« 固定電話のナンバーポータビリティ | トップページ | アリータ:バトルエンジェル »

2019/02/20

2019年型新車

2019年2月20日

乗用車が毎年モデルチェンジを行っていた頃、春になるとその年(今年だったら、2019年型)の新型車が出てきていました。バスはその頃から、まして最近は数年に一度のモデルチェンジですので2019年型とは言えないでしょうが、今年の新車が岡電バスに現れました。確認できたのは3台ですが、社番から言うと少なくとも4台は入ったようです。

去年は岡南営業所に5台まとめて入ったのですが、今年は去年と同じK尺のノンステップ車が、少なくとも3台は桑野営業所に入ったようです。現在の在籍車を見ると桑野営業所の古い車両は1996年製と1997年製で、岡南営業所にはまだ1993年製の車両がごろごろおり、津高営業所はバス不足で中鉄から借りたりもしているのですが、ここ2年は津高と岡南にしか新車は入らなかったので、営業所間の新車のバランスもあったのでしょう。558img_302101a


このところ大量に増備されているK尺のノンステップ車ですが、乗る方としては、あまりありがたくはないです。と言うのも、肝心の低床席は7~8席しかなく、後の席に行くには段差が高く、またタイヤハウスの出っ張りが大きくて通路も狭く、特にキャリーバッグを持って乗るときにはあまりありがたくはないです。ただし低床席が空いていると、こんな楽なことはないですが。

乗るときに1段段差がありますが、ワンステップあたりが荷物を持って乗るときには、後の席にも行きやすいし、楽ですね。そのせいか、去年津高営業所に1台だけ入った新車は、M尺のワンステップでした。

小生、今はこう言っていますが、心臓の手術が終わってしばらく階段制限を受けたりすると、また違うことを言っているでしょう。ともかく、岡南営業所と津高営業所に大量にいる古いツーステップ車を、何とかしてもらいたいです。

« 固定電話のナンバーポータビリティ | トップページ | アリータ:バトルエンジェル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

退院のときくらいは、バスや電車で荷物もって帰る気分ではありませんでした。やめたほうがいいかも。そんな遠くなければタクシー奮発しては?奥様がぜんぶもってくれるなら別ですが。2週間後の外来は茨城県南から、tea-waterまで電車でした。A先生の外来、午前午後とあって始発でいきました。たぶんへいき・・・で1回外来で終診。地元循環器通院となりました。2回目はやばすぎで3か月以上大学病院いると赤?みたいで2か月でOP、ICU8日、ナースのとなりの個室(ワゴンサービスこない)に移動10日くらい?で地元に移動させられました。寝台車云々と准教授が・・でしたが弟にたすけられました。寝間着のまま地元入院です。とにかく階段制限といわれても、上野、秋葉原、tea-waterがあり、そこからまた意外とありました。もう入院前に役所福祉課で身体障害者の診断書用紙もらっておきましょう。バス半額?都は都電、都営地下鉄、都バスただ、金、自治体によっては障害年金とは関係なく金くれます。南海さんは心電図計もってらっしゃるし、パルスオキシメーターはやすいので購入すると吉です。バスと関係ない話題失礼しました。

ひでほさん、ありがとうございます。

入院する日は検査の時と同じくバス乗り継ぎの予定ですが、さすがに退院の時はタクシーでしょう。実はバス乗り継ぎでは、その後バスが繁華街の方を大回りするので時間がかかるのですが、タクシーで直行したら10分もかかりません。岡山の街はコンパクトなので、直行した意外と速いんです。それで自転車がのさばることになるんですが。
なるほど。パルスオキシメーターは安いし、持っておいて損はないですね。なおかかりつけの内科は先日10万以上の新型を購入し、先生が看護師さんに「高いんだから、落とすなよ」と言っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年型新車:

« 固定電話のナンバーポータビリティ | トップページ | アリータ:バトルエンジェル »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ