« 晴れて(?)身体障害者 | トップページ | 心臓手術入院日記14 »

2019/04/20

心臓手術入院日記13

2019年3月18日(月)

 

5:00に目が覚め、そのままCDを聞く。起床は6:20。今朝の朝食は、デラックス版洋食。コンソメスープに野菜のソテー、ロールパン2個にストロベリージャム。おいしいが、追加料金分(記憶では、\300\130)の価値があるかどうかは疑問である。9:05Ta先生が来た。心房細動が消えないので、明日か明後日、電気ショックをかけるそうだ。結局明日朝9:00からということになり、明日は朝食抜きである。9:45留置針を抜く。明日はまた点滴なので、針の差し替えになる。

19031802a

 

10:001回目のウォーキング。10:30薬剤師さんが来て、薬の説明。このあおりで、部屋の掃除がなくなった。

 

午前中はDVDを見て過ごし、午後、13:00からリハビリ、カミさんとちょうど入れ違いになる。リハビリセンターは別棟で、病院棟から行くと一旦外に出なければいけない。おそらく消防法の関係で、「屋内」通路が繋げられないのだろう。外に出るので、短時間だが結構寒い。入院前にこういうこともあろうかと厚手のカーデガンを買っておいたので、役に立っている。

 

小生は手術後心電図のテレメーターをずっと付けているが、この送信機を別のものに取り替える。リハビリ中、リアルタイムで心拍数や異常波形がディスプレイに出るようになっている。さすがは病院内のリハビリ施設である。

 

リハビリセンターでのリハビリは、15~20人くらいである。まずストレッチ、それから自転車漕ぎ、小生は初回だから軽めに15W15分である。それからまた整理体操のストレッチ、なんだかんだで、たっぷり1時間はかかる。明日は20W20分だそうだ。負荷は軽いが漕いでいるときに身体が揺れるため、LCDパネルの速度計を見るとめまいがする。ちらと見て、後は遠くを見るようにしないと、自転車漕ぎで車酔いだ。

 

なお自転車タイプに乗れない人用に、スワンボートのように椅子にふんぞり返って自転車を漕ぐタイプのものもある。小生は片目でバランスがうまく取れないため、場合によってはそちらにしてもらおうかと考えたが、自転車タイプで無事乗りこなせた。

 

カミさんを待たせていた部屋に戻っておやつ。そして16:00にシャワー。16:00がしっかり確保できた。シャワーが終わった16:50にTo先生が来る。不整脈についてだが、心臓をいじって1ヶ月くらいは、不整脈は出やすいそうだ。カテーテルアブレーションの時も3ヶ月は心房細動が出やすいと言われたから、あちこちぶった切った後なら、1ヶ月といわず3ヶ月くらいは不整脈が出やすいだろう。そのため目くじらを立てることはないのだが、心房細動があると退院できないので、ともかく止める算段をするそうだ。

 

夕食後看護師さんが、薬の出し方が変わったことの説明。今まで1日分が1回分の小分け袋に入ってきたが、それを小分け袋にシールし、4日分をまとめて出すという。薬の量が安定したら、多少まとめないと薬剤部も大変だ。小分け袋に「朝食後」などと書いてあるので、間違う心配はない。ただしワーファリンはPT-INRの測定値によって量が変化するので、別である。

 

夕食後、熊本のお寺さんに電話をした。母親の50回忌の時、お経だけを頼んだお寺だ。実は入院前に、暇なときに電話をくれ、と言ってきてあったのだ。聞いてみたら、今度講話があるので、その時今は使っていない倉庫の前を駐車場に貸してくれ、という話だった。基本OKだが、そこの土地は小生のものではなく、姉のものだ。姉2人に電話をして、OKを取り付ける。お寺には、入院していることは言わずにおいた。

 

(つづく)

« 晴れて(?)身体障害者 | トップページ | 心臓手術入院日記14 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れて(?)身体障害者 | トップページ | 心臓手術入院日記14 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ