« 2回目の心臓検査入院日記(6) | トップページ | 青函トンネル通過の冷凍コンテナ »

2019/02/02

2回目の心臓検査入院日記(7)

2018年1月27日(日)

天気、晴。Img_72811a

起床、6:00。今日が退院の日で、もう朝の検温、血圧測定はない。タオル交換も、昨日で終了である。7階は今日で最後になるため、7:30頃下りの貨物を撮ってみる。ISO6400でやっとだ。貨物列車は日曜運休が多いが、岡山では出発の翌日になるので運休は月曜日になり、日曜日の朝も下り貨物はラッシュなのだ。Img_73361a


9:30頃から、今度は本格的に狙う。新幹線と在来線を同時に撮るのは難しいが、何とか1枚の画面に収まった。上りのハローキティも撮る。

11:30に、予定通りカミさん到着。怪訝な顔をするかみさんを連れ、荷物は部屋に置いたまま、先に支払いを済ませる。通常の受付は開いておらず、夜間/休日用入口が開いている。守衛のおじさんがいるだけかと思ったら、事務の女性が3人いた。おつりも問題なく、現金で支払い完了。Img_73571a


部屋の戻って看護師さんに連絡し、部屋を確認してもらって退出。エレベーターまで送ろうとするのを静止し、ロビーで別れる。12:05の上り貨物、貨物ちゃんねるの情報によると連日EF200が引いている貨物を、最後に撮る。もうカミさん、あきれ顔。

無事退院した。
(完)

後日談。
入院中の最後の数日何となく喉が痛かったが、経食道エコーのプローブでこすったものだと思っていた。ところが退院後だんだんひどくなり、ついには30日に熱っぽくなって医者に駆け込んだ。喉が真っ赤とのことで風邪薬と抗生剤をもらい、幸いその夜の37℃をピークに熱は下がったので、インフルエンザではなかった。この風邪、絶対M先生からもらったのだ。

« 2回目の心臓検査入院日記(6) | トップページ | 青函トンネル通過の冷凍コンテナ »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

バイパスの患者さん、Jですが半分以上透析患者でした。
ちょっと太り気味のほうが腎臓にいいとか夕刊、ほんとかなあ?病院は温度管理がされていて快適ですが退院してから風邪ひくケース多いです。自宅こんなにさむいんだ・・・・ご自愛ご注意ください。Jも新館に心外は移ったみたいです。無影灯が花びらトケイソウタイプが苦手です。LEDは恐怖感ないのですが、一度もあたったことないです。さすがにハス型はもうないでしょうか?

辛酸なめほさん(どこかで聞いたような名前ですが)、ありがとうございます。

しゃれではなく、じんぞうはしんぞうに通じている、というのは、循環器の病院で良く言われました。S病院は心臓病専門ですが、糖尿病内科、人工透析内科、それに眼科に常勤医がいます。
手術台に上がって無影灯を見たのは、子供の頃の粉瘤の切開の時だけでしたから、形は昔のものです。ハス型ですね。眼科は特殊で、いわゆる無影灯ではなかったような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の心臓検査入院日記(7):

« 2回目の心臓検査入院日記(6) | トップページ | 青函トンネル通過の冷凍コンテナ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ