« 心臓手術入院日記23 | トップページ | 心臓手術入院日記25 »

2019/05/03

心臓手術入院日記24

2019年3月29日(金)

起床5:55、6:10採血。最後の最後に採血ミスで、1回刺し治し、しかも漏れた。これは内出血で、腕が黒くなる。採血センターの看護師さん達はうまいが、病棟の看護師さんのなかに、技術が未熟の人が数人いる。

本日、6:20のEF510、サンライズは定刻。

9:30リハビリ担当のIさんが来る。退院後の運動指導で、1~2週間はやや速く歩く歩き方で、20分歩く。この運動は継続が大事。なお3か月間は胸骨に負担がかかる運動はしないこと、とのことだった。腕立て伏せなど、もってのほかである。

担当の看護師さんが来て、「南海さんは痛みの閾値が高いね。」と言う。ちょっとした痛みでも、ぎゃーぎゃー騒ぐ人が結構いるそうだ。そんなに痛みに強い方ではない(カミさんの方が、ずっと強い)と思っているが、まあ、経験した病気の種類だけは多いから、具合の悪い状態になれていることはある。

13:00リハビリ、30Wから35Wに上げて20分。その後健康教室。今日はワーファリン教室だ。講師は保健師さんと薬剤師さんの二人。ワーファリン服用中他科(他の医院)で抗生剤の使用を控える件について質問したが、これは打つ手無しとのこと。5日くらいは影響が無いので、それが徹底されれば良いのだが、神経質にいやがる医院がたまにある。

16:00シャワー。これが最後だ。今日はなぜか、鼻の奥から粘っこい鼻水が出る。副鼻腔炎が再発したか?ワーファリンを飲んでいる間は耳鼻科に行ってもしようがない(薬をくれない)ので、我慢するしかない。退院して次のTo先生の外来診察日は、4月25日になった。

19:30K先生が来る。いろいろな質問事項にまとめて回答。まず輸血だが、成分輸血だったとのこと。それから歯科治療の時、血が出るような治療をやる時は事前に抗生剤を飲んでおくようにとのこと。この抗生剤を出すのをいやがる歯科もあるが、これは行って見ないとわからない。ただこの「事前」は厳密に言うと保険がきかないので、(くそ)真面目な歯医者だと2日分くらいが自費になる。東京にいる頃、この真面目な歯医者にかかっていた。行きつけの内科でこの話をしたら、あきれていたが。

さらにバストバンドは、3ヶ月締めること。一週間フライングしても、5月一杯だ。さらに3か月間は、重いキャリーバッグを引きずらないこと。身体をひねる動きがダメで、傷が上下にずれるそうだ。重いドアを開けるときなど似たような動きをするので、両手で押すなど気をつけなければ。それから、思いの外体力が落ちているので、注意するようにとのこと。これは実際に退院したあと痛感した。

3ヶ月後くらいに感染症の検査をするようにとのこと。これは成分輸血とは言え、輸血をしたためだ。ただし肝炎に関しては、小生は普通の抗体検査はやっても無駄である。普通の抗体検査だと、「感染履歴あり」で+になることがわかっているからだ。真面目に検査しようとすると、BはHBsの抗原と抗体の検査、Cはアンプリコア法かTAQ-MANでウイルスを直接計測しなければならない。検査はおそらく別のところなるだろうから、この話は言わなかった。行きつけの内科で検査をすることになったら、この話をしてみよう。保険がきくかな?

最後の夜は21:00に寝たら、23:10に目が覚めた。シベリウスとチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトを聞く。演奏は、千住真理子さん。

(つづく)

« 心臓手術入院日記23 | トップページ | 心臓手術入院日記25 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

丁寧で親切な病院ですね。1回目は紙っぺら1枚、2回目ははそのまま転院、めんどくさいのでパジャマのまま。やばいです。弟が荷物もってワゴンで運転して送ってくれたからいいものの、亡くなっちゃったので、看護助手かクラークさんにお願いか?入院退院の処理も1H待ちあたりまえで、待ってる間に体調くずすことありあそこ。いまは?

ひでほさん、ありがとうございます。

岡山の良いところは、病院の数(医師の数も含めて)が多いことです。そのうち経営上の問題になるかもしれませんが。それと入院した病院、「患者さん」ではなく「病客様」という表現をします。細かいところで気に入らないところは多々ありますが、面倒見は良いです。

前勤務してた会社、普通の会社がやってること10年遅れてはじまる会社でした。いまは合併して???ですが。様攻撃は20年前、急に通院している病院ではじまり、いろんな病院にも伝染しました。立川と王子の国立病院を統廃合してできた災害医療センターで経験しました。その後いろんなとこに広まっていき衰退しました。最初はどこ???岡山いまでも様攻撃ですか。患者様ではなく病客様というところはちがいます。でも競合する病院が多いということはいいですね。茨城は医者数がすくなくてワースト1?だったような気がします。小生のいるところは茨城といっても南部でへたな病院いくくらいなら東京いったほうがいいです。いざというときなんにもできない病院が多いです。大学病院もありますが、いい思い出なくて・・・・麻酔医と執刀医が下手、そしてICUが重病人病棟とかいわれていて、看護師こないしいない。カテアブはすごい病院あって悩んでいます。

実際に呼ばれるときは、「南海さん」でした。
競合する病院は多いのですが、O大病院もエコーの検査結果をくれないし、このS病院も心エコーの結果はくれません。こういうところでは昔風の、「患者は知る必要は無い、俺に任せておけ。」という感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓手術入院日記23 | トップページ | 心臓手術入院日記25 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ