« 心臓の検診に行って来ました | トップページ | 心臓手術入院日記19 »

2019/04/26

心臓手術入院日記18

2019年3月23日(土)


起床5:40だったが、部屋を出たのが6:20で、サンライズは撮れたが、EF510は撮り損なった。


10:30心電図のテレメーターの電池が切れたとかで、電池を交換に来る。単3×1だ。パナソニックのエヴォルタを使っていて、新品もエヴォルタである。この病院、備品などはけちらずにお金をかけている。ただ院内で出る薬は、徹底してジェネリックだ。


土曜日は検査はまず無いので、DVDを見て、合間に外歩きをして過ごす。リハビリはリハビリセンターが休みなので、午前2周に午後2周、それに写真撮りが2回、コンビニが1回。これだけ歩いていれば、十分だろう。


おやつは、ツインシューに午後の紅茶。出てくる食事は塩分制限された食事だが、カロリーに関しては多少の目こぼしがあるので、おやつは黙認である。食事制限が厳しいところ(例えば。Hハートセンター)だったら、大変だ。


昨日あたりから、咳が出始めた。以前は咳が出ようとすると痛くてブレーキがかかっていたが、今は咳やくしゃみでも痛くないので、痰を出すために咳が出始めたのかもしれない。


夜フィギュアスケートの世界選手権を見ていたら、看護師さんが、「今日はどこの部屋に行っても相撲からフィギュアね。」と言った。相撲はともかく、フィギュアスケートがそれだけ人気なのだ。ただ日本の場合はシングル偏重で、ペアやアイスダンスといったカップル競技は、後日のBSでの放送を待つしかない。女子と同じで、最終グループの二人まで見て寝る。最終結果、ネイサン・チェン、羽生結弦、ヴィンセント・ジョウ、宇野昌磨。


(つづく)

« 心臓の検診に行って来ました | トップページ | 心臓手術入院日記19 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

入院記録とても参考になりました。病院によって、しきたりがぜんぜん違うんだなあと思いました。13年前はOPのあとICU1泊で一般病棟、10日で追い出され2週間後に外来で終診。あとは地元循環器でした。4年前はOPまで2か月一般病棟ICU8日一般病棟10日で強制的に地元病院と連絡でおいだされ、パジャマのまま弟の車で搬送1か月入院でした。南海さんは確実にあると思います。またAVRは。開閉回数と寿命は関連があると思うので南海さんのお友達のハードな鉄行脚一緒行動は・・・・・・小生も歯のお手入れ3月おきです。これ重要です。

ひでほさん、ありがとうございます。

かなり長くなりましたが、もう少し、退院までおつきあい下さい。
やはりどこでも、地元病院との連携で、手を離されるんですね。Tの門、Hハートセンター、といった内科で受診したところは、その後ずっと1ヶ月から3ヶ月おきに診察がつづきました。O大病院の消化器内科も、半年に1回ですが、ずっと診察がつづいていますね。

開閉回数と寿命は関係ありそうですか。確かに。Aと行くときは車で小生は隣に乗っているだけですが、何しろ朝が早く、夜が遅く、夜明け前に出発して撮影地には夜明けと共について、日暮れで撮れなくなるまでいてそこから帰る、というパターンですから、一日の活動時間帯が長いです。ほどほどにしておこう。

小生は、心臓は10年から15年くらいは保つかもしれませんが、呼吸器が弱いので、寿命はそっちから来るでしょう。肺炎で死ぬだろうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓の検診に行って来ました | トップページ | 心臓手術入院日記19 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ