« 春の院展 | トップページ | 3ヶ月に1回の歯医者 »

2019/07/08

大阪で京都市響

2019年7月8日

昨日、大阪のザ・シンフォニーホールで、京都市交響楽団を聞いてきました。2週連続の大阪行きです(^_^;。指揮は広上淳一氏で、曲目はベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」、後半はヴェルディの「運命の力」序曲と「仮面舞踏会」前奏曲を挟んで、メインはレスピーギの交響詩「ローマの松」です。一番長い「英雄」を最初に持ってくるという、面白い構成です。

メンバー表を見たら、ヴィオラに都響の店村さんがいました。都響の方にも名前が載っていましたから、兼務でしょう。その他、あちこちに有名どころの名前を見かけました。

配置は14-12-10-8-7でドイツ型。先週の記事に、最近はベートーヴェンの曲にバロックトランペット(正確に書くなら、バロック風トランペットか?)を使うところが多いと書きましたが、「英雄」は普通のロータリートランペット、ティンパニーもモダンの楽器でした。小生は、無理してバロック風を使うことはないと思っています。

広神さんの指揮は、どういう風な音を出したい/出させたいが、非常にわかりやすいですね。アマチュアの吹奏楽団や合唱団を指揮しているみたいです。プロでも、やっぱり良い効果が出るのでしょう。

雨の先週と違って天気は曇だったのですがやっぱり湿度は高く、そのせいか木管奏者は掃除に大忙しでした。

今回の演奏、というか演奏以外で気になったのが、「英雄」が終わった後普通はオーボエ奏者を真っ先に立たせるのですが、ホルンだけを立たせて他は全員だけだったこと。元N響の(「元」です)茂木さんだったら、僻んでいじけるところです(笑)。2楽章のソロは、小生の好みから言ったらもう少し音量が欲しいところですが、きれいでしたよ。奏者によっては「2楽章より大変」という4楽章後半のソロも、きれいでした。

ヴェルディの2曲ではティンバッソが登場。このティンバッソ、チューバに取って代わられて絶滅危惧種と言われていたのですが、最近はヴェルディの曲で使うところが増えました。そしてバンダを並べた「ローマの松」で華やかに終わりました。京都市響は、やっぱり良いです。

メインの終了後も立たせたのは金管、打楽器、ハープなど。木管はありません。ただ今回は金管に客演奏者が多く、立たせたのは客演奏者と、客演奏者がいるセクションだったのかもしれません。

« 春の院展 | トップページ | 3ヶ月に1回の歯医者 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の院展 | トップページ | 3ヶ月に1回の歯医者 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ