« 鉄道車両色見本帳第3巻 | トップページ | 高知にいます »

2018/07/17

医者のはしご(心臓の定期検診)

2018年7月17日

同じ医者のはしごでも病院のはしごは一日掛かりになり大変なのですが、近くの開業医のはしごなら、数時間ですみます。

まずは眼科へ。数日前から左目に何か違和感があり、また妙にまぶしかったりものが見づらくなってきたので、その確認です。そうしたら、違和感の原因は倒れ込んだまつげでした。これが奥の方に入っていました。ものが見づらい原因は、白内障ですね。加齢性白内障(昔は、老人性白内障と言いました(^_^;)ですね。年齢相応なのですが、小生は片方の目が見えないので、万が一のことを考えて手術はぎりぎりまで待つことになっています。多少見づらいですが、まだ視力検査では影響が出来ていないので(矯正視力で、1.2あります)、まだしばらくは「待ち」です。

次は内科へ。心臓の定期検診です。このところ順調ではなく、胸が痛かったり、朝から期外収縮が気になったりしています。今朝も朝から変な感じだったので、一応心電図は撮っておきました。「波形に乱れがあります」と出ましたが、たいした乱れではありません。心房細動の心電図はわかるようになったので、自分で観察できます。もし心房細動が起こったら、残念ですが今年の予定はキャンセルして、手術繰り上げですね。自分では、今年いっぱい、だましだましでも持って行くつもりです。先生からは、良い機械を持っているのだから、気になったら撮っておくように、と言われました(^_^;。

心臓の手術の時、予定がわかっていたらその前に自己血を貯血することが多いですが、この貯血した血液は、3週間しか持たないんですね。と言うことは、手術日が決まったらその3週間前からせっせと血液を貯めるわけです。かなりハイペースですね。貯血の目標は1.2リットルだそうですが、相当元気な人(造血能力のある人)でないと、たまらないでしょう。小生は鉄分は多いけど、血液中の鉄分とは違うからなあ。

« 鉄道車両色見本帳第3巻 | トップページ | 高知にいます »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医者のはしご(心臓の定期検診):

« 鉄道車両色見本帳第3巻 | トップページ | 高知にいます »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ