« バスの白色LED方向幕 | トップページ | 3回目の第九合唱練習記(10) »

2019/11/04

大阪で日本センチュリー交響楽団

2019年11月4日

 

昨日、大阪のザ・シンフォニーホールに行ってきました。お目当ては日本センチュリー交響楽団です。日本センチュリーは在阪オケの中で一番評判が良く、一度聞いてみたいと思っていたものです。当日のプログラムは、まず上原彩子さんのピアノでラフマニノフの2番、メインはシベリウスの交響曲第2番で、2番つながりです。指揮は、飯森範親さん。

 

まずラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。弦の配置を見たら、10-8-6-6-4です。意外と少人数です。上原さん登場しピアノの前に座ってもしばらくそのまま、会場が静まるのを待っているのでしょうか。そしてppから始まり、次第にfへ。飯森さんの指揮と言うかこのオケ、ダイナミックレンジが広いです。ラフマニノフあたりだと金管も数がいるし、その金管が揃っているので、迫力があります。ところが、18本しかないヴァイオリンが、その金管に負けていません。ピアノの上原さんは元々迫力のある人だし、すごい迫力でした。4本しかいないコントラバスも良く響いているし、会場の助けもあるのかもしれませんが、日本センチュリー、良いです。

 

上原さんはアンコールに応え、ラフマニノフの前奏曲(作品23-5)とチャイコフスキーの四季から11月のトロイカの、2曲弾いてくれました。

 

後半のシベリウスの2番も、ピアノからフォルテまで乱れがなく、ホルン5本(アシスト付き)、トランペット3本、トロンボーン3本にチューバという金管勢に、10型の弦が全く負けていません。岡山フィルのお手本があるような気がしました。

 

堪能しました。立て込んでいるスケジュールを縫って大阪まで行って、良かったです。

 

 

« バスの白色LED方向幕 | トップページ | 3回目の第九合唱練習記(10) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バスの白色LED方向幕 | トップページ | 3回目の第九合唱練習記(10) »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ