« 心臓手術入院日記6 | トップページ | 心臓手術入院日記7 »

2019/04/11

かかりつけの内科に行って来ました

2019年4月11日

近所のかかりつけの内科に行って来ました。実はS病院の退院時の薬は2週間分しかなく、それから先は近所のかかりつけの内科にバトンタッチするようなシステムになっているのです。大きな病院だとPT-INRはその場で(1時間くらいかかりますが)出るので、それからその数字を見ながらワーファリンを加減することもできるのですが、結局薬の種類、量は退院時の処方のまま、現状維持です。ただ胃の薬のファモチジンだけは、認知機能に悪影響があるとかで、量が半分になりました。

ちなみにどんな薬が出ているかというと、利尿剤、バイアスピリン、ワーファリン、不整脈の薬2種類、胃の薬、それに花粉症の薬です。花粉症の薬はザイザルに戻さず、エピナスチンのままにしました。エピナスチンで何となく治まっていますし、ザイザルより腎臓に対する影響が少なそうです。

To先生は退院時に、「かかりつけの内科に手紙を書きます。」と言っていたのですが、実際に手紙が来たのは昨日だったそうです。何やら大変な手術だったと書いてあるそうで、まあ大変だったのはわかりますが、開業医の先生に愚痴らなくても、と思います。

細かい診察と、体重測定。特に体重は、増えないように気をつけろと言うことです。現在ほぼ標準の(それでもBMIは20くらいですが)64kgまで増えてきたので、そろそろ食べ過ぎないように気をつけないといけません。足の筋肉もだいぶ戻ってきたので、後は心臓を鍛える有酸素運動です。

採血もして、結果がFAXで送られてきました。括弧内は入院前(2月28日)にO大病院で測定した値です。白血球数=4900(4480)、赤血球数=429万(476万)、ヘモグロビン=12.5(14.5)。やや貧血ですね。手術時の出血からまだ立ち直っていないのか、いろいろ飲まされている薬の副作用か、です。PT-INR=2.68、ちょっと高い。ワーファリンの量を少し減らしても良いのですが、次の検査(4/25)でどう出るか。ワーファリン自体は、5月10日分までもらっています。クレアチニン=1.23(1.00)。腎機能が落ちています。手術+薬の影響かどうか、ですね。

話は少し重複しますが、薬は1ヶ月分もらったので、次にこの内科に行くのは5月初めですが、その前にS病院の診察が入っています。ここで血液検査も含めいろんな検査をするので、薬の変更指示はその時に出るのでしょう。ただ実際に変更になるのはその半月後なので、地域連携のこのシステム、退院直後はまだ適用せず、3ヶ月くらい経ってからの方が良いと思います。

« 心臓手術入院日記6 | トップページ | 心臓手術入院日記7 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓手術入院日記6 | トップページ | 心臓手術入院日記7 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ