« 岡山フィル第56回定期演奏会 | トップページ | ラオスの首都 »

2018/05/30

フルートとハープのデュオ

2018年5月30日

岡山大学医学部内にあるJホール(Junko Fukutake Hall)にフルートとハープのデュオリサイタルに行ってきました。フルートはウィーンフィル首席のカール=ハインツ・シュッツ氏、ハープは元ウィーン歌劇場管弦楽団のサラ・クリストさん。なお、サラ・クリストさんは、手の怪我のため来日できなくなったシャルロッテ・バルツェライトさんの代役です。

Jホールのお昼のコンサートは大抵水曜日で、なぜか岡フィルのコンサートの次の水曜日のことが多いです。そのため、岡フィルを振ったシェレンベルガーさんがそのままJホールでオーボエを吹くこともあります。値段も通常1000円、今日みたいな大物の時は、2500円です。それでも格安!

曲目は、前半がモーツァルトのソナタハ長調(K.14)、ジャン・クラのフルートとハープのための二重奏による組曲、ニーノ・ロータのフルートとハープのためのソナタ。後半がピアソラのタンゴの歴史よりカフェ1930とナイトクラブ1960、ドップラーのハンガリー田園幻想曲、バルトークのハンガリー農民組曲(ポール・アルマ編曲)です。

小さなホールですから間近に聞けますが、いや、良い音ですねえ。低音から高音まで、ピアニシモからフォルテまで、どこを取っても乱れのない素晴らしい音です。低音の豊かな響きや高音のピアニシモなど、技術的には難しいと思われるところも、楽々です。それとフルートとハープというのは、良く合いますね。ハンガリー田園幻想曲、邦楽に似た響きです。やっぱりハンガリーは東洋系ですね。

アンコールの2曲目に「牧神の午後」をやってくれました。息をのむほど美しかったです。

« 岡山フィル第56回定期演奏会 | トップページ | ラオスの首都 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 このコンサート、行きたかったんですよね。休みも予定に入れていたんですが、結局行けずじまいでした。この記事で雰囲気だけでも少し味わえました。

こんにちは
フルートとハープのデュオは、美しいですよね。
ピアソラのカフェをyoutu beで聞いて、なかなか良いなと思いました。
生で聴けてラッキーでしたね。

ヒロノミンさん、ありがとうございます。

Jホールのコンサートは平日の昼間ですから、(日勤の)仕事を持っている方には、行きづらいですね。こういうところは、サンデー毎日(?)の特権です。
シンフォニーホールのような大きいホールも良いですが、こういう小さいホールも良いです。

yokobueさん、ありがとうございます。

生で堪能できました。フルートは金製、24金だろうと後の人が言っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66776222

この記事へのトラックバック一覧です: フルートとハープのデュオ:

« 岡山フィル第56回定期演奏会 | トップページ | ラオスの首都 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ