« 何とか片付きました | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(2) »

2018/09/12

東京と岡山

2018年9月12日

東京での仕事(と言って良いのかな)が全部終わり、昨日帰ってきました。7月に急遽警察に呼び出されたときから始まり、小生たちが上京する度になぜか猛暑。葬式も、納骨も、猛暑でした。さすがに9月になったら猛暑はないだろうと思っていたら、仕事の最中の10日は暑かったですね。片付いた11日はずっと涼しくなり、1枚羽織って出かけました。

帰ってきた昨日は岡山は暑かったのですが、今日は気温がぐっと下がって最高24℃。さすがに羽織って出かけたら、結構暑いんです。気温は低いはずなのに、まだまだ熱気が残っている感じで、半袖でちょうど良かったですね。やはり東京より一段暑い感じがしました。

東京から岡山に帰ってきて感じることは、岡山の車は止まらないことです。交差点で待っていても、車が止まってくれることはありません。横断歩道を渡っていても、目の前を突っ切る車がいるくらいです。東京では交差点でなくても、道路を横断する向きに立っていると、車は止まってくれます。東京のつもりで岡山で道路を横断しようとすると、危険ですね。まあ岡山は日本一運転マナーが悪い県と言われていますが、否定する材料は見当たりません。東京の皆様、岡山を訪ねるときは車にご注意下さい。18091101a


その東京で、予定をゆっくり目に組んでいたおかげで11日は時間が余り、旧新橋駅に行ってきました。黒岩保美没後20年展をやっていたからです。黒岩保美氏は旧国鉄の工業デザイナーで、151系「こだま」や20系「あさかぜ」のデザインをされています。昭和30年代から40年代にかけて次々登場した国鉄の新型車両は、構想:星晃、デザイン:黒岩保美のコンビで造られたものが多いですね。機関車に付けるヘッドマークのデザインも多く、「ゆうづる」は秀逸ですね。

汐留の再開発が出来てから初めて行きましたが、上は高層ビルの間を新交通システムが走り、下を見れば地平を歩いていたはずがはるか下にテラスがあったり、「ここはどこ?」状態でした。田舎者になったなあ。東京にいた頃も住んでいたのは町田の外れでしたから、十分田舎者でしたが(笑)。

« 何とか片付きました | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

茨城も信号機のない交差点で停まる車いません。マナー最悪、2点ですね。
轢かれますもん。

ひでほさん、ありがとうございます。

岡山の3悪は、
1)方向指示器を付けずに曲がる(これはかなり有名)。
2)信号が変わって赤になっても、突っ込んでくる。バスも。
3)横断歩道で止まらない。
ただしうちのドラ息子に言わせると、四国はもっと悪いそうです。

それは茨城よりひどいです。バス運転手切符きられないのかな?岡山警察すぐノルマ達成ですね

警察の取り締まりが緩いのも、違反が増長する原因でしょう。赤で突っ込んでつかまったのを、見たことがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/67161160

この記事へのトラックバック一覧です: 東京と岡山:

« 何とか片付きました | トップページ | 第9合唱練習記・2年目(2) »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ