« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 3年目の第九合唱練習記(8) »

2019/10/19

井原市立田中美術館

2019年10月19日


井原市立田中美術館に行ってきました。井原線に乗るのは、初めてです。
井原線は第三セクターで運賃が高く、「吉備之国おでかけパス」という乗り放題の切符を事前(販売は、乗車の前日まで)に買っておくと便利です。消費税の関係で値段が上がって2020円、それでも、井原へは行って帰るだけでも得です。


19101802a 倉敷で早めの昼食を採り、伯備線で倉敷へ、そこで井原線に乗り換えます。車両は新潟トランシス製のレールバスIRT355型、18m級ですが、355PSのエンジンを積んでます(型式の355はその馬力による)。井原線は伯備線の上下線の間にあり、そこから坂を登って伯備線下り線をオーバークロスし、そのままカーブしている連続ワーレントラスで高梁川を渡ります。井原線のワーレントラスは下路式で、その下流にある山陽新幹線や山陽自動車道が上路式なので、目だちます。


井原線は建設途中で一旦凍結され、第三セクターになって開業したため新しく、線路規格が良いです。踏切はほとんど無く、線路は50kgレールに継ぎ目は支え継ぎで、昔の乙線規格くらいありそうです。乙線だったら、D51はおろかC60が入れます。伯備線沿線の石灰石を福山の製鉄所に運ぶ場合、山陽線を経由すると倉敷と東福山の2箇所でスイッチバック、貨物の場合は機関車の付け替えが必要になります。ところが伯備線-井原線-福塩線と経由して福山から東福山に入ると、スイッチバックせずにまっすぐ入れます。そのため井原線の建設目的は貨物のバイパスルートかと思ったのですが、途中に33パーミルの勾配があるため、貨物主体ではなさそうです。吉備線の延長として建設されたそうで、確かに吉備線からもスイッチバック無しで入れますね。19101807a


乗客の大半が、途中の吉備真備(きびのまきび)で降ります。岡山の周辺はこの吉備真備や、和気清麻呂の和気など、歴史の教科書に出てくる人が多数いますね。この真備町、昨年の西日本豪雨で水没したあたりです。列車の高架線から見ると、現在は住宅の建設ラッシュ。やはり立て替えざるをえなかった人が多いのでしょう。そのため新しい家が多いのですが、屋根まで泥が付いて窓やドアが一切無い廃屋があったりします。町を歩くと、もっと傷跡はあちこちにあるそうです。


井原駅から十数分歩いて、田中美術館に着きます。平櫛田中はこの井原市の生まれで、旧姓は田中さん。そこから福山市の平櫛家に養子に行き、彫刻家として活躍したアトリエがあったのは小平市。そのため、井原市、福山市、そして小平市と3市での名誉市民で、名前を冠した美術館はここ井原市と小平市にあります。今回は井原市立田中美術館で、開館50周年と没後40年の記念特別展です。


平櫛田中の作品で一番有名なのは、国立劇場を飾る「鏡獅子」の彩色木彫ではないかと思います。この像は木彫りの前に石膏の原形があり、その原形は田中美術館のエントランスホールに飾られてそこは撮影可、また近くの公園「田中苑」には、石膏原形から取られたブロンズ像が飾られています。19101806a


今回は記念展だけあって、小平市立平櫛田中彫刻美術館や、東京国立博物館、東京芸術大学、さらには個人蔵まで、計79点の作品が集められています。平日なので、ゆっくりと、行きつ戻りつして見て回れます。特に印象に残ったのは、お守りとして作られた「大日如来香合仏」(初公開作品)と、晩年の作である「舟観音」です。


ミュージアムショップに鏡獅子のきれいなクリアファイルがあったので、買ってしまいました。

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 3年目の第九合唱練習記(8) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 3年目の第九合唱練習記(8) »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ