« 五輪特別仕様ナンバープレート | トップページ | 本の総量規制 »

2018/02/11

バスのトランスミッション

2018年2月11日

昔、と言っても1970年頃ですが、バスの運転手は長いシフトレバーを使ってギヤチェンジをしていました。この頃は路線バスにも冷房車が出始めた頃で、そのため走行エンジンはリヤかリヤアンダーに置かれ、車体の真ん中の床下は冷房エンジンが置かれていました。そのためトランスミッションも車体の後ろで、シフトレバーから長いリンクで操作されていました。リモコンと呼んでいましたが、機械式のリモートコントロールです。ギヤはノンシンクロの常時噛み合い型、そのためダブルクラッチの操作が必要でした。ダブルクラッチと言っても、今は操作を見たことのある人の方が少ないでしょうね。

岡山に越してきてバスによく乗るようになり、たまに運転席の隣に座ると、長いシフトレバーがなくなっていました。卓上型というか、スポーツカーのような短いシフトレバーで、フィンガーシフトと言うらしいことがわかりました。これは電動のリモコンで、シフトレバーの操作に合わせてサーボモーターが動いてシフトするものです。時代が進んでいると感じました。

このフィンガーシフトは安全装置も組み込まれており、エンジンがオーバーレブになるような領域ではギヤが入りません。そのため下り坂でオーバースピードになったとき、昔はダブルクラッチでエンジンが壊れることは覚悟で強制的にシフトダウンができましたが、今はそれが出来ません。自分はシフトダウンしたつもりでもギヤが入っておらず、速度超過で大事故を起こしたバスがいました。大型車(フィンガーシフト)に慣れていないと事故後に運転手が言っていましたが、大型車の機構は慣れないとわからないところがいろいろありますね。

その大型車のトランスミッションですが、シフトパターンも乗用車とは異なります。乗用車はニュートラルポジションからまっすぐ下げたところがトップギヤで、左に寄せて上げたところがローギヤです。セカンドで発進する場合は、左に寄せて下げます。ところが大型車は、ニュートラルポジションからまっすぐ上げてセカンドです。発進はもっぱらここを使います。右に寄せて上げたところが4速、右に寄せて下げたところが5速(一部の車では、オーバートップ)です。このシフトパターン、2t車クラスのトラックではメーカーにより異なっており、トヨタのダイナやトヨエースは乗用車と同じパターン、三菱のキャンターは大型車と同じパターンでした。そのためトヨタ車に慣れた人は、三菱車に乗れなかったものです。555img_39661a


ところが最近のバス、岡電バスの場合は2011年頃以降は、バスもオートマチックになっています。ワンマンバスは発車時に次の停留所の案内放送を入れたり、整理券の番号を切り替えたり、操作がたくさんありますから、オートマチックにする効果は大きいでしょうね。岡電は元々エアサス、チューブレスタイヤ、ハイバックシートなど、「高級」な車両を導入してきたので、オートマチックに採用も早いと思っていたのですが、どうやらこのあたりの時期から三菱ふそうの路線バスはオートマチック1本になったみたいです。やっぱり時代は変わっています。

写真は最新(2018年型)の555号(2PG-MP38FK)。当然、オートマチックです。

« 五輪特別仕様ナンバープレート | トップページ | 本の総量規制 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
そうそうWクラッチでした。長いシフトレバー懐かしい。
車でも友達の車はギア位置が違っていました。
コスモのスポーツカーで、たまにMY車のランサーEXと交換してのっていたけど、えれえそいつ
の車ロータリーエンジンなのに燃費わるくておまけにWクラッチでないとはいらねえし参りまし
た。オートマのバスも多いですね。K病院いくとき利用する都バスやKN病院いくとき利用の
京成バスでもみかけます。K病院の手前に急坂があるんですがオートマでもすいすい。バス
も進化してるんですね。むかしは煙もくもく、気分がわるくなるバスありましたが、石原さんの
成果か・・・都バスはほんといいです。話は脱線しますが最近バスの事故多くないですか???
昔はプロのバス運転手の事故なんて聞いたことありませんが、最近月1くらいで路線バスで
ありますね。何が原因なんでしょうね。

足わるいときに更新いったらオートマ限定免許にされちゃいました。当時はオートマ限定なんて
なかったです。最近更新のときはスルーですが、このまえの婦警さん、するどい。この時期は
オートマ限定なんてないころなのになぜですかと聞かれ、身体障害者なもんで限定にされました
と答えました。もう車は移動手段だし解除するにはまた試験らしいので、限定でいいやです

こんばんは
そうそうWクラッチでした。長いシフトレバー懐かしい。
車でも友達の車はギア位置が違っていました。
コスモのスポーツカーで、たまにMY車のランサーEXと交換してのっていたけど、えれえそいつ
の車ロータリーエンジンなのに燃費わるくておまけにWクラッチでないとはいらねえし参りまし
た。オートマのバスも多いですね。K病院いくとき利用する都バスやKN病院いくとき利用の
京成バスでもみかけます。K病院の手前に急坂があるんですがオートマでもすいすい。バス
も進化してるんですね。むかしは煙もくもく、気分がわるくなるバスありましたが、石原さんの
成果か・・・都バスはほんといいです。話は脱線しますが最近バスの事故多くないですか???
昔はプロのバス運転手の事故なんて聞いたことありませんが、最近月1くらいで路線バスで
ありますね。何が原因なんでしょうね。

足わるいときに更新いったらオートマ限定免許にされちゃいました。当時はオートマ限定なんて
なかったです。最近更新のときはスルーですが、このまえの婦警さん、するどい。この時期は
オートマ限定なんてないころなのになぜですかと聞かれ、身体障害者なもんで限定にされました
と答えました。もう車は移動手段だし解除するにはまた試験らしいので、限定でいいやです

ひでほさん、ありがとうございます。

「乗用車」と一口に書きましたが、スポーツカーはシフトパターンが違っている車が多かったですね。シンクロの車でダブルクラッチを使うとかえってギヤを傷めると聞いたことがあるのですが、同期性の悪いシンクロですね。
東京都(神奈川県も?)はバスのいろんな規制が厳しく、地方都市と規制に時間差があったので、中古車が大量に地方都市に流れた時期がありました。岡電も神奈中の中古車がタマ塗装で走っています。
確かに、最近路線バスの事故が多いですね。路線バスの運転手の採用試験は、運転技術ではなく接客方法で落ちる人が多いそうで、どこの会社も運転手不足だそうです。そのせいかなあ。
運転免許は、更新の度に目の検査が厳しくなり、小生は次の更新は無理そうです。昔は普通免許は片目でもよかったのですが、最近は視野検査が必須ですね。まあ72歳になるし、返上しても良い頃かなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/66382438

この記事へのトラックバック一覧です: バスのトランスミッション:

« 五輪特別仕様ナンバープレート | トップページ | 本の総量規制 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ