« 花粉最盛期、目薬が強力に | トップページ | 吉備線のLRT »

2018/04/03

名古屋から帰ってきました

2018年4月3日

昨日、名古屋から無事帰ってきました。今回はまず名古屋から武豊線にまわり、東成岩と東浦で衣浦臨海鉄道のDE65を撮り、トヨタの産業記念館を見て名古屋泊。翌日は近鉄で富田に行って三岐鉄道に回り、丹生川の貨物鉄道博物館を見て三岐鉄道を撮影し、四日市泊。翌日は四日市とJR富田で撮影したところでいい加減くたびれたので打ち切り、名古屋から「のぞみ」で帰ってきました。Img_51681a


貨物鉄道博物館は月1回第一日曜日にしか開館せず、日曜日は炭カルの貨物列車が運休になる率が高いのですが、やむを得ません。そのため、貨車の突方は見損ないました。四日市ではDD51重連が「まだ」健在でしたが、DF200の投入が本格化したため、なくなるのも時間の問題です。

実は先月、と言うより、インフルエンザの後心臓の調子があまりよくなく、心房細動か心房粗動の気配があったのですが、気温が上がったせいか、すっかり調子が良くなりました。ゴキブリと同じで、気温が25℃を超えると活動するようになります(笑)。

沿線はちょうど桜が満開。良い花見ができました。写真は桜をバックに走る三岐鉄道のセメント専用列車です。

« 花粉最盛期、目薬が強力に | トップページ | 吉備線のLRT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
心臓が肥大してないかチェックですね。肝造影MRIで心臓拡大なんていうコメが放射線科からはいっていて、去年の10月と比較して云々なんで、XPとってもらわなくては。たおれてJでみてもらったとき、そして不整脈のときも、まめにエコー、心電図、XPと検査をうけるように云々だったのに、最近心電図は半年おき、他は1年おきくらい。なんか・・・・・・・です。肝臓はKNからいわれて、最低年3の造影検査は受けろ云々の指導で主治医もまもってくれています。

ひでほさん、ありがとうございます。

心臓、特に左心房はかなり肥大していて、RFCAの時は「普通の人の倍ある」と言われました。ただ心室が肥大していないのと、左心房の肥大がゆっくりとしか進行しないので、様子見が続いています。
左心房はペグリバの時が一番大きく、終了したら少し小さくなったんですね。それからゆっくりと大きくなりつつはありますが、教科書というか一般例よりも肥大速度がかなり遅いようで、初めて担当した先生は皆まごついています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋から帰ってきました:

« 花粉最盛期、目薬が強力に | トップページ | 吉備線のLRT »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ