« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019/08/30

一週間前採血

2019年8月30日


採血だけのために、O大病院に行ってきました。肝臓の定期検診は来週で、今回の採血はTの門時代によくやっていた、一週間前採血というやつです。


Tの門の時は、前回診察時に採血の検査オーダーが出ていますから、自分の都合のよいときにいきなり行ってOKでした。C型のウイルス検査がTaq-Manになった後は一週間では結果が出なかったので、2,3週間前に行っていました。ところがO大病院は採血も検査日の指定された検査扱いで、採血だけ「検査日の変更」を事前に依頼しなければなりませんでした。このあたりは国立大学(法人名は?)のせいか、面倒ですね。


今回特に一週間前採血にしたのは、手術時の輸血の感染症検査がB型とC型肝炎でできなかったからです。普通は単に抗体反応だけを見ますが、小生の場合はB型C型とも1階感染して治癒(医学的に正確な言い方ではありません)しているので、どちらも検査すると「感染歴あり」で出てしまうんですね。そのため小生の場合はB型はHBsの抗原検査(抗体検査までできれば最高)、C型はウイルス検査(Taq-Manまでやる必要はなし)が必要です。東京にいたときは、少なくともHBsの抗原/抗体検査は開業医でもできた(実際は検査機関に依頼ですが)のに、岡山ではできません。保険制度が変わって大きな医療機関でないとその手の検査ができなくなったのか、それともかかりつけの内科が使っている検査屋さんの対象外なのか、そのあたりは不明です。この話をS病院にしたところ、「9月にO大で肝臓の検査をやるのなら、そのときで良いですよ。」と言われ、それなら診察の時には検査結果が出ている方が良いと思って、一週間前採血にしたものです。19083001a


朝8時半前にO大病院に行ったのですが、採血いつも待つので、会計まで終わったのは9時半ちょっと前でした。これが9時頃病院に入ると、終わるのは11時くらいになります。総合受付が開く前に入るのが、待ち時間を少なくするコツです。


採血のため朝食抜きできたので、院内食堂で「アメリカンブレックファースト」の朝食。これで500円ですから、お買い得です。小生は朝食後に飲む薬が多いので、水がしっかり飲めるようなところでないと、だめですね。具体例だと、ガストは良いのですが、マックはだめです。この院内食堂は、冷水とお茶と、セルフで飲めます。


診察は来週金曜日ですが、超音波検査もあるので、また朝食抜きですね。

2019/08/28

N700S試運転

2019年8月28日Img_76701a

東海道/山陽新幹線の新型車両、N700Sの山陽新幹線での試運転情報を入手したので、写真を撮りに行ってきました。入手した時刻だと、新倉敷で「こだま」を追い抜くのですが、これが「ハローキティ500系」の「こだま」です。

新倉敷で、8両編成の頭が撮れる位置、ホームの福山よりに陣取ります。新倉敷に止まる列車は1時間に1本しかないので、ホームのベンチは使い放題です。同業者の姿は、見えません。仮に同業者がいても、新倉敷では上下線間のケーブルを嫌ってホームの岡山よりに陣取る人が多いので、福山よりはすいています。

ところが「こだま」の到着時刻前に、「約10分遅れて到着します」というアナウンス。「のぞみ」も含めて全部遅れていると新倉敷での待避は変わらないのですが、このハローキティは博多から来て新大阪で折り返すため、上りの遅れをそのまま引きずります。そうなると、待避駅はおそらく相生に変更ですね。Img_76821a

通過予定時刻より若干遅れて、まず普通のN700が通過し、その後N700Sが通過しました。先頭のボンネットに黒い筋が入っていますが、これは測定器のコードのようです。その後、所定時刻より12分遅れて「ハローキティこだま」が到着しました。この時刻は今日までなので、新倉敷でのハローキティとN700Sとの並びは、実現せずです。

追記です。小生は記憶で「新倉敷待避」と思い込んでいましたが、過去の写真をひっくり返してみたら、新倉敷待避は2016年のことですね。2017年がどうなったかわかりませんが、少なくとも2018年には新倉敷待避はなくなっていました。現在の時刻表によれば、定刻なら岡山駅で並んだはずです。ただ岡山駅で両方のホームに並んだ列車を1枚に入れるのは、魚眼レンズか何かを使わないと無理ですね。しかも今は夏休み中で人が多く、見通せません。

Img_76841a

2019/08/27

週刊誌の発売日

2019年8月27日

子供の頃(昭和30年代)雑誌「少年サンデー」をとっていましたが、熊本の田舎故、発売日は東京の2日遅れでした。その後登場した特急「みずほ」でさえ東京まで17時間かかっていた時代、貨物(貨車便)より速い荷物(客車便)で送られてくるとはいえ、2日遅れはまあ致し方がないことでしたね。

それから十数年後、新幹線が博多まで開通した頃、九州でも少なくとも新幹線の沿線では、週刊誌の発売日が東京と同じ日になりました。仮に東京から発売日を遅らせてしまうと、東京で買った週刊誌を新幹線で読み捨ててしまえば、その日の午後には博多駅に「ゴミ」としてまだ発売前の週刊誌が出てくることになりますから、やっぱりまずかったんでしょうね。

岡山に越してきて、雑誌事情(「鉄道ファン」など鉄道趣味誌を含む)は東京の1日遅れ、週刊誌(隔週刊誌も含む)は当日でした。これが大阪まで行けば雑誌も当日発売だったので、たぶん兵庫県と岡山県の県境あたりが境目だったのでしょう。この頃は書籍はJRコンテナの輸送に変わっていたので、東海道線で事故でもあると、たちまち発売日が一日遅れました。

ところが今年4月、(東京での)ドライバー不足のため雑誌を所定の時刻までに輸送することが困難になったそうで、週刊誌が一日遅れ、鉄道趣味誌などは2日遅れになりました。岡山7:04到着の67列車の場合、東京貨物ターミナル発が20:49、積み込みのための到着締め切りは19:31ですから、発売日前日の発送作業の中で、東京貨物ターミナル行きのトラックが捻出できなくなってきたんですね。だんだん日本が衰退に向かっているのが、わかります。

なお先日岐阜に行ったとき、本来は25日発売のはずの「ビッグコミックが」名古屋駅で23日に売っていました。25日が日曜日なので、以前は土曜日に発売だったのですが、最近の土曜休日化の流れの中で金曜日発売にしたのでしょう。なお岡山は26日発売なので、小生は発売日の3日前に読んだことになります。

2019/08/23

岐阜に行って来ました

2019年8月23日 Dscn2760a


21日から、名古屋界隈を旅行していました。初日はJRの富田でDF200に変わったセメント列車の撮影。翌日は衣浦臨海鉄道の重連貨物列車を撮ったあと、各務原(「かがみはら」ではなく、「かかみがはら」)の航空宇宙博物館へ。各務原には航空自衛隊の基地(飛行場)がありますが、川崎航空機(現、川崎重工)のお膝元なんですね。そのため展示の説明も、川崎重工がどう絡んだかという説明が多くなっています。


この博物館の特徴は、ともかく本物がずらっと並んでいること。引退後最後の飛行を各務原まで行ってその後この博物館に所蔵された気体も多く、見ていて飽きません。ただ場所柄展示されているのはほとんどが軍用機で、民間旅客機はYS-11だけみたいでした。


目玉は3式戦闘機飛燕、ただしこれはレプリカです。F-104Jは本物がありました。Dscn2763a


23日は天気が悪かったのですが、傘をさして歩けるくらいの雨だったので、奈良を回って興福寺の新しい中金堂を見て帰りました。

2019/08/19

ココログのリニューアル後

2019年8月19日

小生はブログでココログを利用していますが、ココログに掲載した写真はクリックすれば大きく(元のサイズに)なるよう、自動的に設定されていました。小生のホームページでも、HTMLをごそごそ書いて同じような機能にしたところもあります。最近は面倒くさがってやっていませんが。

ところがココログが今年3月19日に全面リニューアルになったら、この機能がなくなってしまいました。そして「まあ、しようがない」とそのまま放って置いたら、いつの間にかこの機能が復活していました。

ココログがリニューアルして、写真をアップするやり方も変わり、いつもうまく行かずに苦労しています。その中での操作の違いでしょうか、所々に拡大できない写真も出てきています。8月5日の鹿児島線の写真を撮った記事で、「くまモン」は大きくなりますが、EF81303は大きくなりません。昨日この事実に気がつき、8月16日の記事も大きくなるのは片方だったため、何回か写真を入れ替えてやっと2枚とも大きくなるようになりました。HTMLで編集すると、なぜかうまく行かないんですね。

ココログがリニューアルしてリッチテキストでの編集もできるようになりましたが、テキストエディタで編集したものをリッチテキストで確認すると、改行が3行開けになってしまいます。HTMLでは1行分しかないのに、なぜか3行開けです。写真のある記事で改行スペースが大きいのは、そのためです。

ココログはどんどん(こっそり)修正がかかっていますから、ここもそのうち修正が入るかもしれません。

2019/08/16

岡山電軌の乗降中表示

2019年8月16日7202img_318241a_20190818101201 

 

昨日の台風は、岡山市の小生が住んでいるあたりでは、何事もなく終わりました。最も同じ岡山市でも、南の方では停電になったと聞いていますので、小生の住んでいるあたりが特に何事もなかったようです。 

 

さて、岡山市内を走る路面電車岡山電気軌道の車両に、「乗降中」の表示が付き始めました。ドアが開いているときには「乗降中」の表示がLEDで出るもので、ほとんどの路線バスは後部に付けていますね。岡山電気軌道には安全地帯のない停留場もありますので、やっと付いたか、という感じもしますが、遅すぎるということはないです。

この乗降中の表示ですが、バスは縦書きです。従って電車も縦書きにするとバスと同じものが使えるのですが、7600型以降は前面のデザインが変わってヘッドライトのあたりが引っ込んでおり、縦書きの表示器がつきません。そのため、7600型以降は横書きの表示器が付いています。それなら全部横書きにした方が部品の統一になるのですが、バスとの統一など、いろいろあるのでしょう。7701img_318041a

現在在籍ボギー車の2/3ほどに取り付けが完了しています。間もなき全車に取り付けが完了するでしょうが、その時日光軌道線色(3005)とクロ(3007)がどうなるかです。なおタマ(7001)には、縦書きの表示器がすでに取り付けられています。

 

 

2019/08/14

制汗デオドラント剤

2019年8月14日

 

小生はデオドラント剤として、パウダースプレーを使っています。元々足のにおい防止に使い出したのですが、身体(ワキ)にも使えるか、と言うより、そちらが主体の製品なので、身体にも使っています。多分に気休めの所もあると思いますが。

 

7月に東京に行ったとき、旅行用の小さなスプレー缶の中身が切れました。そこでドラッグストアに買いに行ったところ、小さなものはスプレー缶はなく、ロールオンタイプしかありません。まあ良いかと思ってロールオンタイプを買ってきました。そこで使い出したのですが、7月末になり、「汗の出方が変わった」という記事のようにワキが汗びっしょりになるようになると、白いシャツが黒くなるようになってきました。ワキのところだけ黒くなります。

 

最初は、歳のせいで汗の成分が濃い方に変わった(加齢臭の元です(^_^;)のではないかと思っていました。しかし黒くなり方がどうも変で、実験でロールオンのデオドラント剤を使うのを止めました。そうしたら、黒くなりません。何と、黒くなる原因は、ロールオンタイプのデオドラント剤だったのです。黒くなり方から見ると、成分の中に銀が入っているようですね。

 

黒くなった被害は、シャツ2枚で済みました。ただ水性顔料インクでさんざんな目に遭いましたが、銀(塩化銀?)のような不溶成分が布の中に入り込むと、なかなか落ちません。気長に洗濯を繰り返すしかないようです。

2019/08/13

岡山市民病院で弦楽四重奏

2019年8月13日

岡山市民病院に、弦楽四重奏を聞きに行ってきました。岡山フィルに御弦楽四重奏は、前回県立美術館での演奏会に振られて(満員札止め)いますので、今回リベンジです。まあ、聞きたければお金を払って演奏会に行けば良いのですが、どういうものか見物したい気もあります。

今日は平日ですが、お盆のためにバスは休日ダイヤ。そのため時間が合わず、昼食が終わって12時には会場に着きました。会場前に座り心地の良さそうな椅子があったので、そこに座って読書です。すると30分も経った頃、隣に小生よりは年上らしい女性が。やはり弦楽四重奏を聞き残られたそうで、なんだかんだ話し込んでしまいました。昭和16年(真珠湾の年!)生まれだそうです。若い!

曲目は、
1.ディベルティメントKV.138より第1楽章/モーツァルト。
2.ホラ・スタッカート/ディニーク
3.ボヘミアン・ラプソディ/Queen
4.上を向いて歩こう/坂本九
5.川の流れのように/美空ひばり
6.瞬き/back number
7.弦楽四重奏曲「アメリカ」より第1楽章/ドヴォルザーク

会場の多目的ホールは、満員。松本院長の挨拶のあと、第1ヴァイオリンの長坂拓己氏が曲目解説をしながら演奏が進みました。6番目の「瞬き」は、映画「8年越しの花嫁」の主題歌です。8年越しの花嫁の舞台の一つが岡山市民病院で、エンドロールに職員さんの名前がずらっと出ているそうです。

アンコールは1曲目のディベルティメントの第3楽章。外は猛暑の中、涼しく楽しめました。

2019/08/11

免許証での本人確認

2019年8月11日

以前小生は、本人確認書類としては運転免許証が最高という記事を書いたことがあります。
1)名前、生年月日が明記してあること。この明記とは、原則印刷です。
2)住所が明記(印刷)してあること。
3)顔写真が貼り付けられていること。
4)有効期限が明記してあること。

という条件をすべて満たしているんですね。今まで本人確認で免許証を提示したときに、第2の本人確認書類の提示要求を受けたことはありませんでした。健康保険証などは1枚では済まず、他の本人確認書類を要求されることが多々あります。

ところが今回、初めて「免許証だけではダメ」という例に遭遇しました。先日Aと一緒に鹿児島線を回ったとき、福岡空港の近くでレンタカーを借りました。Wそこのレンタカー屋さんの店頭に掲示してあったのです。免許証は変更になっている可能性があるので、他にも住所を証明する書類が必要、ということでした。クレジットカード払いの時は何も本人確認書類は必要なく、クレジットカードだけでOKです。

レンタカー屋さんとして一番困るのは、乗り逃げですね。車ごと行方不明になる、どこかに無断で乗り捨てる、等。クレジットカードの場合は少なくとも損害金額は契約通り請求できますから、クレジットカードだけで良いんでしょう。こうなると本人確認ではなく、支払い保証のようなものですが。

確かに、運転免許証に住所が印刷してあっても、住民票は移動したのに免許証の住所は変更していない、引っ越したのに住民票は移動させていない、等免許証の記載住所が現実と違う例はいろいろ出てきますね。ただそうやっていると、銀行等本当に本人確認が必要なところで、大変な目に遭いますが。

かく言う小生、一時期「虚偽」の住所を使っていた時代があります。岡山にマンションを買ってしばらくですが、住宅を購入するときはそこに住民登録がないと居住物件として認められない、という変な制度のため、住民票だけ先に移しました。それからマンションのリフォームに入ったのでまだ住める状態ではなく、半年くらい東京にそのままいました。そして必要上免許証の住所は変更したため、東京では免許証の表を提示して形式上は虚偽の、実際には住んでいる住所を、岡山では裏を提示して形式上の、実質は居住実績のない住所を提示していました。まあ小生の場合は一気に引っ越さずに徐々に重心移動をしたのでこうなったのですが、本当に免許証の住所に住んでいるかどうかは、わからないですね。

2019/08/09

月1回の心臓の定期検診

2019年8月9日

昨日、1ヶ月に1回の心臓の検診に行って来ました。先月まではたまに朝から心臓がドキドキいっていることがあったのですが、8月になって、というより梅雨明けしたらそれもなく、まあ順調と言えるでしょう。階段も、3階まで位は普通に上がれるようになりました。ただ上がった後軽い脳貧血の症状が出るので、このあたりは要注意です。多分脈拍がすぐには上がらないためでしょうけど。

鹿児島旅行中に車でどこかぶつけたらしく、膝の内側に3cmくらいの黒い丸ができています。これは見てもらいましたが、このくらいだったら特になんともなくパスです。RFCAの後みたいに、足の裏側全体が真っ黒になると話は別でしょうが。

このクリニックでは、体重を気にしています。腎機能も落ちているので、体重が急に増えるということは、腎臓での水の排出ができないことで、要注意です。小生はほとんど変化無く(変動幅0.5kg以内)、測る前に「このくらいかな」と言うと0.1kgくらいの誤差しかないので、「しっかり管理している」と褒められています(^^)v。

血液検査は検査センターに依頼なので、翌日自宅にFAXで送られてきます。
今回の結果は(()内は、先月)、白血球数6000(4900)、赤血球数487万(491万)、ヘモグロビン13.9g(14.0g)、血小板数21.9万(21.6万)。
鹿児島行きの前に風邪を引いたので、その分白血球数がちょっと多いですが、それ以外は先月とほとんど変わりなく、正常です。
PT-INR2.83(2.35)、ALT23(37)、γGTP34(61)、eGFR51(46)。
ワーファリンが多少効きすぎのようです。まあ来月S病院に行くので、そこで終了か、量変更の指示が出るでしょう。小生はこれから風邪の季節になるので(3ヶ月後は11月です)、薬の選択肢を増やすためにはそろそろワーファリンは卒業したいところです。
肝臓関係の()内は先々月の値ですが、ALTもγGTPも正常範囲ですが上限近くなり、どうなっているのか心配でした。今月は落ちてきていますので、薬のせいか何かでしょう。eGFRが改善したのは、朗報です。食事制限をもっと強化するのは、ちょっと大変ですから。

そのクリニックからS病院の予約を取ってもらい、診察は9月12日になりました。その前週にO大病院に肝臓の検診に行くので、ついでに輸血後感染症(B型とC型肝炎)の検査結果もわかります。

2019/08/05

鹿児島に行って来ました

2019年8月5日Img_74671a


昨日、無事鹿児島から帰ってきました。鹿児島と言ってもそこしかホテルが空いていなかったため鹿児島まで行ったもので、撮影場所は川内より北で、植木まで上りました。


天候には恵まれたのですが、恵まれすぎて暑く(車外温度計では40℃)、また光線も強烈でコントラストが強く、あまり良い写真は撮れませんでした。それでも偶然にステンレス車体の最後の生き残りであるEF81303がやってきて、撮ることができました。


まあ、Aの行動ですから、撮影場所で夜明けを迎え、日が暮れてから撮影場所を後にする、という行動パターンで、2日間4時出発22時帰着でした。2泊が限度ですね(^_^;。なぜか体調は問題なかったです。ただ最後の博多から岡山までの新幹線では、眠らないようにするのが大変でした。眠ったら最後、新大阪まで連れて行かれます。Img_74911a


主な撮影場所は肥後田浦あたり、高校時代にも何回か行った場所です。現在は第3セクターの肥薩おれんじ鉄道になっており、電化されているのにディーゼルカーが行き来しています。半分熊本ですから、当然くまモンがのさばっています。

2019/08/01

鹿児島に行って来ます

2019年8月1日

明日から、鹿児島に写真撮影に行って来ます。博多(空港だから、福岡か)でAと合流し、そこから車です。狙いはEF81とED76。EF81も裏日本縦貫線から姿を消したので、残りはJR東JR西と、九州内のJR貨物。JR東もJR西もEF81の定期運用はないため、残るは九州内のJR貨物だけですね。ED76も当然九州内だけ、九州はここにしかいないというレア車が結構います。

「機関車が引っ張る列車」というものを追いかけると、イベント列車を除けば、JRは貨物列車だけになってしまいました。Aと行くときは、ほぼ貨物列車の追っかけです。

Aも小生と一緒の時は比較的おとなしいスケジュールなので、一応ビジネスホテルを取ってあります。何時に到着し、何時に出発するのかは不明ですが(笑)。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ