« S病院で心臓の検診 | トップページ | 中秋の名月 »

2019/09/13

アミオダロン終了

2019年9月13日

昨日の報告も兼ねて、かかりつけの内科に行ってきました。本当はS病院のT先生からの手紙(連絡票)が着いてからの方が良いのですが、来週月曜日が祝日であることを失念し、薬が足りなくなりました。

まず先生に、アミオダロン終了、ワーファリンの減量、3ヶ月後のワーファリンの終了の3点を伝えます。先生はワーファリンを(も?)すぐに止めるように連絡したのですが、T先生の判断では、アミオダロンが効いている間はワーファリンを飲んだ方が良い、というものみたいです。アミオダロンは半減期が19~53日と長く、3ヶ月たっても1/4くらいは体に残っています。まあ2ヶ月たつと、体感として減ったのがわかりますが。

このアミオダロンの影響とおぼしきところが、昨日の血液検査でも出ています。ヘモグロビン=13.7(下限ぎりぎり)、AST=29(上限ぎりぎり)、eGFRの43.7は、アミオダロンの影響か本当に悪くなっているのか、不明ですが。

今日もらった薬からアミオダロンはなくなりましたが、アミオダロンとペアで飲んでいたファモチジン(ガスター)はそのまま出ていました。これはアミオダロンの副作用対策で、薬局から連絡して取り消してもらおうかとも考えたのですが、そのままもらってきました。昨日T先生が「バイアスピリンは胃に影響があるので、胃の内視鏡検査を受けるように。」と言ったことを思い出したからです。この1ヶ月は、バイアスピリンを飲むときにファモチジンを飲むようにします。朝夕が朝だけに減るので、必要量は半分ですね。

« S病院で心臓の検診 | トップページ | 中秋の名月 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« S病院で心臓の検診 | トップページ | 中秋の名月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ