« 3年目の第九合唱練習記(9) | トップページ | バスの白色LED方向幕 »

2019/10/29

自動ドアに激突

2019年10月29日

 

昨日、東京から帰ってきました。まあ無事に帰ってきたわけですが、滞在中はあまり無事でもないことが、、、。

 

26日(土)10:00頃、ホテルのフロントに鍵を預け、出発しようと自動ドアを通り抜けようとしたタイミングで、突然ドアが閉まりました。小生は右目が見えないためよける反応が遅れ、顔の右側に激突しました。すごい音がして、まわりの人は「大丈夫ですか?」と声をかけてきて、ぶつかった目の上を触ったら血が付いたので、とりあえず応急処置をと思い、フロントに戻りました。切れたのは少しで、消毒してバンドエイドを貼ってもらって予備を数枚もらい、写真展に出かけました。右目の目尻側にバンドエイドで目だちますが、どうしようもありません。

 

小生はワーファリンを飲んでいるためか、なかなか血は止まらず、3,4回貼り替えました。一日お客さんお相手をして懇親会にまで出てホテルに帰り、部屋でじっくり見て見ました。右目の目尻の上、まゆげのあたりが2箇所切れていました。ドアが眼鏡のフレームの上からぶつかってきた形で、岡山に帰って医者に診てもらったら、「眼鏡のフレームがあったから、このくらいで済んだ。」と言われました。チタンフレームで弾力性があり、衝撃を逃がしてくれたようです。

 

自動ドアの方ですが、両開きの自動ドアは中央に検知センサ(赤外線式の反射型光電スイッチ)があるので、いつもは中央部を通っています。ところがこの日は人通りが多かったので、右の方を通ったのです。小生の通った位置が検知センサから外れていたため、ドアが閉まってきたのでしょう。なお本来はもう1個安全センサ(透過型の光電スイッチ)が付いており、ドア前に障害物があるときはドアは閉まらないようになっているはずなのですが、死んでいたか殺してあったかだったのでしょう。

 

小生はなぜか自動ドアと相性が悪く、町田の○ックスでは3回くらい挟まれています。どうも行動パターンで、誰かがいると先にその人を通し、それから通ろうとするので、ちょうど閉まるタイミングになるみたいなんですね。町田の○ックスも、開けるのはタッチスイッチで、安全センサは死んでいたみたいです。改装後どうなったかは知りませんが。

 

その夜は出血に備えて予備のタオルをフロントからもらってきたのですが、お風呂に入ってしばらくバンドエイドを貼らずに乾燥させていたら、出血は止まりました。しかし翌27日(日)には、目が少しパンダになってきました。内出血が目のまわりに回ってきたのです。ただ場所がまゆげの下の影になっているところで、しかも眼鏡のフレームの影になり、あまり目だちません。

 

28日(月)にチェックアウトをした後、支配人さんから携帯に電話がかかってきました。「不在で失礼しました。」ということで現在の状態を説明したのですが、「パンダ」の内出血が止まらず岡山で医者に行ったとき、「事故だ」ということで保険適用を拒否されることがたまにあるので、その時は費用をよろしくと言って了解を取っておきました。口約束ですので、実際はどうなるかはわかりませんが。

 

28日夕方岡山に帰り、今日(29日)鏡を見たらパンダの範囲が広がっていたので、内科に行ってきました。本来は外科なのかもしれませんが、外科にかかりつけのところがなく(知っている外科は心臓病のS病院だけです)、また場合によってはワーファリンを一時停止するかもしれないので、ワーファリンの供給元のないかです。先生小児科もやっているので外傷になれており、傷をいろいろ見てもらいましたが、特に問題になるようなことはないのでワーファリンは止める必要なく、しばらく様子見になりました。ただ眼球の動きが悪くなっている可能性があるので、なるべく早く眼科に行くように言われました。

 

実は目の近くを打撲したときは、視力への影響が一番心配されるのです。ところが小生の右目は現在は視力0で、やっと明暗がわかる程度です。明るい光をバックに手を動かせば動いている方向(縦か横)はわかるのですが、実際の視力検査室は暗いので、方向は全くわかりません。そのため幸か不幸か、視力は低下しようがないんですね。ただ眼内出血はあり得ますから、そこは見てもらいます。内科の先生は「目の動きが悪くなっていないかどうか」と言っていましたが、右目はバンドを2重に巻いているため、動きは悪いです。時々、引っかかって急に動くような動きもします。右目が見えないため両目の光軸が揃っておらず、どうしても右側が外側を向くのですが、まだ対処するほどではないですね。

 

まあ、明日にでも眼科に行ってきます。

« 3年目の第九合唱練習記(9) | トップページ | バスの白色LED方向幕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

重篤でなさそうで何よりでした。小生いつ入院してもいいよう保険証とおくすり手帳は持参しています。また会えませんでしたね。12月にことでん旧型4Bが走るとかでいってみたい気もするんですが、シェイクする飲み薬とかいろいろあって、途中で具合わるくなったらなんて心細く、旅行にいく気分でないっす。学生時代旧国行脚で家でたら3週間は帰宅せず1日2食の素うどん生活がうそみたいに気弱です。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生も健康保険証、お薬手帳に、各種割引証(高齢者医療は保険証とは別)など、手元の鞄に入れっぱなしです。実際に役に立ったことは数えるくらいですが、それでもありました。
今日眼科に行ってきましたが、やはり今回は眼鏡のフレームでかなりブロックしてくれたみたいですね。チタンフレーム、様々です。

土曜日は懇親会もあったため、大盛況でした。写真展はかなりぎりぎりの状態でやっているようで、来年開催の保証はない、などと言われましたが、多分来年もやるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3年目の第九合唱練習記(9) | トップページ | バスの白色LED方向幕 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ