« 本の総量規制 | トップページ | 電源リセット »

2018/02/16

心臓の検診-S病院行きは予定通り

2018年2月16日

心臓の定期検診に行ってきました。実はこのところ、と言うよりインフルエンザ以来、あまり調子が良くないのです。妙に息苦しかったり胸が苦しかったりするのが、以前は月に1回くらいだったのが、週に2回くらいに増えているのです。おまけにたまには胸が痛かったりします。ただそれが長く続かず秒単位で回復するので、何もせずに放っています。これが長く続くようだったら、即刻S病院に駆け込んでいます。地元の開業医の先生との話でも、S病院を前倒しにするかどうかと言うことだったのですが、今から前倒しにしてもどうせ3月の初めだし、3月19日の予約通りに行くことにしました。その前に3月にもう1回ここに来て、紹介状を書いてもらうことになります。

「地域連携」とやらでおそらく補助金が出るのだと思いますが、半年に1回で予約はすでに入っているのに紹介状を書いてもらうというのも、面倒な話です。

そろそろ花粉症の症状が出始めてきました。まだくしゃみだけですが、そのうち目に来ます。早めにいつものクラリチンをもらってきましたが、今回からジェネリックに変わっていました。ジェネリックは好みではないのですが、元々のクラリチン自体があまり効いている感がなかったので、そのままにしました。クラリチンの改良型も出ているそうです。値段が上がるかな。

« 本の総量規制 | トップページ | 電源リセット »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

半年おきだと、ぎりぎり初診扱いにならないみたいで、金ぼったくられる心配はないみたいですが、なんかあるんでしょうね。花粉症の時期にOPだったらOP後つらいかも。心臓手術の正中切開ほとんど痛みはないけど、胸骨切ってる関係で、くしゃみと、笑いすぎはつらいです。

通院、お疲れ様です。
紹介状だ、ジェネリックだと、どれくらいもうかるのだろう??と、患者からするとめんどうなことですね。
心臓が落ち着きますように。

ひでほさん、ありがとうございます。

県に対する(市だったかな)病院の報告書があって、「地域連携」というところで紹介状の受付件数と、逆紹介状の発行件数がまとめてありました。報告書に件数を書くと言うことは、何かあるんでしょうね。小生は毎回紹介状を持っていって、逆紹介状を持って帰ってきていますが、少し悪くなって直接管理になると、どうなるか。
これは花粉症の時期の手術は、要注意ですね。ただ今の病院は完全空調で窓も開きませんから、入院中は花粉も入り込まないでしょう。見舞客が持ち込むかな。

yokobueさん、ありがとうございます。

ジェネリックに切り替えると、病院と薬局にそれぞれ褒賞が出るみたいですね。使い慣れた薬だと変えないのですが、クラリチンは微妙な線にいました。
ウイルスが心臓の弁にとりつくと最悪なのですが、そうなるとかなり具合が悪くなるそうなので、そこまでは行っていないみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66400436

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓の検診-S病院行きは予定通り:

« 本の総量規制 | トップページ | 電源リセット »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ