップページ | バスビジョン »

2020/01/17

目の中のホタル、つづき

2020年1月17日

一週間くらい前から目に軽い違和感があり、大事ではないと思いましたが、一応眼科に行ってきました。最近目の中を飛ぶ「ホタル」の数が増えたので、そのあたりも聞いてみたかったのです。

クリニックに着いたのが10時半過ぎ、空いていて、待っている人は一人だけでした。これが11時過ぎると待合室が一杯になりますから、かなり波があるようですね。一般に言われている、12時ぎりぎりが空いている、というわけでもないようです。

さて見てもらった結果は、ゴミでした。それもかなり大きいゴミが3個も入っていました。歳のせいで、まぶたの反射が遅くなっているのでしょう。小生は角膜周辺部潰瘍になりやすく、これはわりとたちが悪くて失明に繋がりやすいので、先生もそれを気にしています。先生がカルテをくって前回を見たら、2018年12月。去年1年間は何も無かったですね。ただ今までが2年に1回(偶数年)ですから、今年の暮れが危ないです。

「ホタル」に関しては、散瞳してみてもらうことになりました。結果は、ホタルはやはり硝子体中のゴミで、網膜には異常はありませんでした。なお目の中に光ったものが出るのは黒い点が出るより良くないと言われていますが、特に良くないのは稲光のようにぴかっと光るもので、ホタルのようにある程度の時間光っているものは、問題ない(ことが多い)そうです。なお硝子体中のゴミは硝子体ごと取らないと消えず、今の状態で硝子体を取り除くと、害の方が多いそうです。

まずは、一安心です。

« 定点観測 | トップページ | バスビジョン »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定点観測 | トップページ | バスビジョン »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ