« 風邪は治りかけ、角膜に傷 | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(11) »

2018/11/30

自分の原戸籍

2018年11月30日

義兄の時の原戸籍集めは司法書士の先生に丸投げしましたが、小生の方も、自分の原戸籍を集めておくことにしました。小生が死んだときは相続人はカミさんと子供達ですから、これは戸籍謄本に、せいぜいその前の(結婚前の)分の戸籍(これは原戸籍)を取り寄せればすみます。ところが姉たちが先に死んだ場合、もしくは小生が先に死んでその後に姉が死んだ場合、姉弟相続になります。小生が先に死んだ場合は、子供に小生の相続権がそのまま移動します。この姉弟相続の場合は祖父母が同等の相続権を持つため、集める原戸籍が祖父母までに遡らなければいけないのですね。小生が先に死んだ場合は、他の誰も祖父母の名前や本籍地は知らないので、少なくとも手がかりとなる程度までは揃えておこうと思ったわけです。

父親の本籍地は、小生の結婚前の本籍地と同じなので、覚えています。ただ市町村合併で、名前と市役所(昔は役場)の場所は変わっています。とりあえず、先に市役所の市民課に電話をしました。孫だけど祖父まで遡った原戸籍を欲しいと言ったら、父親の分と、祖父の分と、申請書は2通書いてくれとのこと。手数料は1通750円だが、一人あたり3000円(つまり4通分)同封してくれ。本市に住んだことがあれば、本人確認書だけで続柄を証明する書類は入らない。とのことでした。その「本市」に小生は住んだことはないのですが、合併前の町には住んでいました。それで良いとのこと、このあたりは、表現が難しいですね。

そして6000円の定額小為替を作り、さすがにこの金額だと簡易書留にして、送りました。やがて市役所から電話があり、何かと思ったら戸籍の番地の枝番を聞いてきました。小生の実家は枝番2つにまたがっていたのでどちらが本籍なのかわからず、書かなかったのです。そこはこのどちらか、と言っただけでOKでした。

今日郵便屋さんがインタホンを鳴らすので何かと思ったら、何と料金不足。定型の一杯の92円の切手を貼って送ったのですが、重量オーバー(50g超)で定形外扱い、113円を払いました。重量を量ってみたら、110gほど。料金は定形外で205円です。料金不足は差額だけで、罰金は別になかったですね。昔は重量オーバーだと、差額の倍の料金を取れられていたような気がします。

さて送られてきた原戸籍、一応祖父の代まであるので、今まで葬式や法事の度に顔を合わせていた親戚のおじさんたちが、どういう関係なのかは出てきました。しかしその中に1通書類があり、「除籍(改製)年月日:明治45年6月8日。上記以前の除籍は、すでに保存期間を経過し、廃棄済みのため、交付できないことを証明する。」何と、一部は廃棄済みでした。

実は曾祖父から祖父に繋がるあたりが多少謎めいており、そのあたりを知りたいという目的もありました。しかし残念ながら、そこのあたりは廃棄されて、出てきませんでした。謎は謎のままです。

« 風邪は治りかけ、角膜に傷 | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

戸籍の追っかけは、業務上やった経験はアンンドもありますが、本籍の移転が多い人は、ひとつとっては前の本籍からとり、の繰り返しでした。
Sisiyさんの母上が亡くなったあと戸籍のお取り寄せをいましたが、聞いたことがない人が載っていて、親戚一同に聞いても誰も知らないという人がいたのは、仰天でした。

楠の末裔さん、ありがとうございます。

姉の養母が亡くなったとき、最初の3箇所までは小生が追いかけたのですが、小生だと委任状が必要なのでそのあたりでギブアップ。そこから姉が引き継ぎ、最終的に20枚になりました。今回はこちらには手を付けません。
祖父の代近くになると、戸籍の前の方に載っている人は皆江戸時代の生まれですね。

いっぱいとりすぎたんで、司法書士の先生にあずけました。450円のと750円のとあってPC化されて750円のは昔のやつをスキャンしたやつですが、3代むかしまででした。なにか災害があり市の機能がおかしくなったときように、県は対策とっているのか心配だなあとふと思いました。なにもなければ役所職員いいなと思いますが、なにかあったら地獄だなあ、なんて。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生のところは、市町村合併の時に古いのを処分したのか、2代前でも完全には揃いませんでした。
昔は町役場勤務は暇な仕事の代表みたいに思われていたのですが、今は人手は足りないし、非正規はワーキングプアだし、クレイマーは居るし、何かと大変みたいです。

南海さん、こんばんは。
今ごろのコメントですみません。

原戸籍は、一時期、当該戸籍削除になってから 80年で廃棄してよいという法律になって廃棄された自治体がかなりあります。例えば、金沢市では、明治40年末以前のは破棄されていました。その後法改正で、現在は150年間保存になっているので、その法下で廃棄しなかった自治体ではもう少し残っています。市町村合併は多いので遡るのはなかなか大変になりますね。

ドサッと送られてくると、予備の切手を入れても料金不足の場合がありますが、不足分だけで、手数料などは必要ありません。
私は折目がつくのが嫌で、いつでも取れる自分の以外は、最初から定形外封筒を使いました。

私は詳細がわからない依頼も申請書にメモ書いて申請したら、ほぼ全件、役所から確認電話がかかってきました。今はNHKファミリーヒストリーの影響か原戸籍をとる人も多いらしく、親切ですねー。

miyaさん、ありがとうございます。

今度は母親の原戸籍を取り寄せていますが、その80年廃棄に引っかかったようで、生まれて4歳くらいまでのが廃棄されていると電話がかかってきました。大正3年の生まれなんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/67435586

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の原戸籍:

« 風邪は治りかけ、角膜に傷 | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(11) »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ