« 久しぶりの「サザエさんを探して」 | トップページ | 夢二黒の助バス »

2018/03/09

肝臓の定期検診

2018年3月9日

半年に1回の、肝臓の定期検診に行ってきました。前々回(1年前)は採血で1時間以上待たされ、それより早く行った前回(半年前)は30分待ち。今回は思い切り早くして、7時45分に病院に着きました。ちなみに、受け付け開始は7時です。皆さん、早い(^_^;。ところが保険証確認の窓口が開くのが8時半、時間が無駄になるかなと思ったら、「お急ぎの方は採血などを先にお済ませください。」との案内があり、先に採血に行きました。

採血は受付は始まっていましたが、採血自体はまだです。ただ採尿があるので、受付機から自動的に出てくる紙コップを持ってトイレへ。そして待っていたら、すぐに呼ばれました。待ち時間は、20分弱です。やはり受付前に来た方が、待ち時間は少ないです。

採血の後は超音波検査です。これも待ち時間はほとんどありません。検査が終わって、「腎臓の方も写っていますか?」と聞いたら、「腎臓も写っていますよ。」との返事。「昔腎臓に石があると言われたけど、最近見えないと言われたんですよね。」といったところ、「ええ、まあ。」と、後はごにょごにょ。まあ、検査技士の方は結果は言いませんからね。

これで食事制限は終わりなので、自動販売機でミルクティーを買い、そのあたりのベンチでビスケットで朝食。薬を飲むために、朝昼兼用にはしない方が良いです。そこで内科の受付に行ったのが9時10分過ぎ、診察は10時の予約ですから、まだ時間はあります。すると受付の方、「先生が来られるのは10時過ぎですね。食事でもなさってください。」確かに、これだけ時間があるなら、普通に食事ができました。後で確認したのですが、食堂のモーニングサービス、アメリカンブレックファーストが9時から10時までの限定で、500円でありました。

待つのは覚悟で本を持ってきているので、ゆっくり読んで診察開始を待ちます。10時半過ぎに呼ばれました。こちらからは、CTで虫垂に石が見つかったことを報告。検査結果は、赤組=494万、白組=4750、血小板数=24.5万、AST=18、ALT=13と、異常ありません。HBs抗原検出せず。Cのウイルス量はTaq-manではなく定量ですが、まだ出ていません。このAST/ALTなら、まずいないはずです。気になっていた腎臓も、クレアチニン=1.02ですから、まあ良いでしょう。

超音波の検査結果も異常が無いので、腎臓の石について聞いてみました。すると、「小さな石だと、見えたり見えなかったりすることがありますからねえ。」と一般論だけで、今回の超音波検査であったのかなかったのかに関しては、言及無しでした。前から気になっていたのですが、Tの門の超音波検査では肝臓を見終わった後、「一応全部見ておきますね。」と言って腹部全体を検査し、肝臓に関係ない腎臓の石なども所見として明記されていました。ところがO大病院では、肝臓以外は言及せず、という感じです。まあさすがに大きな異常があったときには、「今度この科の検査を受けて下さい。」と言われるでしょうが、ちょっと不安ですね。会社にいるときは「腹部超音波検査」として成人病検査に組み込まれていたのですが、会社を辞めてからはそういう全体検査はやっていません。今度個人病院で受けてみるかな。

次回の肝臓の検査は、9月です。その時覚えていたら、朝食はアメリカンブレックファーストです。

« 久しぶりの「サザエさんを探して」 | トップページ | 夢二黒の助バス »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

通院お疲れさまでした。
良好な結果で何よりです。
ところで、南海さんは、血小板の数値が高くて良いですね。
著効から、徐々に回復してきたのですか?
アメリカンブレクファーストが楽しみですね。
マフィンにベーコンエッグでもつくんでしょうか?

yokobueさん、ありがとうございます。

小生の血小板数は、IFN中はリバによる貧血のせいで少なかったですが、著効1年後の2007年にはもう17万ありましたから、元々減っていなかったんですね。血小板数の減少がそのまま肝臓の繊維化状態を表すと言いますから、小生は早め早めのIFNと、そしてIFNが良く効く体質だったため、繊維化が進んでいなかったのだと思われます。
O大病院食堂のモーニング、ベーコンではなくソーセージのようでした。

やばい状態でなければ放置プレイです。ふつうは全部みてくれるはずです。
MRIとかエコーとか、いまは電子化されているから主治医も診てるはず。
診てなかったらやばい医師です。
画像検診は年3以上受けていますが、すぐ放射線科の医師が診てレポート
書きます。いつものコピペの医師もいます。
腹水梨。KN病院で大うけでした。梨でこんなのあるの???
それも3回もコピペ。別の先生はうざいくらいレポート長い。丁寧すぎ。
前回のCT、前々回のMRIと比べると云々、すげえみてくれてます。
KNのエコーでは石みつけてくれたけど、放置へいきみたい。
地元MRIでは指摘されなかったです。
それを主治医が外来でWチェックするのでまず安心か?
3月後半、またMRIでHCC怖い病です。
南海さんの成績すばらしすぎる。
心臓OP、ノープロブレムですね。

ひでほさん、ありがとうございます。

まあ、石があると言っても悪さをしているわけではないですから、放置プレイが良さそうですね。膵臓に腫瘍なんかがあれば、消化器内科ですから黙っていないでしょう。
最近ちょっと息切れが気になります。そろそろOPの時期かもしれません。心臓の検診は、今月19日です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓の定期検診:

« 久しぶりの「サザエさんを探して」 | トップページ | 夢二黒の助バス »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ