« 今年も写真展に出品します(しかも2点) | トップページ | 南国土佐へ(2) »

2018/08/15

南国土佐へ(1)

2018年7月18日(水)

小生は全国あちこち旅行に行っているのだが、なぜか高知県だけが足を踏み入れたことがない。それもあって、高知行きの旅行はいろいろ計画しているのだが、なにやかやで延期になったり中止になったりで、今日まで来た。やっと念願の南国土佐行きである。これで、足を踏み入れていないのは沖縄だけになる。Dscn2477a


先日の大雨で鉄道網はあちこち被害を受け、予讃線も鉄橋が流され、特急「しおかぜ」も途中がバス連絡になっている。幸い高知までは被害がなく、土讃線の特急は平常通りである。少しゆっくりした出発、岡山1105発の「南風」7号である。高知までは2時間40分、高知は松山より近い。土讃線は非電化なので、車両は2000系気動車、今日はアンパンマン列車だ。ただ大雨で車両のやりくりが大変になったのか、前3両だけがアンパンマン、1両は普通の車両である。なおさらに後に徳島行き「うずしお」が併結され、こちらは馬力アップのN2000系である。アンパンマン車両に乗るのは初めてだが、天上までアンパンマンが書いてある。子供は喜ぶだろう。Dscn2485a


今日の予想最高気温は、岡山が37℃、高知が34℃。ただ最高気温だけでは本当の暑さはわからず、岡山と広島を比較した場合、最高気温は岡山の方が高いが、温度が高い時間は広島の方が長い。日中の気温を積分した平均気温を出すと、また違う結果が出るだろう。

「南風」7号は、岡山を定刻に、50~60%の乗車率で発車する。岡山から高知までは、高速バスの方が速いのだ。高速バス対抗として2000系の量産車が登場したのは1990年で、もう28年も前になる。初めてこの2000系に乗ったときは、その加速の良さに驚いた。その快足ぶりとブレーキの効きの良さは28年経った今でも全く見劣りはしない。水回り(特に、トイレ)を中心に車内のリフレッシュ工事をやれば、もう10年は楽に使えるのではないだろうか。Dscn2480a


宇野線は一部複線で単線区間の方が多いが、茶屋町を過ぎて本四備讃線の区間になると高架複々線、2000系は快調に飛ばす。このあたりは、120km/hを出せる区間だ。児島で乗務員がJR西日本からJR四国に交代、JRになった当初は乗務員の相互乗り入れも行われていたが、国土交通省(当時は運輸省か?)の「指導」が入り、会社境界での乗務員交代が厳密になった。児島から先も地上区間は快走するが、橋の上に来ると騒音対策のために速度規制がかかる。橋の上には熱伸縮と橋のたわみとを吸収する伸縮自在継ぎ目があるが、この継ぎ目の上を通過するときは轟音となる。これでは速度規制も止む無しと思うが、これが高速道路との競争力を落としているのは間違いない。難しいところだ。Dscn2481a


丸亀で、指定席から大量の下車がある。多度津でも下車があり、また帰りでも多度津、丸亀で大量の乗車があった。これは、通常なら定員の多い「しおかぜ」に流れるところが、現在「しおかぜ」は多度津止まりで全車自由席のため、席を確保したい客が全部土讃線特急に流れてきているためだと思われる。多度津止まりの「しおかぜ」に指定席を設けても十分に利用客は見込めるということだが、指定席を設定するためのマルスのシステム変更は東京で行っているはずなので、何かと小回りがきかないのだろう。

予讃線の「しおかぜ」は現在多度津止まりだが、多度津に8000系と8600系が1本ずつ昼寝をしていた。岡山-多度津間は時刻変更を行っていないため、車両運用上は多度津での待ち時間がすごく多いダイヤになっている。なお、多度津-観音寺間に連絡バスが走っているが、完全な鉄道代行バスではないので、「目安」の接続列車はあるが、接続の保証はされていない。Dscn2484a


「南風」には社内販売は無いことになっているが、多度津から琴平までの短区間、ちょうどお昼の時間帯だが、車内販売が来た。事前の案内がないので、知っている人でないと利用しないだろう。多度津から土讃線に入るが、とたんに線路が悪くなる。そして琴平から本格的な山越えに入るが、カーブも勾配もものとせず、速い。これで高速バスより遅いのが、不思議だ。ただ大歩危を過ぎると駅の1線スルー化がされておらず、駅での減速が増え、これが土佐山田まで続く。と言うことは、大歩危-土佐山田間で高額な費用がかかる路線改良は行わなくても、駅配線の改良工事を行えばまだスピードアップができるということだ。土讃線は空気バネによる車体傾斜はあきらめ従来通りの制御付き振り子車で行くことになったので、新車の開発と一緒に、駅配線の改良工事もやってもらいたい。Dscn2489a


「南風」7号は定刻に、立派な高架の高知駅に着いた。
(つづく)

« 今年も写真展に出品します(しかも2点) | トップページ | 南国土佐へ(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
高知入りが実現できて、良かったですね。
アンパンマン列車は楽しそうです。
なんだか、アンパンマンのテーマソングが聞こえてきそうです。シートもアンパンマンの柄ですか?

yokobueさん、ありがとうございます。

アンパンマン列車は、シートもアンパンマンです。それと、アンパンマンのアニメの誰か(小生は、知りません)の声で、アナウンスが入ります。
高知の旅、しばらくは順調です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/67059574

この記事へのトラックバック一覧です: 南国土佐へ(1):

« 今年も写真展に出品します(しかも2点) | トップページ | 南国土佐へ(2) »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ