« 岡山フィル第61回定期演奏会 | トップページ | 汗の出方が変わった »

2019/07/24

何とかPay

2019年7月24日

最近「なんとかPay」という名前のキャッシュレス決済が増えていますが、これはどういうメリットがあるのでしょう。

まずポイントの額が大きい(比率が高い)ことが上げられますが、これは現在「開店記念セール」で高く付けてあるところが多く、本質的な額ではなく政治的な額です。まあ後に書く「企業メリット」の対価として、高めに設定するところが出るかもしれませんが。
現金を持って歩かなくて済む。これは何とかPayの必要は無く、Suicaなどで十分です。
もう一つは、スマホ一つで決済ができる。これは今までにもモバイルSuicaなどスマホ一つで決済できるシステムがあるので、何も何とかPayにする必要はありません。

デメリットを挙げると、通信できないと決済できないこと。逆に言えば、決済の度に通信料をユーザーが負担すること。まあほとんどの方が定額料金でしょうから影響はないと思いますが、月のパケット上限がある方は、影響が出ます。キャッシュレス決済はただでさえ脆弱で、停電になったら決済できませんが、何とかPayはそれに通信環境が動かなくなっても決済できませんから、もっと脆弱ですね。

企業にとってはメリット、ユーザーにとっては場合によってはデメリットになるのが、消費動向がリアルタイムで把握できる(される)こと。今までのスイカ等でも把握できますが、個人との紐付けが難しかった(スイカは貸し借りOK)です。その点何とかPayはクレジットカード直結ですから、個人情報がリアルタイムで取れ、ユーザーの購買傾向に合わせた広告(ターゲティング広告)が打てます。

このターゲティング広告、今のところ目にするのは、適切とは言いがたいものばかりですね。例えばカメラを買ったとき、それが一眼レフだったら次に買いたくなるのは交換レンズや、周辺のアクセサリーです。ところが、現在はカメラを買ったらカメラの広告が付いてきます。「もう買った。こんな広告要らん。」というのが本音です。

話は少し脱線しますが、このターゲティング広告、ひょっとするとリターゲティング広告というのかもしれませんが、パソコンでちょっと検索すると、入力した言葉に関する広告がわんさか来るので、小生はうっとうしくて広告ブロックを仕掛けています。ただ普通に検索しても、検索結果の上位3,4件は広告が出てきます。とても広告に関係なさそうなものまで節操なく広告が出るみたいなので、「殺人」と入れてみました。さすがに「殺」の時はフィルターがかかっているようで、広告は出ません。そこで今度はひらがなで「ひとごろし」と入れてみました。すると、広告が出ました。
「ひとごろしなら、無料見放題」U-NEXT
「ひとごろしの検索結果。豊富な品揃え」楽天市場
ホラー映画のことですよ、と言うのかもしれませんが、ちょっとねえ。

話を何とかPayに戻しますが、その何とかPayを含めたキャッシュレス決済は、小売店から見ると、必ず手数料を取られます。中小の小売店にしてみると、現金化は遅いし、手数料は取られるしで、キャッシュレスには何のメリットもありません。単に「カード使えないの?」と言う客を取り逃がさないため、お金を出して端末機を置いているだけのようです。

現金を扱わないと、閉店後の計算(金勘定)の必要がなくなって、業務が楽になると言われていますが、これはあくまで大企業のチェーン店の話で、個人商店なら日銭が入った方が良いです。キャッシュレスで一番儲かるのは、何とかPayや何とかカードを運営する会社です。

結論から言うと、キャッシュレスのユーザーメリットは、小銭を扱わないのでレジが早いことくらいです。そして、何とかPayにはメリットは何もありません。あえて言うなら、ポイントが高い間だけ使うという手はあります。

ところが政府は、キャッシュレス決済を普及させようと、何とかPayの後押しをしています。何とかPayでメリットがあるのは運営会社だけですから、何か裏があるような気もします。まあ、自民党は大企業の味方というのは昔からですけど。

こういう小生はどうやっているかというと、何とかPatyは使っていないもののICカードは何種類か持っており、レジが混雑しがちなコンビニや駅構内の売店では、もっぱらICカードです。それと、大手のスーパーはカードだけ割引の時があるので、そこでも使っていますね。その他は、高額の時はクレジットカードですが、小生の立ち回り先は「現金のみ」というところが多く、もっぱら現金です。そのうち政府から圧力がかかってくるかな。

« 岡山フィル第61回定期演奏会 | トップページ | 汗の出方が変わった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

私たちも、来月からいよいよiPhoneデビューとなりました。
まだ時間はありますが、3G回線がなくなるのが最大要因で、利用中の携帯電話の電池の持ちが悪くなってきたことがプラスしました。
家のテレビや電話やインターネットをジェイコムでまとめてしまっているので、モバイルもジェイコム。

さて、キャッシュレスにどう対応しようかという話ですが、おっしゃるようにクレジットカードとパスモがあるので、何も通信会社やアプリ会社に支払歴を渡す理由はないので、できるだけなんちゃらPayは避けようと思ってますが、Apple Payだけは対応するようにしときましょうかね、海外で楽かもしれないので。
回線をなくすことといいキャッシュレス化といい、特定業界救援のために政府あげて煽っている気はしますね。

電話も、LINE電話であれば、海外含めて無料通話できるので、特定の相手だと携帯電話や固定電話を使う機会は、ますます減っていくのでしょうか。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

小生は3G回線がなくなるのに備え、ガラホに代えました。見かけはガラケー、中身はスマホですが、ストアに行けないので、何とかPayはダメでしょう。電話は、独立した押しボタンに限ります。手探りでもかけられますから。

小生は、経済的に不利だとわかっていますが、いろんなもの(例えば電気とガス)は統一せずに別々にしています。その方が、いざというときに強いですから。そのため固定電話はひかり電話にせず、昔ながらのアナログ回線です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山フィル第61回定期演奏会 | トップページ | 汗の出方が変わった »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ