« バスのマーカーライト | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

2018/04/17

心臓の定期検診

2018年4月17日

昨日、近所の内科に心臓の定期検診に行ってきました。20日あたりで良いのですが、花粉症の薬(クラリチンのジェネリック薬)がそろそろ切れそうなので、早めに行ったのです。花粉症はそろそろ治まりつつありますが、もう少しと言ったところです。

この内科、どこが空いているかいろいろ時間を変えているのですが、いつ行っても混んでいます。小児科も見ているので子供連れが多く、特にこのところ気候変動が激しいので、風邪を引く子供が多いみたいですね。

本を1冊読み終わった頃に呼ばれました。S病院から連絡票というか、手紙が来ています。それによると「心臓手術の時期が近づいているが、まだ経過観察。」だそうです。既往症には肺結核と書いてありますが、肺炎とは書いてないですね。肺結核は左、肺炎は右だったので、右肺上部の影は肺炎のものなのですが。やはりリファンピシン以前の結核患者は再発の危険性があるので、気にされているようです。今のところ問題ないとのこと、「今のところ」です。

心臓の方は、3月末に気分が悪くなったことを報告。心房細動か心房粗動が起こったと思われるのですが、その後起こらないので、そのままです。これが頻発するようだと24時間ホルターを依頼して「証拠」を撮るのですが、その後全く起こらないので撮りようもないです。インフルエンザ以来調子が日光の手前だったのが、4月の声を聞いたら絶好調に近くなったので、しばらくはこのままでいけるでしょう。

薬はいつものベプリコールが30日分、花粉症のロラタジンOD錠「サワイ」(クラリチンのジェネリック薬)が21日分、このところ痰が絡んでときどき風邪薬を飲んでいるので、その薬(ほとんど風邪の薬)カルボシステイン錠「サワイ」とアンプロキソール塩酸塩錠「KN」が5日分出ました。いつの間にか、ジェネリック薬が増えました。

« バスのマーカーライト | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

af,AFが起きると一般的には血圧が下がるようなので、すぐ血圧図るといいですね。いまの簡易心電図計ってすごいのですね。波形から酸素飽和度からメモリーもすごくて飛ばしてスマホとかに記録するのができる機種もあるみたいです。本体も3万くらいでびっくりです。10年以上選手のT社のなんか、PC取り込みソフトもOS適用外。液晶も線が入っていてくたびれてます。ないよりいいので荷物軽い日は持参しますがそういう日はお世話にならない。わたし2尖弁なんで、ガキのことから自覚症状ありました。小学生のころすでに心肥大と健康診断のやつにのってましたし、ボケ父のスパルタで、駒沢公園1周マラソンさせられ途中でたおれたら殴られました。会社入社してから一度たおれ気持ち悪くなり病院つれてってもらったら心雑音がすごいといわれました。さすがに40代後半のときの、たまたま調子わるく消化器内科受診で、故某肝臓重鎮の息子、飯〇先生、診てくれてもう待てないといわれ、TSUでも紹介しとく?といわれJとなにげなく答えて、いまから思えばラッキーでした。ずっと診察さぼっていたらこうなりますが、南海さんの場合は優等生だから、お医者さんのいうとおりしてれば、必ずいい結果になることでしょう。なにしろあんな残酷なOpなのに、痛くないしねてるだけというのがいいです。

ひでほさん、ありがとうございます。

小生は不整脈は中学時代から自覚はありましたが、弁の異常は全く気づかず、会社の健診で指摘されたのは40過ぎてからですね。その後ペグリバ(特にリバビリン)で一気に悪くなりましたが。
どうもS病院では、70の声を聞くのを待っているみたいですね。生体弁の寿命から逆算して、70過ぎだったら再手術の心配をしなくても良いんでしょう。となると、来年です。小生も、やるならあまり体力の落ちないうちの方が良いです。

そりゃそうですよね。でも南海さん優等生だから長生きぜったいします。70でいれると85あたりでぶっこわれる可能性が高いですが、80、90のじいさん病棟にうじゃうじゃいます。なのでいいでは、生体弁でも。70過ぎても再手術あると思います。わたしがいれたころの生体弁といまのはまた違うみたいだし、当時希望したのに採用されなかったステントレスな生体弁、最近きいたことないし・・・弁の実績とかってないからわかりませんね。すげえもつかもだし。

小生は他の病気にいろいろかかりやすい(すでに持病みたいなのもありますが(^_^;)ので、ワーファリンをあまり飲みたくないんですね。ワーファリンを飲んでいる頃、耳鼻科で先生が薬を探していて「使える薬がありません。」とさじを投げられたことがあります。循環器内科とうまく連携すれば可能なのですが、あの頃のTの門の循環器では、ダメでしたね。
85あたりだと男性患者は相当篩にかけられている頃なので、生き残った人だけそれなりの対応をするんでしょうね。小生の家系は短命で、特に男性は65以上の人がまれなくらいですから、小生は80の声は聞かないと思っています。

ありゃ、しりませんでした。再生医療は、ワーファリンのおかげか?エントリーできません。血栓のつかない機械弁、できないものですかねえ。ほんと人間の体はすごい。意外とお互い長生きしちゃったりして・・・数病息災。でも認知はいや。ぜったい。拘束の苦しみ、ICUでうけてはじめて知りました。地獄です。ある年齢でぴんころが理想です。そういうの世間では御法度だけど、議論すべきだと思います。(意見は個人差があります)。逝く前に南海さんとお会いしなければ・・・です。次回は写真展いきたいです。南海さんいますかとさけべばOKですかね?あっブログからメールすればいいのですね。でわでわ

今年の写真展はまだ詳細が発表されておらず、ゆえに募集もまだです。噂では四ッ谷の審査に落ちたので、会場は今年は池袋らしい、ということくらいです。
南海凡吉というのは本名ではありませんので、会場では通じません。NIFTY時代の中間が写真展に来て、招待者の名前を書こうとして小生の本名が出てこず、苦労していました(笑)。
写真展の日程と、小生の上京予定が決まったあたりで、メールで本名をお知らせします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66620419

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の定期検診:

« バスのマーカーライト | トップページ | E.R.バローズ、火星シリーズ »

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ