« 小田野尚之個展 | トップページ | 「セビリアの理髪師」レクチャーコンサート »

2019/12/17

臨時の歯医者

2019年12月17日

一昨日のこと、冷蔵庫から出したばかりのサラダを口にしたら、「ぎゃー」と言うくらいしみました。小生は磨き方を変えた頃から歯痛はとんとご無沙汰になったので、歯が痛いとか、しみるというのは、何年ぶりでしょうか。翌日も何となく鈍い痛みがあるので予約を取り、今日歯医者さんに行ってきました。

歯医者さんではよく「どの歯が痛い?」ということを聞かれますが、ピンポイントで歯を指摘することは、まず無理です。「左下の犬歯か、その前後。」と言ったところ、「ははあ、冷たいものがしみるとしたら、まずこの歯だな。」と先生。犬歯とその隣の歯(第二切歯)はとがった歯で口の中を切らないように先端を削り取ってあり、象牙質がむき出しになっているそうです。これは放って置いてもまたしみたりしなくなるそうですが、一応消毒して樹脂(UV硬化樹脂のようです)をかぶせて、出来上がりです。心臓手術以降、先生はよっぽどのことが無い限り歯は削りません。

先生によると、小生の歯、と言うより歯茎は、現在の生活、と言うより磨き方を続けていれば、そう簡単に削ったりするような虫歯にまでは、行かないそうです。昔治療した、金冠をかぶせてある歯は神経を抜いてあるので痛みは感じませんが、おかしくなったら必ず歯茎に症状が出てくるそうです。

次回は、樹脂を付けたことによる噛み合わせの違和感などなかったら、次のメンテナンスの1月中旬です。

« 小田野尚之個展 | トップページ | 「セビリアの理髪師」レクチャーコンサート »

その他の病気」カテゴリの記事

コメント

定期的に歯垢をとってもらうといいですよ。歯磨きだけでは限界もあるようです。そういえば初回の心臓手術後、化膿して埋没して前歯科医に放置プレイの親不知、地元病院口腔外科でOP室でぬかれました。無影灯がもろ顔に・・・まぶしいからと目隠ししてくれました。塩酸キシロカインの局麻、血圧計と心電図はつけられてびっくり。1泊しました。器械だしナースまでいて執刀医に第一助手まで、またまたへんな体験

ひでほさん、ありがとうございます。

歯石を取るのは普通半年に1回で良いそうですが、小生は血が出るような治療を避けるためだと言って、3ヶ月に1回になっています。カミさんに言わせると、先生の策略だとか(^_^;。
小生の親知らず、下の歯は根っこだけになっていたこともあって、大きな病院の口腔外科に回されました。ただ何と言うことも無く切開するわけでもなく、普通に麻酔してひょいと抜いて終わりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田野尚之個展 | トップページ | 「セビリアの理髪師」レクチャーコンサート »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ