« 熊本城 | トップページ | 心臓の定期検診に行ってきました »

2018/06/19

部屋の灯りが壊れた

2018年6月19日

昨日、新幹線は地震の影響を全く受けず、熊本から帰ってきました。そして夜、自分の部屋でメールの確認やら荷物の片付けやらやっていたら、突然部屋の明かりが消えました。消えたのは天井のシーリングライトだけで、スタンドは点いていますから、停電ではなく照明器具の異常です。リモコンをいろいろいじっていたら、調光装置が明るい側に振り切れているような感じで、常夜灯から明るくすると自動的にどんどん明るくなって、消えます。これは基板の異常で、今夜はどうしようもなく、そのまま寝ました。

部屋のシーリングライトはいつもは待ち時間無しですぐに点くし調光も効くので、てっきりLEDだとばかり思っていました。ところが今日カバーを外してみたら、蛍光灯でした。すぐ点くところを見ると、インバータ点灯ですね。しかも型番を調べてみたら、2008年に生産終了した機種でした。懇意にしている工務店さんに聞いたところ、もう部品もないし修理もできない。今はLEDのシーリングライトは5000円であるし、自分で取り付けられますよ、ということでした。確かに取り付けのねじのPCDは、規格品のようです。カミさんの部屋のものは別の型番でしたが、同じPCDでした。

小生はLED嫌いです。嫌いと言うより、LED照明だと目が痛くなるのです。会社本社の会議室がLEDに変えられたら目が痛くてとてもいられず、早々に退散したこともあります。地下鉄のLED照明の試験車でもそうなりましたね。だんだん目が痛くなるLEDは安物(粗悪品?)ということがわかってきましたが、やはり自分の部屋をLEDにするのは不安です。しかしもう蛍光灯のシーリングライトはほとんど生産されておらず、手に入るのは流通在庫ばかりです。結局なるべく目が痛くならなさそうなLEDシーリングライトを買ってきてカミさんの部屋に取り付け、カミさんの部屋の蛍光灯シーリングライトを小生の部屋に持ってくることにしました。カミさんは近眼ですが、光に対しては小生より強いです。

そして、ビ○クカメラに行ってみてみました。安いものは5K以下でありますが、安物は青色LED+黄色蛍光体の白色LEDを使っているので、目が痛くなる危険があります。パ○ソニックの調色機能付き(調光機能も付き)の物を12Kで買ってきました。後でパナのサイトを見たところ、どうやら3原色LED+白色LEDの混合みたいですね。ただこれだと、少し赤目の色(電球色に近い色)にすれば、小生の部屋でも目が痛くならずに使えそうです。LEDシーリングライトは軽く、8畳用でも「お持ち帰りですね」と紐掛けしてくれました。

取り付けは簡単と工務店さんは言っていましたが、外すのはちょっと手間でした。蛍光灯式のシーリングライトは2本のねじで止まっており、引っかけシーリングは重量を負担していません。そこで引っかけシーリングを外し、ねじを緩めます。緩んだところで本体を回せばねじが長穴の中を動くはずですが、ねじも一緒に付いてきます。思い切り緩めて、やっと外れました。外してみると、部屋のものは引掛埋込ローゼットというタイプでした。これは取り付けねじを完全に外し、新しいLEDシーリングに付属しているアダプタを取り付ければ、簡単に取り付けられます。押し上げるだけで簡単にロックがかかり、まさに「取り付けるのは簡単」でした。

小生の部屋は同じローゼットですから、ねじを緩めて外し、また取り付けと、手間ですが難しいことはありません。無事小生の部屋も灯りが戻りました。

新しいLEDシーリングのリモコンには、タイマ機能が付いています。何に使うのかと思ったら、「在宅装いモード」の機能がありました。居留守の逆ですね。やはり世の中、一人暮らしや全員外出というケースが、増えているんですね。

« 熊本城 | トップページ | 心臓の定期検診に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

考えたことなかったのですが、AC100VのLED電球、どういうつなぎになってるんだろう???
そのまま繋いだら、逆方向電圧でやばいし、50、60でちかちか。整流して平滑してるとは思えないし・・・
お高いやつはやってるんだろうかなあシリーズでつないでいるのか???
考えたこともなかったです。一応アンプでLEDはだかのままのは、逆方向にもダイオードかますとか
半波でも整流して適当なCぶっこんで抵抗かまして、10から20mAくらいながしています。

ひでほさん、ありがとうございます。

まず持った重さから、トランスは付いていませんね。そして調色機能付きですからLEDは3原色+白色、これのブロックで個別の明暗制御をやっています。明暗の調整はPWMだけではなくLEDの個数制御もやっていますから、結構複雑な配線になっていますね。ブリッジで半波か全波で整流し、数個直列のブロック別にパワトラ入れてPWMでしょう。電流制限抵抗はロスになるので、使っていないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66847894

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の灯りが壊れた:

« 熊本城 | トップページ | 心臓の定期検診に行ってきました »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ