« ハリウッド版ゴジラ | トップページ | 宇野港に行って来ました »

2019/06/15

ちょっと早かった

2019年6月15日

6月8日で、手術後3ヶ月経ちました。そこでそろそろ良いだろうと思い、鞄をリュックから昔のショルダーに戻しました。リュックだと、例えばカードなど、ちょっとしたものを出すのが大変なのです。ショルダーだと、鞄を前に回せば済みます。そのショルダーはたすき掛けですが、ベルトがちょうど傷に当たります。歩くときはどうしても鞄の本体部分が後ろに来るようにするので、特に荷重がかかります。やっぱり痛い。結局、またリュックに戻しました。

ブレザーを着るときにはたすき掛けにせずに肩から提げるだけなので、痛くはありません。ただ身体の中心部から離れたところに下向きの荷重がかかるので、傷に対してはずらす働き(剪断力)がかかります。もう大丈夫かな、とは思うのですが、この剪断力はよくないと聞いていますので、あまり長時間は提げない方が良いようです。

もう一つは酒ですが、退院してしばらく経って、晩酌を復活しました。一日おきで、ウイスキー(安物)をメジャースプーンで計って30cc、これを冬はお湯割り、夏はソーダ割りにしています。なお現在は正しい表記法はmlですが、小文字のl(L)と数字の1との区別が付きにくいので、昔ながらのccと書きます。

昨日、プレミアムビールなるものを飲みました。株主優待品の缶ビールです。そして食事が終わった頃、何か脳貧血の感じがするので血圧を測ったら、88/55!日頃は古い近郊型(たまに通勤型)位ですから、めちゃくちゃ低いです。飲酒は、最初は血圧を下げる働きがあり、飲み続けると上がってくるそうですが、小生は下がるくらいの量しか飲んでいないので、下がりっぱなしのようです。

日頃のウイスキーの時はそう感じないので、改めてアルコール量を計算してみました。日頃のウイスキーは37度を30ccですから、アルコール量は11.1ccです。プレミアムビールは5.5%の350ccですから、19.25cc。日頃の量の2倍近く(1.75倍)ありました。当分缶ビールは封印、そして原則禁酒(会合などでは、コップ1杯くらいは飲む)です。

« ハリウッド版ゴジラ | トップページ | 宇野港に行って来ました »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリウッド版ゴジラ | トップページ | 宇野港に行って来ました »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ