« 第9合唱練習記・2年目(1) | トップページ | 何とか片付きました »

2018/09/07

半年に1回の肝臓の検診

2018年9月7日

肝臓の検診のために、O大病院に行ってきました。半年に1回ですから、前回は3月でした。

診察前の超音波検査が9時からですが、ここはともかく採血が混むので、8時20分に病院に着きました。そこで受付。保険証確認がありますが、まだ窓口は開いていないのでパス、最後に回します。採血と一緒に採尿があるので、トイレに行ってから家を出ると、苦労します。やっとパターンがわかってきて、出がけにトイレに行かずにここまで来ました。無事終了。採血は25分待ち、30分以下なら順調です。これが8時半の受付開始後に病院に着くと、あっという間に1時間以上の待ちになります。無事9時前に終了。

超音波検査が新人らしく、検査がほとんど終わってから先生に代わったので、やたら時間がかかりました。それでも9時半前には終わって、内科の受付へ。そこで検査が全部終わったことだけ報告しておいて、1階の食堂へ。半年前に来たときにアメリカンブレックファーストがあるのを見つけ、今日はそれで朝食です。これ(写真)で500円、なかなかのものです。ス○バよりうまいです。18090702a


食事が終わって無事10時に内科に戻ってきましたが、呼ばれたのは10時40分頃でした。これならもうちょっとゆっくり出来ましたが、いつ呼ばれるかはわからず、呼ばれたときにいないと最後に回されますので、やっぱり予約時刻にはいないといけません。

検査結果は、白血球数5.39K、赤血球数4.79M、血小板数196K、AST=17、ALT=10で、異常ありません。日頃気にしている腎臓もeGFRはありませんが、クレアチニンが1.04ですから、問題ないでしょう。

報告では、4月に肺炎になったこと、「また」と言って良いです。そろそろ心臓が手術になること、を報告しておきました。先生「いろいろありますね」と言っていましたが、まあ、いろいろあります。

超音波の所見の問題ないのですが、東京では必ず出ていた腎臓に石があるという話を岡山では聞かないので、聞いてみました。先生「小さい石は写らないこともあるので」と言って、次回はCTを撮ることになりました。CTの方が良く見えるそうです。Tの門では超音波で捕らえられていた腎臓の石がO大では捕らえられないとなると、O大の超音波の腕が悪いことになりますが、石自体が壊れて出てしまっている可能性もあります。

会計に行く前に、採血した後の止血用パッドの表面にまで血がしみ出していたので、外して捨てようと思ってまた採血室に行きました。どこに捨てれば良いか聞いたところ、「そのあたりの燃えるゴミのゴミ箱に捨てて下さい。」小生はBもCもウイルスは「検出せず」ですが、不通のゴミに捨てて良いんだろうか。

« 第9合唱練習記・2年目(1) | トップページ | 何とか片付きました »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

通院、お疲れ様でした。
O大病院のアメリカンブレクファースト500円は、なかなか充実していて美味しそうですね。
入院患者さん用のお食事も高レベルが期待できます。
血液のついた綿は、分院は医療用ゴミ箱に捨てるようになったのは、ここ、18年くらいです。
そのゴミ箱は私がIFN治療中に、躁状態になり抗議した後くらいから出現したように思います(笑)

yokobueさん、ありがとうございます。

このアメリカンブレックファーストは狙っていて、狙い通りでした。この食堂の業者は入院病棟の食事とは別ですから、入院中の食事はどうなることやら、です。
血液の付いたガーゼ等は分院の管理が頭にあって、そういう対応をしてくれると思っていたら、まだ医療用ゴミ箱を通院患者向けにおくという発想にはなっていませんでしたね。分院がそうなったのは、yokobueさんのせいでしたか(笑)。

よさそうな成績いいですね。病院食は担当栄養士に委ねられていて、うまかった病院が10年後最悪だったケースがありました。佐野先生のドキュメンタリーででてくる喫茶かな?やきそばにめだまやきがのってるのをよく注文されてたもよう。

ひでほさん、ありがとうございます。

肝臓の方は、良い成績が続いています。多分このまま大丈夫でしょう。
佐野先生のドキュメンタリーは見ていないのでわかりませんが、職員の方達も利用されている食堂です。

南海さん、通院お疲れ様でした!
待ち時間に携帯登録や番号制の呼び出しシステムがないのは、やはり不便そうですね、尤も食べてる途中で呼び出しかかると焦るけど、とっておいてもらう患者さんを見かけた時あります(^^ゞ

新人さんに当たると、超音波も時間かかりますね。私なんて痛いとクレーム言っちゃった時もあります(^^ゞ
私の通っている病院は、確か採血室前に使用済み綿等を捨てるゴミ箱があり、以前はそこまで戻って捨てていました。最近は、止血バンドまでしみることはないですが、ワーファリンを服用されているとやはりそういうことがあるんですね。CTの造影剤は針が太めですし、採血と同日にだと両腕かな。石は消えているといいですね。CTは造影剤の量がMRIに比べかなり多いし、アレルギーは出ないけれど、成分が苦手です(~_~;)

miyaさん、ありがとうございます。

診察の呼び出しは、予約時刻が来たらいつ呼び出されるかわからないですからねえ。待っている人の番号を表示させる先生もいますが、これがまたその順番で呼ばれるわけではないので。
この番号の呼び出しステムが一般化した後も、F病院の眼科は名前のコールでした。目が悪い人が来ている眼科なので、表示よりも音声主体だったんでしょう。
診察の待ちではありませんが、超音波検査室の受付に、採血の呼び出し表示がありました。採血は1時間待ちがざらなので、先に待ち時間に超音波検査をやる方がいるんでしょう。採血は番号順に呼ばれるので、自分の番の予想が立ちます。
小生、もうワーファリンは飲んでいないんですが、このO大病院の止血パッドは、血をよく吸いますね。ぎょっとするくらい血が付いていますが、腕の方は針跡も小さく内出血もなく、きれいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/67140539

この記事へのトラックバック一覧です: 半年に1回の肝臓の検診:

« 第9合唱練習記・2年目(1) | トップページ | 何とか片付きました »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ