« 中古のスマホ | トップページ | 半年に1回の肝臓の検診 »

2018/09/02

第9合唱練習記・2年目(1)

2018年9月2日

9月になって、気温がいくらか下がると、第9シーズンの到来である。気温が下がると言っても、35℃が31℃になったくらいだから、東京の人に言わせると「どこが下がっている!」という程度である。

今年の第9は申し込み方法から変わり、去年までの往復葉書だけから、WEBでの申し込みも可能になった。小生は早速WEBで申し込んでおき、自動返信のメールも来たが、正式なメンバー番号が入ったメールが来ると、いよいよという感じになる。2回生(関西風)になった今年は、番号が1桁から3桁になった。

今年の指揮者は秋山和慶さん、楽譜は河合楽譜のものが指定で、基本はプライトコフ版である。最近はベーレンライター版が流行だが、秋山さんは今まで通りのやり方で特に変えたりしないようだ。去年は受付の隣で楽譜を売っていたが、今年は事前購入が指定で、3日前にヤマハの店に買いに行った。3日あれば、もし品切れの場合に通販で間に合う。販売箇所の少ない田舎用の対処法である。

9月1日(土)、夕方会場に行く。今年はオーディションがないので、気楽だ。定刻より5分遅れてオーディションの結果が発表になり、受け付けが開始される。合格者の受験番号が飛んでいる。申し込んだけど受けに来なかったか、落ちたかだ。アルトに、ソプラノ受験者からのパート変更合格が5名ほどいる。去年はソプラノの追加オーディションがあったようだが、今年は逆にソプラノを厳しく取ったようだ。そのため、アルトの新人さんがやたら多くなった。

男声は、テノール3人、バス2人が合格と思ったら、会場にはテノールの合格者が2人しかいない。どうなっているの?新人さんは緑の名札だから、そのうちに増えたら、今日だけの欠席(あり得るのかな?)だろう。名札と言えば、今年は名札に名前を書く場所が出来た。囚人番号から、進歩したようだ(笑)。

これまた定刻より少し遅れて結団式開始。挨拶などは去年と同じだが、今年は練習会場の説明が丁寧だ。去年は幼稚園の入口がわからず、苦労した。それと今年は、去年トラブルになった土曜日の幼稚園使用がない。去年のトラブル事項は、きちんとフィードバックされているようだ。これで終わりかと思ったら、全体合唱になった。新人さんにとってはオーディションのところと同じなので、歌えるはず、というところだろう。

結団式が終わって、女声男声に別れて練習開始。テノールは去年と同じM先生だが、M先生は自分のステージで忙しく、今年はあまり来られないそうだ。サブの先生も指定されている。さっき全体合唱をやったからと、発声練習無しでいきなり歌い始める。去年はオーディションのために自宅で発声練習をやってから来たが、今年は全く声を出さずに来た。最初はなかなか声が出ない。やっと途中から出始めた。

今年の男声の新人さんは皆経験者のようで、オーディションは全員ドイツ語だったそうだ。小生みたいな、合唱経験はあるが第9は経験なし、という方がいらっしゃるかどうかだが、M先生は皆第9の経験者扱いで、練習はどんどん進む。新人さんも、びっくりするくらい声が出る。去年だけ特にど素人新人が多かった?そのど素人新人も、今年は立派な2回生だ。

テノールは途中でファーストとセカンドに分かれるところがあるが、このパート分けは自己申告なので、人数はアンバランスである。今年はまた極端にアンバランスのようだ。M先生は運営にはタッチしたくないようなので、誰も強権でパート移動の指示は出さないようだ。最終もこのアンバランスだと、内声がかなり弱くなる。

なんだかんだで練習は終わり。次は木曜だからすぐに幼稚園だ。スリッパの準備をしておかねば。

« 中古のスマホ | トップページ | 半年に1回の肝臓の検診 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
今年も第九に参加できそうで、良かったですね。
男声は、テノール3人、バス2人ですか。少ないんですね。
女声に負けないように、しっかりと声を出さないと、責任重大ですね。頑張って下さい(^^)

yokobueさん、ありがとうございます。

去年のオンステ時は、S37人、A62人、T27人、B20人でした。それから何人抜けて何人復活したか(5年以内の復活は、新人扱いではありません)はわかりませんが、今年は椅子の数からベースが一段と少ないように感じました。テノールはまあまあですが、女声は新人がぐっと増えたので、対抗上がんばらなければいけません。

凡吉さん、お久しぶりです。先日は発団式お疲れ様でした。私はてっきり、アルトからソプラノに回された人が多かったのかと思っていましたが逆だったんですね。ソプラノも相当頑張らないといけませんね。

ドレミさん、お久しぶりです。ありがとうございます。

今年はソプラノの受験者が多かったのですが、その1/3がアルトに回されたようです。アルトは元々人数が多かったのに、感覚と逆の結果でした。ソプラノは少数精鋭、アルトは数頼み?
お渡しするものを持ち歩いていますので、見かけたら声をかけて下さい。小生は視野が狭く目端が利かないので(医学的に)、気づくのが遅いです。

1/3もアルトに!?ソプラノも数が欲しいですけど。。
渡すもの?何でしょう、楽しみにしておきます!
ただし今年はバタバタしていて、
合わせ練習が始まる頃から顔を出すと思います(^-^;

ソプラノは量より質、アルトは質より量?こんなこと言うと、怒られますね。
小生も去年は皆勤賞でしたが、今年は計画的に2回休むことにしています。第1回は合わせ練習の初回、その日は山形で芋煮会です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/67124852

この記事へのトラックバック一覧です: 第9合唱練習記・2年目(1):

« 中古のスマホ | トップページ | 半年に1回の肝臓の検診 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ