« NHK大河ドラマ「いだてん」 | トップページ | 岡山県立図書館で鉄道車両色見本帳公開 »

2019/01/08

確定申告の準備

2019年1月8日

義兄が住んでいた神奈川のボロ家(ボロマンション)は売却したため、今回の確定申告では、カミさんの確定申告をしなければいけないと思っていました。こういう売却益(譲渡所得)は基礎控除がないため、わずかな金額でも申告しなければいけないんですね。ただそれだけでは済まなそうなので、税務署の電話相談センターに電話をかけて聞いてみました。

聞いた内容というのは、わずかとは言っても150万円を超えているため、扶養家族(配偶者控除)の取り扱いがどうなるかということです。やっぱり心配していた通りで、カミさんは譲渡所得を確定申告し、小生の確定申告ではカミさんを扶養家族から外して申告する、というものでした。これで市民税、保険料など、全部変わってきます。

譲渡所得には、必要経費が認められています。そこで片付け費用が経費として認められるか、聞いてみました。これはケースバイケースだそうです。ここで具体的な話になり、マンションだと言ったところ、「相続前、いつ頃いくらでお買いになったのですか?」「20年前○○万円です。」「あ、それだったら税金はかかりませんよ。減価償却を計算するまでもありません。確定申告も、不要です。税務署から電話はかかってくるでしょうが、その時に購入価格を説明してください。」とんでもないどんでん返しになりました。

税務署から「税金はかからない。」と言われたので間違いないのですが、小生の方が購入価格と時期を間違えていました。20年前ではなく30年前で、価格も1.5倍くらい高かったです。30年前の平成元年と言ったらちょうどバブルの真っ盛り、東京都内からの買い換えで買ったので買えたのですが、良い値段していましたねえ。

30年前に買ったときの値段だと当然今回の売値より高いのですが、土地代はそのまま使えるのものの、建物は減価償却分を差し引かねばなりません。ところが領収書は合算で、土地と建物の金額の区別が付きません。そこであちこち調べたら、三井のリハウスのホームページに、マンションを売却したときの減価償却の計算方法と、標準建築単価による建物代の計算方法が詳しく載っていました。ついでにそこには、「譲渡所得がマイナスになった場合でも、譲渡所得の内訳書は提出した方が良い。」と書いてありました。小生は毎年確定申告(内容は、還付請求)をしていますので、一緒に付けて出すことにします。

そこで国税庁のホームページから譲渡所得の内訳書の用紙をダウンロードし、その内訳書に基づいて計算していったら、計算上は大幅な譲渡損失が出ました。心配になったので、三井のリハウスには知り合いの営業マンがいるので相談できる税理士さんを紹介してもらい、そこに電話して計算方法を確認しました。OKでした。やれやれ。

昨年分の医療費はもう集計が終わっているので、あとは昨年分の年金の源泉徴収票が送られてきた時点で、また国税庁マクロで計算すれば、確定申告は出来上がりです。これで交通費や宿泊費など、いろいろかかった費用の分が回収できますが、カミさんが1年だけでも扶養から外れるといろいろ面倒なことが起こるので、それがないことが何よりです。また還付請求だけだと早めの郵送ができるので、心臓の手術の時期との兼ね合いを気にすることもありません。これも、やれやれです。

« NHK大河ドラマ「いだてん」 | トップページ | 岡山県立図書館で鉄道車両色見本帳公開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本年もよろしくお願いいたします。

源泉徴収票がまだ来ていないので、収入部分は後回しにして、諸控除については入力を開始しました。
医療費控除、かろうじて10万超えなので、入れても入れなくても大して変わりはありませんが、せっかく集計したので入れることにしました。
収入が0円状態なので、現時点では控除額は所得の5%で計算されてしまっていますが、源泉徴収票が来て所得を入力すると、実際の額ー10万になるのは確実です。

申告しておいたほうがいいというのは、贈与税でも聞いたことはあります。
基礎控除額110万円までいかなければ当然申告不要ですが、例えば120万贈与したと申告しておけば、贈与税1万はかかってしまいますが、脱税しておらんという押しも押されぬ証拠になると。

楠の末裔さん、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

小生も、相変わらず医療費控除額は多いですね。20万を超えていますので、しっかり申告します。もっとも、今は払っている税金自体が少ないので、戻って来る金額も雀の涙ですが。
自由業の方が「不明雑収入」として10万円くらいを余分に書いておく、というのが「脱税していないよ」という意思表示になるのでやっている、という話を聞いたことがあります。義兄の準確定申告は申告不要の収入だったのですが、ボロ家の相続があったので、相続明細(こちらが主目的)を付けて提出しておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告の準備:

« NHK大河ドラマ「いだてん」 | トップページ | 岡山県立図書館で鉄道車両色見本帳公開 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ