« 心臓の検診=貧血は改善 | トップページ | ホームページに手術入院日記を追加しました »

2019/07/14

元素の周期律表

2019年7月14日

学生の頃は、元素の周期律表を3段目くらいまで覚えていました。これは覚えていると、試験で役になったりします。もっぱら高校までですが。それからずっと周期律表は縁が無く、先日ふと周期律表が気になったら3段目の前半と後半(A属とB属)の順番があいまいだったので、ネットで調べてみました。何と、大変わりしていました。

まず名前が周期律表ではなく周期表という呼び方が一般的になり、表も今まで9列だったものが18列になっていました。いろいろ調べたら、小生が昔(1960年代)教わったのは短周期型周期表というもので、現在のものは長周期型周期表というものだそうです。現在の長周期型に変わったのは、1988年にABの亜属が廃止され1~18までの属に名前が変更されたことが大きいようですね。いつのまにか、世の中がすっかり変わっていました。

周期表はこれで決まりかというと、そうでもないみたいで、上下を逆転した周期表も提案されています。現在の周期表は右に行くと数字(原子番号)が上がり、下に行くと上がります。これ、グラフから見ると上下逆なんですね。そこでグラフ(第一象限)と同じように、上に行くと数字が上がるようにしたのが上下逆転した周期表です。どうなるでしょうね。もう小生には関係のない世界ですが。

今回は、あえてリンクを入れていません。興味のある方は、「周期表」と「短周期」をANDに入れて検索してみて下さい。

« 心臓の検診=貧血は改善 | トップページ | ホームページに手術入院日記を追加しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは~。
わっ、懐かしい。そうなんです。「周期律表」は、いつの間にやら「周期表」が一般呼称になっていたのです(笑)。これで年齢がバレますね(^^ゞ
もう十何年前かなぁ、高校の化学系の副読本の編集を手伝った時にびっくりしました。
今年は周期表誕生150周年とかで、国際周期表年2019 だそうです。
http://iypt2019.jp/index.html

知人のご主人が手術後、バストバンド?も取れて退院されたそうですが、何処へ行くのも付き添って欲しいと言われているそうです。70代も後半だと、やはり堪えるんでしょうね。
南海さんはお元気そうで良かったです。

miyaさん、ありがとうございます。

「周期表」の方だけに反応されましたが、十数年前というと、まだ短周期が生き残っていましたか?小生は名前でまずびっくりし、その後長周期の表を見てまたびっくりしました。
心臓の手術の後は血圧や脈拍を抑える薬を飲まされるので、めまい、ふらつきは当たり前に出るようです。小生のように「階段を登ると、上の方で脳貧血が起こるなあ」と思いながら平気で単独行動をするタイプと、「これは危険だ」と思って付き添いを依頼するタイプと、分かれるのではないでしょうか。高齢になるほど、「危険だ」と思うことが多いとも思いますが。
なおうちのカミさん、日頃は全く(病院に行くときも)付き添いなどやらないのに、先日の「春の院展」はしっかり付き添いをやりました。付き添い者も、入場料はただですから(^_^;。

先ほど、下記をコメントしたのですが、消えちゃった?ようで。再度トライしてみます。ダブったら消してくださいm(_ _)m

南海さん、こんばんは~。
わっ、懐かしい。そうなんです。「周期律表」は、いつの間にやら「周期表」が一般呼称になっていたのです(笑)。これで年齢がバレますね(^^ゞ
もう十何年前かなぁ、高校の化学系の副読本の編集を手伝った時にびっくりしました。
今年は周期表誕生150周年とかで、国際周期表年2019 だそうです。
http://iypt2019.jp/index.html

知人のご主人が手術後、バストバンド?も取れて退院されたそうですが、何処へ行くのも付き添って欲しいと言われているそうです。70代も後半だと、やはり堪えるんでしょうね。
南海さんはお元気そうで良かったです。

あらごめんなさい、今度は表示されました。
なるほどね、南海さんが基準生活ではないのですね。彼女はご主人と同い年なのですが、スゴく元気なので、合わせるのが大変と言ってます。
私も(心臓ではないですけど)手帳保持の方と同行することはありますが、付き添いのお役目の時は一緒に割り引いて貰いますが、知人友人として単に一緒に行く相手のときは、私は別払いします。車イスとかでもないし、家族ではないので、そこは場面で分けています。

話が前後しましたが、
たしか、長周期になっていたと思います。いろいろ変わりましたからね。それ自体は既に(いい加減に、笑)みていたのですが、「律」が抜けているのに改めて気付き、間違いではないかと確認したので、印象に残っています。

同窓会などで団体で移動するとき、手近な誰かを付き添いにして2人半額にすることもできるのですが、さすがにそれはやっていませんね。
うちのカミさんは気が短く、歩くのも速いし、青点滅でも突っ切ります。小生は青点滅は必ず待つので、一緒の時はいらいらしているでしょう。
周期表(ついつい「周期律表」と書きそうになります)は長周期でしたか。やはり1990年頃には、完全に置き換わっていたようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓の検診=貧血は改善 | トップページ | ホームページに手術入院日記を追加しました »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ