« 3年目の第九合唱練習記(5) | トップページ | 今年も写真展に出品します »

2019/09/30

180度V型エンジン

2019年9月30日


旧国鉄気動車のエンジンはずっとDMH17系(DMH17Cで180PS)でしたが、パワー不足だったので、国鉄末期にDMF15/DML30系(DML30HSで500PS)が開発されました。6気筒のDMF15と、その2台分を一体にした12気筒のDML30。このやり方はDD13のDMF31SからDD51用のDML61Sを作ったときと手法は同じなのですが、DML61系はV型なのに対し、気動車は床下設置のためにV型が使えず、水平対向になったと記憶していました。


ところが最近調べていたら、「180度V型」なる言葉が出てきました。DML30系は水平対向ではなく、180度V型だというのです。さっそく調べてみました。


水平対向エンジンは、スバルの車などに使われていますが、シリンダが向かい合わせ横向きに寝ています。そして対向するピストンが、クランクシャフトの180度違った位置に取り付けられていることがわかりました。対向するシリンダの動きは、両手で2つのピストンを表すと、左手が左に行ったときには右手は右に、左手が右なら右手は左、つまり両手が外内外内と動きます。この動きがボクサーに似ているので、ボクサーエンジンとも言いますね。Img_82831a


対してV型エンジンは、向かい合ったピストンはクランクシャフトの同じところに取り付けられています。180度V型だと、先ほどの手の動きで左手が左に行ったら右手も左、左手が右に行ったら右手も右です。動きは左右左右です。


180度V型の意味が、やっとわかりました。なお180度V型はピストンの動きによる振動をバランスさせるためには6気筒以上の多気筒化が必要なのに対し、水平対向エンジンは2気筒でもバランスします。一方全長は水平対向機関の方が長くなるので、スペースに余裕のない気動車用エンジンは180度V型にしたのだと思われます。


長いこと鉄道ファンをやっているつもりなのですが、まだまだ知らないことがいろいろ出てきますね。


今日で9月も終わり、あっという間に今年の3/4が過ぎました。

« 3年目の第九合唱練習記(5) | トップページ | 今年も写真展に出品します »

鉄の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3年目の第九合唱練習記(5) | トップページ | 今年も写真展に出品します »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ