« 心臓手術入院日記21 | トップページ | 心臓手術入院日記22 »

2019/04/30

アンサンブル・エアーの木管五重奏

2019年4月30日

 

昨日(29日)、ルネスホールに木管五重奏を聞きに行って来ました。
ルネスホールは旧日銀岡山支店で、建物がほとんどそのまま使われています。日銀なので立派な金庫室がありますが、その金庫室が頑丈な扉はそのまま、喫茶室になっているのが面白いです。

 

木管五重奏はアンサンブル・エアーで、メンバーはFl岡城絵梨菜、Ob沼佳名子、Hr中橋慶子、Cl松本典子、Fg西牧岳。ホルンの中橋さん以外は皆岡山フィルのメンバー(二番奏者)です。岡フィルの一番(首席)奏者は全国公募→オーディションで選ばれましたが、そのため皆さん活動拠点は東京近郊です。アンサンブル・エアーの方は、5人のうち4人がくらしき作陽大学の出身、残る一人は国立ですが、高校は就実という、岡山出身者の集まりです。19042901a

 

どちらかと言うとマニアックな木管五重奏、入りは良くて7割くらいだろうと思っていたら何と満席!高校やジュニアオーケストラの「先生」が多いので、生徒達がたくさん聞きに来ていました。

 

曲目は、ダンツィの木管五重奏曲Op56、ベートーベン作曲モーツァルトの「ドン・ジョバンニ」から「お手をどうぞ」の主題による変奏曲(Fl,Cl,Fg)(ベートーベンに、こんな曲があったのだ)、ヒンデミット5つの管楽器のための小室内楽曲Op24。後半はシェイベルのダンス組曲(Fl,Ob,Cl,Fg)、最後はニールセンの木管五重奏曲Op43という、かなりの大曲だらけというプログラムでした。

 

木管五重奏はアンサンブルがきれいなのですが、これが二重奏になった場合、フルートとクラリネットの組み合わせが一番きれいですね。完全な主観ですが。

 

楽しめました。

« 心臓手術入院日記21 | トップページ | 心臓手術入院日記22 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

南海さんのところがRSS反映されなくなってしまい、もう一度チャレンジするかなあモードです。音楽ぜんぜんわかりませんが、最近、音楽家推奨のCDとか買ってみたら、すげえ良くて、幣作のアンプこんなよかったんだなんて自画自賛、あほですね。10年選手のハイレゾDAC注文しちゃったり、やばいです。

10年選手を新調ですね。失礼しました

ひでほさん、ありがとうございます。

ハイレゾ再生装置は10年くらい前から「欲しいな」と思いつつ、予算が他のものに化けています。ずいぶん前ですが、音楽テープが意外と音質が良いのに、びっくりしました。

ハイレゾもCDもレコードもいい録音もある悪い録音もあるというのが小生の意見です。オープンデッキ311でピンチローラー折れとかじゅうとくで放置プレイです。こんど自作アンプをオーケストラでオーディオ趣味のひとにきいてもらおうと考えています

クラシック好きでオーディオ趣味の人だったら、ピアノ好きと弦好きとでおそらく意見が分かれますが、オーケストラの方なら良いですね。
最近は圧縮音源ばかりなので、だんだん耳が悪くなっているような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓手術入院日記21 | トップページ | 心臓手術入院日記22 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ