« 階段と立ちくらみ | トップページ | 今年も第九 »

2019/07/01

大阪でドレスデンフィル

2019年7月1日

昨日雨の中、大阪のザ・シンフォニーホールに行って来ました。目当ては、ドレスデンフィルです。ドレスデンフィルは東京にいるとき一度聞いてそのアンサンブルの良さに感心し、以来機会があれば来日の時に行くようにしていました。岡山に越してきてあきらめていたのですが、カミさんが大阪公演を見つけ、急遽行くようにしたものです。ちなみにカミさんは、イベントや博物館など「遊び」の情報を集めるのがうまく、小生は「観光協会」と言っています(^_^;。

「さくら」で大阪へ。時間的には、昔住んでいた多摩から東京文化会館まで行くより早いのですが、新幹線ですから交通費はかかります。開演が13:30と早いので、いつもより早い「さくら」です。大阪に近づき、G20は昨日終わったはずなのですが、高速道路は1台も車が走っていません。新大阪から2回乗り換えてまっすぐ福島まで行き、お昼は駅前のモスバーガーで食べる予定でした。ところがG20のため、28~30日の3日間休業でした。交通規制で物流が滞り、食材が運べないことを警戒したのでしょう。あたりをきょろきょろしたらMACを見つけたので、そちらに入りました。MACは開いていました。

雨が強いので入口で待たないように時間調整し、ザ・シンフォニーホールへ。入口で公演案内はくれましたが、今日の演奏会のプログラムは、ありません。立派なプログラムは有料で、大抵は簡単なチラシくらいはくれるのですが、それもありません。さて、今日の曲目は何だったっけ、という状態で、次回公演の案内の中にザ・シンフォニーホールの演奏会一覧があったので、やっとわかり、思い出しました。今日は未完成、運命、新世界という、いわゆる名曲シリーズです。

席は2階正面で、会場の椅子の配置を見たら、弦は12-12-10-8-6の対向配置のようです。「未完成」では、ビオラ以降(以低と言った方が良いのか?)は1プルトずつ減らしていました。「運命」ではバロックトランペットとバロックティンパニーを使用、最近の流行ですね。

さて演奏の方は、さすがと言うしかないです。アンサンブルがきれいに揃っていて、ppからffまで乱れません。そのためダイナミックレンジが広く、クレッシェンドをかけるとすごい迫力です。オーボエとホルンがうまく、「運命」は今まで聞いた中でトップ3に入るような良い演奏でした。この「良い」演奏というのは、「好みの」という意味が多分にあります。

後半はドボルザークの「新世界より」。20分の休憩時間の間に舞台上では、対向配置をドイツ式(左からVn1,Vn2,Vc,Va)に変え、1stヴァイオリンを1プルト増やすという大作業です。

そして演奏ですが、はっきり言って小生の好みではありませんでした。テンポのゆらしが大きいし、木管は揃っていないし。小生が運命で「うまい」と言ったオーボエとホルンは2番手奏者のようで、「新世界」では別の奏者(おそらく、首席奏者)が吹いていました。この「首席奏者は最後の曲だけ吹く」というやり方は欧米のオーケストラに多いのですが、この日のように外は雨で、濡れた服で館内もじっとりと湿っているような、木管奏者にとっては「鳴りが悪い」コンディションでは、会場で2曲目になる「運命」の方が、いきなり出てきて吹く「新世界」より良くなるようですね。その点、アンコールの「スラブ舞曲」(第1集第8番)は素晴らしかったです。

« 階段と立ちくらみ | トップページ | 今年も第九 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私はザ・シンフォニーホールの会員なので会報が定期的に届いていて、ドレスデンフィルのコンサートも興味があったのですが、なんだかんだで行けませんでした。

指揮はクルト・ザンデルリンクの息子さんのミヒャエル・ザンデルリンクだったのですね。お父さんのクルト・ザンデルリンクは1973年に来日しています。

1973年10月26,27,29日にフェスティバルホールで公演が有り、26日にベートーヴェン/交響曲第3番を聴きました。オーケストラはドレスデンシュターツカペレ、当時はドレスデン国立歌劇場管弦楽団と言われていました。

こう書くとお父さんの指揮で聴いたみたいですが、いろいろ事情が・・・
当初はヤン・クレンツが来日の予定でしたが、急病で来日できなくなりこの26日はブロムシュテットが指揮を務めました。

もうはるか遠い記憶であれなんですが、クルト・ザンデルリンクの予定だったのが急病でヤン・クレンツに交代したとずっと思い込んでいました。

ところが息子さんの今回のコンサートで古い記憶がよみがえり、あらためて調べてみると、当初予定はヤン・クレンツだったのが、10月26日についてはヘルベルト・ブロムシュテットが代役だったのです。ブロムシュテットは初来日だったのだそう。

大阪では3回公演が有り
10/26はブロムシュテット
10/27はクルツ
10/29はザンデルリンク
が指揮しました。

記憶とは当てにならないもの、なんだか正しく書き換えられた感じです。

豆パパさん、ありがとうございます。

1973年からですか、すごいですね。小生がコンサートホールに行きだしたのは、1990年代、それも後半です。
ドレスデンフィルは、2008年、2015年、2017年といっていますね。最初の2回はサントリーホールで、2017年は大阪のザ・シンフォニーホールです。ザ・シンフォニーホールでは2年前にも聞いていたのですが、その後第9のオーでションがあったせいか、記憶からすっぽり抜けていました。おっしゃる通り、記憶は当てになりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 階段と立ちくらみ | トップページ | 今年も第九 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ