« 第九のブルーレイ | トップページ | 心臓の検診、と言うより状況報告 »

2019/12/11

胃カメラ

2019年12月11日

胃の内視鏡検査に行ってきました。例年大腸内視鏡検査をやってもらっているクリニックで、小生にとっては、ここは内視鏡専門です。なお現在は「胃カメラ」は使われていないのですが、申込書予定表すべて「胃カメラ」となっているので、それで通します。

朝、朝食抜きでクリニックへ。大腸と違って準備の必要が無いので、楽です。クリニックで簡単な問診票を書き、そのまま検査待機室へ。ここは待機室(個室)が検査室の数あります。大腸内視鏡検査をやるときには下着も着替えますから、個室はないと不便ですね。問診の時確認(再確認)されるのは、麻酔の有無と、経口か経鼻か、です。鼻からの方が楽らしいのですが、小生はすべて経口で、経鼻はやったことがありません。なお小生はワーファリンは終わったもののまだバイアスピリンを飲んでいるため、組織は「取らない」というところに丸が付けられています。このクリニック(と言うより、担当の先生)は出血に対して神経質で、学会のガイドラインではワーファリンは止めないことになったのに、事前にワーファリンを止めさせます。

一旦処置室に行って点滴を開始し、待機室に戻って何やら液体の薬を飲まされ(何の薬か、聞きそびれました)、それから検査室へ。途中で小生は、臨時のトイレ。どうでも良いことですが、ここのトイレの蓋は、自動開閉式です。検査室で喉の麻酔薬(やたら苦い)を口に含んでから出し、それからスプレーで再度麻酔。小生は喉の「オエッ」ポイントが結構奥にあるので、スプレー麻酔を普通にしていたのでは届かないのですが、静脈麻酔(軽麻酔)を使うときは小生は爆睡することがわかったので、なにも申請しません。

そして左側を下にして横になり、マウスピースを咥えて、「収まりが悪いな」と思ってしっかり噛み直しているうち、意識が飛びました。変な夢を見て「ここはどこ?」と思って目が覚めたのは、1時間以上経ってからでした。内視鏡を入れるとき、抜くときの記憶は、全くありません。

完全に目が覚めた(麻酔が覚めた)頃、先生から説明がありました。逆流性食道炎が起こって、治ったあとあり。ひょっとすると心臓手術後麻酔が覚めたら吐き気に襲われて、ゲーゲーやったときのものかもしれません。あと、軽い表面性胃炎が見られるとのこと、薬を飲むようなレベルでもありません。もっとも、バイアスピリンの副作用対策で、胃の薬は飲んでいますが。まあ、異常なしレベルなので、胃カメラは次は来年ではなく、再来年で良いとのことでした。じゃあ来年は大腸でもと言ったら、それももっと先で良いそうです。しばらくは、なにも無しです。

早く終わったら喫茶店のモーニングサービスでも、と思っていたのですが、出たときはすでにランチタイムでした。

« 第九のブルーレイ | トップページ | 心臓の検診、と言うより状況報告 »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。麻酔せいぜいスプレーで経験ないです
。びっくり
小池さんの病院でうけていますが、問診と外来検査でもバンドはめられるくらい。食道静脈瘤のりペアーだと1Hくらいくわえていますが、主治医が超うまく、こまったことはないです。麻酔医ってかるんじらていますがOPのときへたな麻酔医だと最悪ですね。心外OPこんなにらくでいいのとおもいました、それいがいは吐きまくりjころしてほしいくらいくるしみます

南海さん、こんばんは。
胃の内視鏡のやり方、私とほぼ同じです。最初に胃をきれいにする(泡を消す?)ためと言って液体薬を渡されます。スプレー2回だったような。
昔、初めて胃カメラやったときは静脈麻酔はやらないでトライしたけど、私は反射が激しいタイプなので、麻酔しないでやるような無理することはないのですが、今は、麻酔薬の量は標準より減らしてやって貰ってます。標準だと、担当医にご挨拶もしないうちに落ちてしまうので(^^ゞ
経鼻は私もやったことありません。経口で慣れているし、もしかしたら組織採るかもと言われながら、まだ採られたことありませんか。元C肝患者且つ年齢的なものもあり軽い萎縮性胃炎はあるようですが、治療対象ではないです。

年末にかけ、肝臓と頭のMRI予約が入っています。肝臓は造影剤使うので高いですが、頭は近隣のクリニックですが、造影剤使わないので楽です。最近は町のクリニックでもCTはもちろん、3テスラMRIもあり、フル稼働しています(フル稼働しないと元取れないし(^^ゞ)。頭はついでにボケ具合も訊いてきます(笑)。4年ほど前にもついでに撮って貰いましたが、問題はないけど、年齢並みと言われ、いいんだか悪いんだか(笑)?

早めですが、どうぞ良いお年を!
(喪中なので年始ご挨拶は失礼致します)

ひでほさん、ありがとうございます。(IPアドレスで判断しました)

今日行きつけの内科で胃カメラの話をしたら、そこの先生も、麻酔を使ってもらっている、とおっしゃっていました。東京でやっていたところは麻酔を使わず鎮静剤だけだったのですが、小生は「オエッ」のポイントが深くスプレーがなかなか届かないので、結構苦労しました。麻酔を使った方が、楽です。

miyaさん、ありがとうございます。

小生も、胃の組織は取ったことが無いですね。大腸の時は、ほとんど毎回のようにポリープを取られていますが。
小生はめまいの持病のために頭はCTもMRIも何回か撮りましたが、異常はなかったですね。ただ頭に行っている血管が普通は3本あるそうですが、小生は先天的な一種の奇形らしく、1本が細くて活動しているのは2本だけというのもわかりました。医学的には問題ないそうですが、頭の血の巡りが悪い原因が、やっとわかりました(笑)。
岡山は頭のMRIをやってくれるところが意外と少なく、「脳ドック」を申し込まないといけないようです。

名前いれずたいへん失礼いたしました。IPアドレスがわかるんですね。ていうかわたし以外いないですね。わたしの名前を語って、へんな投稿するやつがいたら発見できるんですね。よかったです。ああそうかブラウザでわかりますかね?

ココログはIPアドレスがわかるので、それで判断できますね。
ただ小生のように旅行先から書き込んだりしていると、IPアドレスは別になりますね。なりすましか、旅行中かの判断は、アドレスからではできないです。小生も一度旅行先から散々書き込んでいたら、自宅に戻ったときに不審者扱いされ、往生しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第九のブルーレイ | トップページ | 心臓の検診、と言うより状況報告 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ