« ロマンティック・ロシア展 | トップページ | メインテートが半分に »

2019/06/03

めまい、ふらつき

2019年6月3日

 

近所の内科に行って来ました。心臓の検診と言うか、薬をもらうには一週間くらい早いのですが、元々の立ちくらみに加え、最近頭痛やふらつきが出てきたので行ったものです。少し長い階段を登ると、登り切るのは平気ですが、上がりきったところで脳貧血の症状が出ます。一応立ち止まらずに歩いていますが、ほとんどオートパイロット状態です。

 

前回の血液検査は4月末でしたが、ヘモグロビンが最低値から1割以上少なく、完全な貧血状態でした。ネットで見つけた厚生労働省の薬剤性貧血の対応マニュアル(H19/6版)には、薬事法に基づく副作用報告の中に、塩酸アミオダロンの溶血性貧血があります。アミオダロンの添付文書の中には貧血に対する注意事項はないのですが、実際は報告されているようですね。

 

また薬の注意書きに「めまい、ふらつきが起こることがあります」と書いてあるのが、メインテート(ビソプロロールフマル酸塩)とフロセミドです。まあ小生は、やばそうな薬をたくさん飲んでいるということです。

 

今回少し早めに行ったのは、血液検査の結果を見てから薬の処方を必要なら変える(どれかを止める=厚生労働省のマニュアルには、「服用を中止する」と書かれています)ことができる時間を見たものです。開業医で検査すると、検査機関に一旦送りますから、早くても1日かかります。さて診察を受けたところ、先生は貧血よりも、血圧が低すぎることを問題にしていました。寝て測って上が114でしたが、起きると100に下がります。自宅で測ると114など行かずに二桁ですから、自宅で立ち上がった瞬間はもっと下がっていますね。血圧を下げる作用があるのは、メインテートとアミオダロンばかりではなく、フロセミドもあります。ワーファリンも、血圧を下げる作用があるそうですね。

 

採血して今日は終了。今週中の結果が出た頃にもう1回行きます。なお小生は貧血の割には顔色が悪くならず、外見は「元気そう」です。かなりQOLが落ちているのに、困ったものです。

« ロマンティック・ロシア展 | トップページ | メインテートが半分に »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

上が100 、無責任モードですがしょうせいもそんなものでした。めまいもありました
ご心配なら主治医にでんわがいい

ひでほさん、ありがとうございます。

上が100というのは医者に行っているときの話で、自宅で測ったら上は90です。
それで、医者に行って来ました。結果は↑です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンティック・ロシア展 | トップページ | メインテートが半分に »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ