« 3年目の第九合唱練習記(1) | トップページ | 中央図書館で鉄道映像の上映会 »

2019/09/06

半年に1回の肝臓の定期検診

2019年9月6日

O大病院に、半年に1回の肝臓の検査に行ってきました。C型肝炎は、著効から13年半になります。思えば遠くへ来たものだ。

今回の検査は、3月の心臓手術の時の感染症検査のうちのB型肝炎、C型肝炎の検査も兼ねているので、結果を聞くために一週間前採血にしました。AST/ALTが正常範囲とはいえ高めなのも、気になっています。

まず気になっていた感染症検査の結果は、B型:S抗原定量→検出限度以下。C型:HCV核酸定量(リアルタイムPCR法)→検出せず。まずはOKです。AST/ALTが高いのは、アミオダロンが悪さをしているような気がします。

血液関係は、白血球数:5.13(4.48)E3(括弧内は、半年前)、赤血球数:4.62(4.76)E6、ヘモグロビン:13.7(14.5)、血小板数:207(164)E3。ヘモグロビンがやや少なめですが、おおむね良いところです。あまりよくないのがクレアチニンで、1.17でした。半年前(手術前)が1.00ですから、明らかに悪くなっています。原因は、これもアミオダロンか、はたまた利尿剤か。どちらにしろ、あの強力な薬は、あまり続けて飲むものではありません。利尿剤も、腎機能を低下(少なくとも、見た目は)させるらしいです。

腹部超音波を撮るとき、フィブロスキャンを一緒にやりました。フィブロスキャンを計る機械は数が少なく、検査前に隣の部屋の技師さんと話して、どちらが先にやるか、です。小生の方が先で、検査終了後カーテンの外に機械を出しておくと、隣の技師さんが持って行きました。10回計って平均値ですから、大学1年の時の応用物理学実験(測定法の基礎)を思い出しました。測定値の上下両端1個ずつはカット(昔は、オリンピック方式といいました)というやり方も、たまに使っていました。なおフィブロスキャンも超音波も、異常なしです。検査後診察まで30分以上あったので、ここでまたアメリカンブレックファーストです。

O大の診察が終わった後、行きつけの内科に行ってきました。来週S病院に行くのに紹介状を書いてもらうためです。O大は半年に1回でもう半年後の予約が決まるのに対し、S病院は半年ごとに逆紹介と紹介の繰り返しです。薬の処方があるのでバトンを渡した、ということになるのでしょうが、なんとも面倒なシステムです。来週のS病院での診察後、薬はかなり変わる可能性がある(変わってくれなければ困る)ので、今回は一週間分だけもらいました。後の商法は、S病院に行った後です。

« 3年目の第九合唱練習記(1) | トップページ | 中央図書館で鉄道映像の上映会 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

通院お疲れ様です。なかなかいい成績でうらやましいです。あんまりひどすぎて?最近フィブロスキャンうけていません。おまけにでぶ用のプルーブでないとうまく測れないです。10回受けますが、安定しません。S病院ってかなりかわっていますね。特定機能病院とか、大きめの病院で初診で紹介状ないとお金とる病院でも半年おきであれば追加料金いらないそうです。カーテンの件といいS病院はやはり変わっています。対応できないくらい外来が大渋滞なのかも?

ひでほさん、ありがとうございます。

S病院は、厚労省の方針に対して「良い子」でいたいみたいですね。「言うことを聞かない」のは、東京周辺ですと可能ですが、田舎だとやりにくいでしょう。S病院は、年間の逆紹介の件数を、県だったか市だったかに報告していました。半年に1回診察しているのですから、逆紹介の水増しみたいな気もしますが、患者の「囲い込み」と取られることをものすごく警戒しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3年目の第九合唱練習記(1) | トップページ | 中央図書館で鉄道映像の上映会 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ