« 夢二黒の助バス | トップページ | 公共交通機関と市場主義 »

2018/03/12

2つのホールで2つのコンサート

2018年3月12日

立て続けに、2つのオーケストラコンサートに行ってきました。その感想を。

まずは3月9日のN響倉敷公演です。場所は倉敷市民会館。このホールは多目的ホールですが、入って見たら横に広く、どちらかというと演劇向きですね。多目的ホールの音響は音楽には向いていないのは通り相場なのですが(音響を音楽向きにすると、台詞が聞きづらくなる)、一応音響は「良い」とされています。まあ、ピアニストの上原さんも、NHKホールを本拠地としているN響も、多少の音響の悪さなどものともしませんから、問題ないでしょう。曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番と、ドヴォルザークの交響曲第8番。指揮は、ステファン・ブルニエです。

聞き終わって、上原さんのピアノは素晴らしかった。N響の演奏も良かった。特にチェロのパートソロは素晴らしかった。フルートの神田さんの演奏も素晴らしかった(終演後の「ブラボー」がすごかった)。だけど、何か物足りなかったのです。前回のN響岡山公演(場所は、岡山シンフォニーホール)の印象が強かったせいかもしれないのですが、「N響の弦ならもっと迫力があるはずだ」という感じがするのです。10000rpmまで回るエンジンに8000rpmでリミッターがかかっている感じでした。席は2階正面中央という一番音が良いはずのところでしたが、やっぱり、このホールは響きが悪いです。

なお、上原さんが登場してピアノの前に座るときと、ドヴォルザーク8番の1楽章と2楽章の間との2回、会場で携帯の着メロがなりました。響きが悪いおかげで大音響にはなりませんでしたが、やっぱり電波遮断装置は必要です。

間1日おいて3月11日に、今度は岡山シンフォニーホールで岡山フィルの第55回演奏会。ちょっと前なら、N響のすぐ後に岡フィルを聞くというスケジュールは、三つ星レストランのすぐ後に地元の大衆食堂に入る感じで、とてもできなかったです。曲目はベートーベンの交響曲第8番と、ショスタコービッチの交響曲第5番、指揮はシェレンベルガー。ただコンマスはゲストの鍵富弦太郎氏でした。

岡フィルの定期演奏会の時は開演前にロビーコンサートがあるのですが、この日はなし。シェレンベルガー氏のプレトークもなし。はて、と思っていたら、開演前に30秒の黙祷がありました。開演は午後3時、「あの日」は午後3時46分でした。群馬に出張中に巻き込まれ、その日は東京に帰れなかったですね。ホテルを取れたのが幸いでしたが。

まずはベートーベンの8番、「良いじゃない!」。岡フィルのアンサンブルが良くなって、それはコンマスが臨時に替わっても、変わっていません。後半のショスタコービッチ5番は、木管が3管に増える上にトロンボーンも入り、12型のオーケストラでこれをやると「弦がもう少し欲しいなあ」と思ったものでしたが、この日は違いました。弦の少なさを感じません。ホールの力もあるようですし、弦と管がぴったり揃って、迫力を出していたのかもしれません。すごいものを聞きました。

難と言っても、これは言っても仕方がないことなのですが、ショスタコービッチの第3楽章の終わり、実にきれいな和音でPPで消えるところ、その消えた瞬間に大音響で会場から「ゴホン」。もう数秒待ってくれれば良かったのですが、タイミングが悪すぎました。その後連鎖的に「ゴホン」「ゴホン」が続き、すぐに第4楽章に入りたかった(と思われる)シェレンベルガー氏、たまりかねて振り返りました。生理現象だから仕方がないですが、タイミングが悪かったですね。ただそこから気を取り直しての第4楽章は、素晴らしかったです。

次回の5月27日の第56回も、チケットは買ってあります。

« 夢二黒の助バス | トップページ | 公共交通機関と市場主義 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
オーケストラのはしご、良いですね。
私は、ブラウムスの1番、ベートーベンの3番・5番、チャイコのバイオリン協奏曲、ラフマニノフのピアノコンチェルトなど聞いてみたいのですが、なかなか見つけられません。
曲を限定せず、交響楽団の定期公演を聴きに行くやり方が現実的かもしれませんね。
南海さんのオススメの楽団は、N響のほかには、どの辺がありますか?読売、東フィル、日フィルは、聞いたことはありますか?

yokobueさん、ありがとうございます。

有名どころの曲は、在京オーケストラの定期演奏会では、かえってやらないかもですね。ベートーベンは、2020年がベートーベンイヤーなので、あちこちでチクルスをやると思います。なお岡フィルの5月の第56回では、福田廉之介氏のヴァイオリンでチャイコンをやります。
在京オーケストラは、今はどこも良いですよ。関西圏が力を落としているのと、対照的です。名前を挙げられたところは一通り聞いたことがありますが、あとお勧めは都響です。大野さんも来られたし、スタープレイヤーも何人も抱えています。

南海さん
ご教示ありがとうございます。
パルテノン多摩でも、在京のオーケストラの演奏がよくあるので、出かけて見ようと思います!

yokobueさん

パルテノン多摩でも、ありますね。ちょっと足を伸ばしますが、みなとみらいでの在京オーケストラ(神奈フィルは在京ではない(^_^;)の演奏会も、狙い目です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66487992

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのホールで2つのコンサート:

« 夢二黒の助バス | トップページ | 公共交通機関と市場主義 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ